ニッポンの文学 (講談社現代新書)

  • 221人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (29)
    • (17)
    • (4)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 佐々木敦
  • 講談社 (2016年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883566

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャールズ ブコ...
夏目漱石
宮下 奈都
村上 春樹
恩田 陸
三浦 しをん
森田 真生
有効な右矢印 無効な右矢印

ニッポンの文学 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 純文学、SF、ミステリ、ラノベと、守備範囲が広い文学論で興味深かった!村上春樹は「日本語で書く英語作家」であり、「日本語で書かれたアメリカ文学」という指摘にはミョ〜に納得!

  • リアルタイムに体感していない前半はなかなか面白かったけれど、見知った後半の話はあまり得るものが無かった。ここ最近の日本の文学(小説)を新しく知りたい人には勧められるかなあ。

  • SFとミステリ好きなんだなあ

  • 時代と文学について。村上春樹から又吉直樹、ラノベ、SF…幅広く触れられていて面白い。

  • 文学について詳しく解説してくれている。ここでいう「文学」とはいわゆる純文学のことである。その上で、文学以外のジャンルを解説する。SF、ミステリー、サブカルチャーなどだ。

  • 1番良かったのは高橋源一郎論。そしてここ30年ほどのSF史を過不足なくまとめたところである。これは、佐々木敦の講談社現代新書『ニッポンの--』のシリーズの第3弾、順番は《思想》、《音楽》、《文学》。次は《映画》だろうか。そのテキストは評者自信の生(なま)の声(好悪の感情)を抑えて綴られているけれど、それは若い読者への啓蒙的な使命を胸に秘めているのだろう。

  • 文学と小説はやっぱり違うと思う。文学になるためには、少なくとも50年は必要。できれば作者が亡くなってから。まだ作品が新しいうちは、いろんな人たちの主観が混じり合うので、正当な評価ができない。落ち着いて評価できるようになるには、上記くらいの年数が必要だと思った。売れていること、は文学であるかの評価をするには当たらない基準。

  • 本が好きで、小説が大好きだと伝わってくる本。
    時代と共に文学が変わっているのか、
    文学が時代を変えているのか。
    好きなメフィスト賞作家たちや村上春樹、綿矢りさ、金原ひとみが出てきた。
    又吉直樹への期待はとても共感できる。

  • 「佐々木敦」という著者を知らなかったのだが、これまで「ニッポンの思想」、「ニッポンの音楽」の2冊を下記連ねてきて、本書は第三弾らしい。

    80年代からの(純)文学の系譜を論じながら、その筆はエンタメ系であるはずのミステリーやSFを論じる時に最も熱を帯びる。

    それぞれの作者や作品に対するコメントは簡にして要を得、かつ語彙が適切に選択されており、同感できるものが多い。

    芥川賞がある限り「文学」は存在すると言いながら、「文学」と「小説」の融合を夢想する著者ではある。(ただ、文学はかつて小説、詩歌を含む上位概念であったような..)

全21件中 1 - 10件を表示

ニッポンの文学 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニッポンの文学 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニッポンの文学 (講談社現代新書)の作品紹介

批評家・佐々木敦氏による『ニッポンの思想』『ニッポンの音楽』から連なる待望の3冊目。
今回のテーマは「文学」。各主要文芸誌でも精力的にすぐれた論考を発表している著者が、あらためて「日本」の「文学」を解き明かします。

戦後、とりわけ70年代末からの日本の文学シーンにはどのようなことがあり、どのような歴史があるのか。つまり、ニッポンの小説はどのような歴史=物語を持っているのか。前2冊と同じく、80年代(70年代末)から始まるディケイド論で論じていきます。

「文学」と呼ばれている小説と、一般的には「文学」と見なされていない小説とを、全く同等に扱うという視点で日本の小説史をたどり直す試みは、今までなされて来ませんでした。

狭義の「文学」と他のジャンル小説を同一平面上で語ってゆくことで、「芥川賞/直木賞」という制度によって今なお維持されている「文学」の聖性を相対化しようとするのが本書の目的です。

ニッポンの文学 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする