暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)

  • 119人登録
  • 3.64評価
    • (10)
    • (7)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 志村真介
  • 講談社 (2015年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883061

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/politics/dialoginthedarkjapan/

    『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』=『暗闇の中での対話』

    ん? なんだそれ? 
    と思われたのではないでしょうか?

    この『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』は

    『目の見えない人の世界を実体験できる』

    そんなイベント・施設なのです。

    本書ではそんな『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』の世界が
    できるまでを描いています。

  • 以前から気になっていたイベントの本を書店でたまたま見かけて購入しました。
    もちろんスグ読み。

    ダイアログ・イン・ザ・ダークとは、
    暗闇を知らない人どおしで視覚に障害のある方に先導されて、
    90分間歩いたりして過ごすイベント、といってしまうとあまりに単純ですが、
    その単純な仕組みがいかに人の考え方、
    とくに周囲との関わり方に影響があるかがよくわかりました。

    本書にはおもに立ち上げから常設化までのさまざまな出来事が綴られていました。

    著者はマーケティングを仕事としていたかただそうですが、
    たしかに警戒心はもって付き合いたいタイプに読んでて思えました。
    なによりも自分に似たところがあるのが読んでてツライところか。

    でもこれだけのことをやり遂げるのはすごいとおもう。
    あまり先入観なく毛嫌いせずにさっそく予約しよっと。

  • ダイアログインザダークが好きだから読める。経験した人ならわかるストーリー。
    いろんな苦労があったこと。続けてくれてありがたい。
    また暗闇に行きたい。

  • DIDというコンセプトも素晴らしいと思いますし、新規プロジェクトをまとめるリーダーがどれだけ大変か、どこまで腹を決めて取り組まなければいけないか、明確で単純な表現で説明されており、真摯に受け止めなければいけないと思いました。
    DIDは是非体験させて頂きたいと思います。

  • こんな世界があるんだ、と思う。闇の中を案内するプロが、視覚障碍者というのも納得。イベントにかける主催者の情熱が伝わってくる。障害者が助ける側に回るという福祉の形があると、視野が広がるというか、それ以上の人の波が起きるんじゃないかと思う。

  •  空を飛べないと悩む人がいないのは飛べないのが普通だからで、目が見えないのを普通のことと認識している人には普通でないこととして扱う社会の反応はおかしなものに感じられる。暗闇の中では助けられる人の立場は逆転し助ける人になる。やがて見える見えない助ける助けられる立場を超えたフラットな関係があらわれ、互いに相手のことがよくわかるようになる。

    『おそらくそこは、目が見えないことを一つの文化として見るのが最もしっくるくる見方ではないかと思います。目が見えない人には目を使っていない独自の文化があって、彼らはその中で生きているのです。』85頁

  • 感想を述べる前にダイアログ・イン・ザ・ダークというイベントがあることを初めて知った。
    何人かの暗闇の中でアテンドというガイドの案内を受けながら、中にある障害物やらを体験して、終わったら感想とかを発表し、共有することらしい。
    新しい体験だなあと思う。普段視覚障がい者の方がアテンドを務めるので、彼らにとっても体験する人々も普段の生活とは逆の立場になる。
    日本って障がい者の立場がなんとなく対等ではないと指摘していた。
    昔からその点について疑問だったので、とても納得できた。

  • 2005年まだ常設されていなかった時期に体験したDialogue in the Darkが日本に導入され根付いていく背景にどんなストーリーがあったのか、を初めて知った。志村さんの人間臭さというか不器用さも隠さずに書かれていて、なんだか親しみを感じる。改めて、暗闇を通してのコミュニケーションのパワーについて考えて、久しぶりにDiDを体験したくなってきた。

  • ダイアログ・イン・ザ・ダーク。大好きなイベントが、どのように日本で作られていったのか、興味深く読みました。著者は必ずしも器用な人間ではなく、失敗も赤裸々に語られています。この本は、正にそこが魅力です。
    不器用でも、周囲の助けを得ながら、ひとつのプロジェクトを進めていくことができる。とても励みになる一冊です。
    著者の姓が、金井から志村に変わっていたのがびっくりで……。季世恵さんと再婚されたのですね。驚きました!

  • DIDはエンタメ施設なのか。神奈川の4類系アトラクションに加わっても違和感はなさそうではあるね。

  • 真の暗闇を体験するドイツ発祥のイベント、ダイアログインザダーク(DID)の日本版を主催した人の手記。
    ☆3の評価をつけたけど、この評価は本当はふさわしくない。
    すごくよくて、すごくわるい。可もなく不可もない☆3ではなく、相殺の☆3。

    良いのはイベント自体への興味がわくこと。
    行きたいな。もっと知りたい。
    悪いのは著者のマジョリティぶり。
    『累犯障害者』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4103029315から、かっこつけを抜いたような印象。


    日本版のDIDは「ダーク」より「ダイアログ」に比重をおいて、ソーシャルビジネスとして成功をおさめているらしい。
    普段目に頼った生活をしている人が暗闇に入ると無力になる。
    他の感覚にたより、他者に頼り、目から入る情報に惑わされずにフラットな関係をつくる経験が、あらたな価値観につながる。
    体験する人達をサポートするのは全盲の視覚障害者たち。

    DIDは体験した晴眼者だけではなく、アテンドの視覚障害者、関係する晴眼者、街の雰囲気にまで変化をもたらす。
    著者もしかり。視覚障害者と実際に接していろんなことに気づいていく。
    ただ、その気づきが遅いし当たり前だしですごくイライラする。
    視覚障害者も人間だなんて当たり前すぎる発見だ。

    そもそも「視覚障害者」という言葉でアテンドをくくるのがおかしい。
    暗闇で動き回れるのは「全盲」の人であって、全盲は視覚障害だけど視覚障害=全盲ではない。
    しかもアテンドは全盲のなかでも「動き回れる」「イベントに参加するくらい積極的で自立した」人たちだ。
    それを理解していないから、「視覚障害者の持つ高い能力」などという薄っぺらいステレオタイプな表現になる。
    「日本人の繊細な感覚」「私たちが忘れてしまっている~」というステレオタイプも頻出する。

    ただどうもこれは著者の性質にもそうとう原因があるようだ。
    一心不乱につっぱしれる半面、一度にたくさん考えるのは苦手なタイプっぽい。

    鈍さにいらいらするけれど、そういう人がアテンドたちとかかわるうちに、この人たちはシカクショウガイシャという生き物ではなく目が見えないだけのただの人なんだと気づいていくようすは、どっぷりマジョリティにつかった人が目を開いていく過程そのものだ。
    変われるのは希望。でもまだまだ「対等」じゃない。

    イベントを続けるうちに全盲スタッフと晴眼スタッフの関係が、被保護者と保護者のようにゆがんできた、という話も「普通の会社ではありえない」とあった。
    いやいやありますがな性別やら年齢やらで。
    「女の子はむりしなくていいから」みたいなパターナリズムはむしろ一般的でしょうや。

    『マルコムX自伝』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4309901042に、黒人集団のなかに白人がいると黒人がダメになる。とあった。
    女子校の女の子たちはなんでも自分でやるけれど共学の女の子は積極性が抑制されるという話にも通じる。
    抑圧されているがわは他人をおしのけてまでリーダーになる自信や習慣がないから、マジョリティがでばってくると後ろにさがってしまう。
    これは双方とも気をつけなきゃいけないことだ。

  • 暗闇には「音」があり必要になる。

  • DIDを日本で常設で実施するプロジェクトの主宰者による苦労話。予想外の波及効果があることなどを含めて、プロジェクトマネジメントの好例。私的なエピソードも率直に語られている。

    私は2001年のせんだいメディアテークでの回に参加したことがあるが、その後の常設化にはたいへんなストーリーがあったのだなと知る。

  • NRIの未来創発センター2030研究室の『革新者たち』
    に記載されている”ダイアログインザダーク”の代表者
    が書いた本。
    最初にDID(ダイアログインザダーク)の話を聞いた時は
    とても驚き、感銘をうけました。こんなことを考える
    人がいるのか!!とてもおもしろい(言葉が正しいか
    わかりませんが)サービスがあるのか!!という驚き
    を覚えました。
    本の内容としては、やはり熱意。正義とは何か。
    ということが伝わってくる内容だったと思います。
    ぜひ、一度アトラクションを体験したいと思って
    いますが、私は閉所恐怖症で、少しパニック障害に
    なりやすいのでこのアトラクションを体験できるか
    どうかは不安ですが。。。

    気になった言葉。。おわりにに記載されている
    著者(DIDの日本代表)の奥さんの言葉
    手動の高速の料金所で不機嫌な顔をしている著者に
    対して
    『ありがとうって言ってみて。あなたのその一言があることで、次に何が起こるか想像してみて、相手は嬉しい気持ちになるかもしれない。自分の仕事にもっとやりがいを感じ、もしかしたら、眼そうなドライバーに言葉をかけてくれるかもしれない。たった一言で幸せをつくるチャンスがあることを意識しないともったいないよ。』

  • 実際に体験するとわかる。
    そこがどれほどにあたたかく、分かれがたい場所か。

  • これはもともとドイツから始まった。ドイツの創始者は、母親がユダヤ人でホロコーストで家族を虐殺され、父親がナチスの支援者だったという複雑な家族環境に生まれた人だった。

全18件中 1 - 18件を表示

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)の作品紹介

違いを知るということは、
自分の世界を豊かにするということ。
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
違いを知るための最高の装置だ。
         ───乙武洋匡氏

1993年、ある日出合った新聞の囲み記事───
欧州で視覚障がい者が案内する「闇の中の対話」というイベントが流行っているという記事───を見て、
「これだ」と思ったことから、最初はひとり、まったく手探りの社会を変える挑戦が始まった。

仲間を募り、法律の壁を超えて、1999年に初開催。そして2009年からは東京・外苑前で常設化。
その後も幾多の困難を乗り越え、ビジネスワークショップ、アテンドである視覚障がい者の成長、もちろん著者自身の成長、そして日本オリジナルの「暗闇の中の対話」へ。

すべての肩書き、立場から自由になれる「暗闇での対話」から、
人間関係の意識も変わる。
社会を少しでも良くしたいと思っているすべての人へ贈る物語。
ここから日本の希望は始まる。


(目次)
第1章 ダイアログ・イン・ザ・ダークとの衝撃の出会い
第2章 開催まで。六年半の試行錯誤
第3章 日本版、走り出す
第4章 見えているもの、見えていないもの
第5章 大規模開催から常設化を決心する
第6章 常設化への壁
第7章 常設化。どん底からの再出発
第8章 価値を転換させる装置
第9章 一休みして考えた

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)はこんな本です

暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする