下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)

  • 527人登録
  • 3.64評価
    • (27)
    • (61)
    • (50)
    • (11)
    • (3)
  • 69レビュー
著者 : 平田オリザ
  • 講談社 (2016年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883634

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
又吉 直樹
村田 沙耶香
恩田 陸
エラ・フランシス...
東山 彰良
有効な右矢印 無効な右矢印

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 衰退期にある日本のあり方について述べている。
    少子化だからスキー人口がへったのではなく、スキー人口が減ったから少子化になった。偶然の出会いが必要。
    こわれればひとさし舞える人物になれ。
    ソフトの地産地消が必要。しかし、人が働く場所を選ばなくなったらどうなるのかと思った。
    韓国は先進国に慣れていない。中国も自分が先進国だと認める必要があると思った。そこのアイデンティティの確立が日本、中国ともにまだできていないと思った。
    工業立国から芸術立国へ。

  • もっと文化を。

  • 下り坂をそろそろと下る勇気が必要ですね。
    現状をきちんと認めることが大切。
    「偶然の出会い」の必要性は納得でした。

  • 日本は衰退期に入ってる。
    もはや工業立国ではなく、成長し続ける国でもなく、そして今やアジア唯一の先進国ではない。
    それは寂しさがつきまとい、未だ成長を望む人は苦痛だろう。
    それでも我々は長い下り坂を降りていかなくてはいけない。

    本書は地方の人口減少化対策、日韓の関係、震災からの復興について語る。

    あとは気になったとこだけ。

    ・日本は、アジアで唯一の先進国ではなくなったことを、まだ受け入れられていない。
    韓国は今や先進国の仲間入りをしたことに、まだ慣れていない。

    ・「絶対事故が起きない」「絶対負けない」という安全神話・不敗神話は、日本文化の特質。事故は起き、零戦は敗れた。みなおさなくてはいけない

  • 友人に薦めてもらい。

    下り坂を下りるというよりは、脇道に入る印象か。

    各地方の取組は、確かに今の産業構造、経済成長を求めないものであるところが下り坂なのかもしれないが、別の彩りがある。

    サブシステムとしてのわくわく感。

    ただし、これのみが答えでもない。
    考えること、現実感を持つことの重要性。

    ・関係人口
    ・文化資本
    ・3つの寂しさ

  • 劇作家の著者が、成熟から衰退期に向かう時代の日本人の在り方を考察している。これからは、人口減少などを主因とする長く緩やかな衰退の時間に耐える覚悟が必要であると説いている。具体的な事例として、いくつかの地方での新しい取り組みを紹介しているが、寂しさに耐えることよりも、希望がもてる活動となっており、目から鱗が落ちるような素晴らしいアイデアが溢れている。局面局面では衰退に抗う事は出来るが、日本全体としてはゼロサムゲームに近いと思われるので、やはり覚悟についての論議をさらに期待したいと感じた。

  • 劇作家であり演出家であり大学教授である平田オリザ氏の著書。演劇を創りながら、その立場から文化政策や地域振興を語る著者の視点はとても興味深い。

    1.もはや日本は、工業立国ではない。2.もはや、日本は、成長社会ではない。3.もはやこの国は、アジア唯一の先進国ではない。この3つの寂しさを見つめ受け入れる必要性を語っている。

    基本的には著者の地方での取組を紹介しており、どれも演劇や芸術が持つ力を改めて感じる。特に「小豆島」での挑戦や「豊岡」での事例はとてもおもしろく、こういった貢献を自分もしたいという気持ちになった。また、「善通寺」での「文化資本」の重要性も頷ける。

    筆者の考える「子育て中のお母さんが、昼間に、子どもを保育所にあずけて芝居や映画を観に行っても、後ろ指を刺されない社会」「平日の昼間にどうしても見たい芝居やライブがあればいつでも気軽に休める社会」は実現できたらいいと思う。それだけ社会が豊かに成熟してほしい。

  • 勝たないまでも負けないようにする

  • 「まことに小さな国が、衰退期を迎えようとしている」という書き出しや、①もはや日本は、工業立国ではない②もはや日本は、成長社会ではない③もはやこの国は、アジア唯一の先進国ではない。という問題提起はいいのだが、内容が自身の活動紹介が殆どで参考にならない。
    「卑屈なほどのリアリズム」を持って現実を認識し、ここから長く続く後退戦を「勝てないまでも負けない」ように持っていくことは必要だが、「自分以外の誰かがウマイ汁を吸っている」と疑心暗鬼になる社会を変える事は容易ではないだろう。これは個人の心の問題だし、ネット社会は疑心暗鬼を加速するものだから。

  •  司馬遼太郎の「坂の上の雲」をモチーフにしながら、その真逆の世界観である衰退のための準備をするべきであると説く。
     我々は拡大こそ正義、そして生きる条件だと信じ込まされてきた。経済や社会のインフラは成長するものであり、それは止まらないものだと。しかし、筆者によれば日本の社会は円熟期を迎え、今後は衰退に向かう。そのことを冷静に受け止めるべきだというのだ。
     近年、いたずらに隣国を罵倒する風潮があるのは、この国の状況が分かっていないからであり、覚悟ができていないのだという指摘は一理ある。
     劇作家である筆者は経済的な豊かさよりも心の豊かさを求める国家への移行を考えているようだ。その理想もうべなるかなである。
     ただし、物質欲にどっぷりつかった我々の意識を変えるのはそれほど簡単なことではない。しんがり戦に敗れれば全滅というのが定石だが、日本がどのように今後を生きるべきなのかを考えらさせられた。

全69件中 1 - 10件を表示

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)の作品紹介

◆「これからの日本」をどうするか?◆

人口減少、待機児童、地方創生、大学入試改革…。

日本が直面する重大問題の「本質」に迫り、
あらためて日本人のあり方について論考した快著!

----
反アベノミクス派の皆さんでさえも、あまり口にしない大切な事柄がある。

子育て中のお母さんが、昼間に、子どもを保育所に預けて
芝居や映画を観に行っても、後ろ指をさされない社会を作ること。

私は、この視点が、いまの少子化対策に最も欠けている部分だと考える。

経済は重要だ。待機児童の解消は絶対的急務だ。

しかし、それだけでは、おそらく非婚化・晩婚化の傾向は変わらないし
少子化も解消されない。
---
雇用保険受給者や生活保護世帯の方たちが
平日の昼間に劇場や映画館に来てくれたら、

「社会とつながっていてくれてありがとう」

と言える社会を作っていくべきなのではないか。

失業からくる閉塞感、社会に必要とされていないと感じてしまう疎外感。

中高年の引きこもりは、社会全体のリスクやコストを増大させる。(以上、本文より)
----


◆私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか◆

他者の権利に嫉妬するのではなく、
「生活がたいへんなのに映画を観に来てくれてありがとう」と言える社会へ―。

若者たちが「戻りたい」と思える「まちづくり」とは?
日本が少子化問題を解決するための方策とは?

あたらしい「この国のかたち」を模索する。


◆絶賛の声、続々◆

内田樹氏:
日本は衰退期に入った。
だが、いまだ多くの人々はその現実から目をそらし、
妄想的な「富国強兵」路線にしがみついている。
その中にあって、背筋のきりっと通った「弱国」への軟着陸を提案する
“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」。

藻谷浩介氏:
避けてきた本質論を突きつけられた。
執筆中の本のシナリオも組み立て直さねば。
経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ。

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする