2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)

  • 145人登録
  • 3.50評価
    • (6)
    • (13)
    • (16)
    • (5)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 石川一郎
  • 講談社 (2016年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883559

2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今後必要となるのは、知識、技能だけでなく、批判的氏思考力、想像的思考力、協働性、多様性、主体性などなど。

  • 大学進学を希望している学生には必読です。

  • 《キングス・クロス駅の写真です。あなたの感じるところを800字以内で述べなさい。》(順天堂大学医学部・2016年度入試問題)

    2020年からの大学入試を予感させる問題を切り口に、英国の大学入試と日本の大学の帰国生入試を分析し、予想される問題と求められる学力を論じる

    著者はかえつ有明中高の校長
    改革のカギとなる「アクティブ・ラーニング」を2000年代初めから研究、実践している

  • 2017年08月19日読了。

  • 二男購入。

  • 2020年の入試実施の詳細はともかく、改革を待たずとも、高校自身が、生徒と教師の対話型授業に常に挑戦していることを感じました。

  • 何が求められる可能性があるか、漠然としていたことだったが、お陰さまでみえてきた気がします。帆のないふねにならないように知識はしっかり習得し、思考力を鍛えようとおもう。しかし、嘉悦有明の生徒さんは、こんなに考えてくれてる先生がいてくれて、心強いね。

  • 2017/2/4 ジュンク堂神戸住吉店にて購入。
    2017/2/12〜2/16

    世間を賑わし、かつ、不安に陥れている大学入試改革の新しい姿を高校サイドから分析、さらに実践をされている先生の力作。本書にも出てくる、
    「モヤ」っとした不安が実に明快になる。しかし、出題されるであろう問題の例「火星人に人間をどう説明しますか?」(ケンブリッジ大学の口頭試問)など、作題はある意味簡単だろうが、受験生以上に採点者の能力が問われそうな感じだ。いずれにせよ、色んな意味で日本も変わらないといかんのだろうな。

  • 2017年1冊目「2020年の大学入試問題」読了。

    2020年はどうなるのか?センター試験は?高等学校基礎学力テスト?大学入学希望者学力評価テスト?ということがこのあと3年間は気になるので、読んでみた一冊。問題例も示されているけれど、大学入試の話というよりは、今後の教育や育てたい人材の話といった印象だった。けっきょく世の中で求められている人材像が変化すれば、評価方法も変化し、教育業界だけがいつまでも変わらないなんてことの方がおかしいということなのだろう。

    ------(以下抜粋)------
    一度限りのテストで終わってしまっては、学びのプロセスをみることができません。また、今までの知識再生型の学びに、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」の学力まで評価するとなると、学びの課程で生徒自身が自分の弱みや強みを振り返りながら、学びの方法を改善していく必要があります。その成長が学びのプロセスにもなるわけです。

    2020年の大学入試問題・学力の3要素・ブルーム型タキソノミー・CEFRレベルの一覧(図)

    文科省が「大学入学希望者学力評価テスト」の問題として想定しているのは、PISAの問題です。

    問題の難易度ではなく、数学的思考をどこまで現実の現象と結び付けられるかというのが世界の数学的なアプローチの潮流です。
    未知の事態に遭遇したら、比較できるものを素早く見つけ出し、相違点と共通点を見出すことによって、その事態が何か理解していくのです。能力があっても、実際に使えるスキルになっていなければ役に立ちません。


    「知識」ではなく「思考」が優先するのであるか?まずが「知識」が「思考」に優先するのであるか?さあどちらでしょうか?…(アインシュタイン、大江健三郎さんのエピソード)…「知識」か「思考」かではなく、その「関係」が大切だということでしょう。

    授業において、あるテーマがスッキリと完結していなくても、その授業が思索のきっかけになるのであればそれでよいと思います。

    教師が教える側で、生徒は教わる側であるという20世紀型教育は、もはや2020年大学入試を迎えるときには、過去の遺物に過ぎなくなっているでしょう。

    「プロジェクト」というのは、もともとの言葉の意味からして、ゴールを想定するものです。そしてゴールがあるからこそ力が発揮されるという考え方に基づいています。もちろんこの場合のゴールというのは数値目標のようなものではありません。そして、ゴールは先生が設定して与える場合もあれば、子どもたちが自分で考える場合もあるのです。

    (問題例として)
    高等学校在学中に取り組んだこと、達成したこと、そこで得たものを400字以内で具体的に書いてください。

    (問題例として)
    なぜその学部を選んだのか、その理由を600字以内で書いて下さい。

    「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」としれらを評価する方法のイメージ例
    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/12/22/1365554_03_1.pdf

    (問題例として)
    あなたは授業中に、下記のテーマで英語のエッセーを提出することになりました。
    エッセーテーマ:
    インターネットを利用して、多くの人と友だちになることが話題となっています。このような方法で友だちや知り合いを増やすことについて、あなたはどう思いますか。あなたの意見とその理由を書きなさい。解答時間は20分です。…受験者層としてCEFRレベルのA1~B1想定しており、「社会的なテーマについて、個人の経験などをもとに、自分の意見と理由を論理的に書いて述べる」ことを求めています。

  • ちょっと手前味噌すぎて、気持ち悪い書きっぷりだけど新しい「学力評価テスト」の目指すところは分かりやすい。
    新しい人材を育成するために、今までとは違う教育をやっていこう、そのために評価システムを変えようとするのは分かる。ただ現在の議論は評価の公平性や、客観性が欠けている、というか無視しているようにみえる。これって出来あがってみたら怖いシステムになっているかも。

全28件中 1 - 10件を表示

石川一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)の作品紹介

2020年大学入試改革のすべて。試験は3回、それぞれで求められる能力は?
東大京大早慶大など、スーパーグローバル大学の独自入試の方向性。帰国生入試には、改革後の入試問題の方向性が示されている。医学部の入試問題に求められる資質とは? 上智、立教の英語改革。
文科省が言い出した「アクティブ・ラーニング」という学び方を解説する。
リベラルアーツ(教養)の重要性とは。
英語が話せるのは大前提になる。どう学んでいけばいいのか?
国語と歴史と化学が合体する問題例。数学が一番変わる
東大合格ナンバー1「開成」は、それでも一番であり続けるか?
英国の大学の「入試」に、2020年以降の方向性が見える。
文科省が示す「国語」「数学」「英語」予想例題ほか。

2020年の大学入試問題 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする