ジャニーズと日本 (講談社現代新書)

  • 83人登録
  • 3.07評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 矢野利裕
  • 講談社 (2016年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884020

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SMAPさんの世界にひとつだけの花、triangleのあたりは大変共感。おおきなものを背負わされた。もっと、何となく、好きな人は好きでいていいみたいなまったりとした存在だったのに。
    解き放たれて、良かったのかもしれない。まだ、40代。まだまだいける。頑張れ。

    KANSHAして華麗なる逆襲を、という最後のセリフは粋だね。

    音楽についての解説は良くわからず。
    決してジャニーズタレントを非難しない姿勢は良かった。

  • 文化としてジャニーズのあり方を、
    創設から現代まで描いた一冊。

    なかなか難しいけど、
    詳しく色々書いてあったよ

  • 「手の届かないスター」ではなくて「身近で等身大のアイドル 」。さらには平成不況時代に、一緒に"がんばりましょう"と語りかけてくれる「国民的アイドル」。時代の変遷に伴って人々がテレビに求めるものも変わってきて、そうした中で色々苦労したり試行錯誤したりしながら、オンリーワンな地位を築いてきた存在。

    SMAPについてそういった見方をしている点は、同じ時期に出版された他のSMAP本に同じですが、ジャニーズ全体を語る対象としている点と、その際に「日系アメリカ人であるジャニー喜多川という人が目指しているもの」を捉えようとしている視点、そして音楽好きである著者の矢野さんならではの楽曲に対する考察、このへんが特徴的。

    ◼️SMAPの「身近さ」については、「自由でカジュアルなクラブカルチャー」「飾らないリアルな自我」といったキーワードで説明している。
    どちらも、ジャニーズらしくないともいえばらしくない。というのもジャニー喜多川がそれまで志向し実現してきたのは、日常からかけ離れた恍惚とファンタジーの虚構の世界であり、自我の表現なんていらない(その意味ではアーティストである必要はない)、それを提供できるエンターテイナーであれ、という方向性だったからだ。
    でも、じゃあSMAPは異端で、ジャニーズの本流と対立関係にあるとか、そんな単純な話でもない。昨今のメディア報道では強権的な印象もあるジャニーズ事務所だが、この本によれば少年たちの育成面においては、何が下手でも、美男子じゃなくても、ピュアでさえあればいい、誰しも磨けば光る個性がある、とかジャニーさんもいいこと言っている。
    こういう姿勢も含めて、ジャニーズとは、ジャニー喜多川という人は、戦後の日本にアメリカのショービズのみならず自由と平等と個性の尊重、つまり民主主義を教えにきた、そういう存在なのだ。と矢野さんは言っている。

    ◼️また、「がんばりましょう」「オリジナルスマイル」などの楽曲が、発表時の意図やら作詞・作曲者の思いやらとは関係なく、震災などのきっかけで応援歌として蘇り、再び歌われる様子などをとりあげ、これこそポピュラー音楽の醍醐味だよね~と言っているところも面白い。「世界にひとつだけの花」や「Triangle」なんかは、もちろん良い曲だけど、正直仰々しくて戸惑うわ、と言っているところも共感した。

    ◼️他にも、ジャニーズ事務所の歴史を音楽面から解説している点は、あまり類似の本がなく貴重なのでは(確認したわけではないけど、そういう評判だ)。取り上げられる楽曲を知らなかったり、使われる音楽用語を聞いてもピンと来なかったりするので、じゅうぶん理解できたとは言えないが、「機会があればそういう耳で聴いてみよう」と思えたという意味では楽しめた。

  • 2017.05.02

  • なかなか。
    ジャニーズ事務所の歴史が知りたくて読んでみた。
    ジャニー喜多川さんはアメリカ人だったんだ。
    宝塚に影響を受け、メンバーの教育に力を入れているとか。
    アメリカと日本の良いとこどり、柔軟な対応が今につながっているのか。
    まだ、お元気らしいが、高齢でもあり、次世代でどうなるかが難しいそう。

  • 芸能界裏話ではありません。ジャニーズの歴史概論という感じ。

  • 【新着図書ピックアップ!】“ジャニーズ”という言葉が昨年ほど世間を賑わせた年はなかったと思うが、この本はその“ジャニーズ”から生み出された数々のアイドルとその音楽やパフォーマンスについて論じた、アメリカと日本の文化論とも言えるような本。“ジャニーさん”のショービジネスに対する想いと、彼がアメリカ文化を日本にもたらしてきたことを知った。単なる「アイドル論」で終わらせない本。
    【New Book!】Highly recommended for anyone interested in Japanese entertainment.

  • SMAPと渋谷系を絡めて語る切り口が斬新だった。

  • <目次>
    はじめに
    第1章  ジャニーズとはなにか
    第2章  ジャニーズ結成~初代ジャニーズ、フォーリーブス
    第3章  郷ひろみからディスコへ~郷ひろみ、田原俊彦、少年隊
    第4章  それぞれのアメリカ~冬の時代、近藤真彦、ザ・グッバイ
    第5章  80年代とジャパニズム~シブがき隊、光GENJI、忍者、関ジャニ∞
    第6章  SMAPが開拓した道~SMAP、TOKIO、V6、Kinki Kids
    第7章  ジャニーズがもたらしたもの~嵐、次世代、そして再びSMAP
    おわりに

    <内容>
    ジャニーズ事務所のアイドルの歴史を追いかけながら、日本の音楽の歴史を語るもの。社会学書というよりも音楽書のような分析をしている(著者の略歴にも”DJ"という仕事が書かれている)。ただ、ジャニー喜多川が移民2世で、日本に「民主主義」を持ち込んだ(例えば、ジャニーズのアイドルは顔よりも”個性”が重視されているなど)とし、一方で途中までは「自我」が目覚めないうちが、「アイドル」だという話もある(「自我」が目覚めるとジャニーズ事務所を辞めたりする)。音楽的にも、局のコンセプトなども分析されていて、それなりに面白い。このタイミングで出版されている、他の「SMAP」本がどんな内容かはわからないが、この本は「SMAP」解散騒動の前から執筆されていたようなので、それを抑えた形で書かれている。

  • ジャニーズの歴史、アメリカと日本の関係性。いろんなものが大きく動くときにSMAPが解散した。そんなときにジャニーズという事務所、ジャニー喜多川という人物を照らすことでジャニーズに所属している、いたアイドルたちとその楽曲、ステージで彼が目指したものは何かが浮かび上がってくる。音楽とダンスは重力や差別から一瞬でも自由になる武器であり享楽だ。それを体現しているアイドル、ジャニーが目指したものとは違うものになりながら新しいアイドル像を作り上げたSMAPと受け継いでいった彼らの後輩たち。アメリカと日本の関係が今後どうなっていくか、そしていつか来る体制が変わるときにジャニーズの音楽や目指すべきステージはきっとまた変わっていくのだろうと予感させてくれる一冊。

全10件中 1 - 10件を表示

矢野利裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ピエール ルメー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)の作品紹介

ジャニーズとは何なのか?
どうして日本人はこれほどまで、ジャニーズタレントに魅せられてきたのか?

ジャニ―喜多川氏が日本で芸能を志したのは、終戦後すぐ。
「ジャニ―喜多川」とは、芸名ではなく本名であり、彼は正真正銘のアメリカ人。時代をつかむタレントを数々生み出してきました。
ですが、アイドル冬の時代が90年代初頭に訪れます。そこで、新たな装いでこれまでのアイドル性を打破してできてたのが、SMAP。

本書は、ジャニーズがどんな音楽を生み出し、人気を博していったのかを時代ごとに丹念に追い、戦後の大衆文化史を読みなおします。

ここで詳しくは語れませんが、SMAPは解散してもしなくても、SMAPであり続けてほしい。そんな願いが込められた一冊です。

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)はこんな本です

ジャニーズと日本 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする