未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 1083人登録
  • 3.72評価
    • (44)
    • (102)
    • (74)
    • (13)
    • (3)
  • 104レビュー
著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
伊賀 泰代
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 笑っちゃうくらい、あまりにも暗い未来の予測。
    しかも、現実に起こりえる未来像なのでマジ恐い。
    イッキに読んだ。

    著者も54歳で、もうすぐ高齢者。

    何かの本で読んだけど、ずっと東京に住んでると気づかない事なんだけど、10年ぶり、15年ぶりに、東京を訪れた外国人が、街を歩いても、商業施設に入っても、電車に乗っても、そこにいる日本人の高齢者の比率が急激に上昇しててビビった、という。
    そこに住んでる人には見えない、人口動態の現実が、多分、今、現に、ある。

    オレは、国民みんなが、もっとバンバン子供を産みたくなる環境を早急に作るべきだと思う。

    1番は、戸籍を無くすこと。
    法律上の結婚をしていても、していなくても、子供をどんどん産めて、子供が差別されない仕組みにすべき。

    実際、スペインや、フランスでは、戸籍を無くして、法的な結婚でも、事実婚でも、関係なく子供を産めるようにして、それによって、出生率は上昇してる。


    でも、この本が言ってるのは、今後、ベビーブームが起きたくらいでは、日本の少子化は止まらない、ということ。

    日本の人口が急速に減少してゆくのと同時に、世界の人口は増加し続け、最終的には食糧問題が深刻化する、ということ。
    恐ろしい未来だ。

  • これからの日本に起こることが確実な出来事が、年表として順を追って記載されていて、「あとこれくらいでこんなことが予想されているのか」と整理されて面白かったです。

    住宅政策にも言及していましたが、「持ち家がある」ことが前提となっているように感じました。
    持ち家比率や、家を持ちたいか持ちたくないかの割合なんかも大きく関わってきそうな気がしました。

  • ー2017/11/20
    輸血用血液が不足するのが2027年 従来にない観点から人口減少問題を考えている

  • 戦略的に縮む考えは良い。しかし、現実的ではない考えも多い。課題が多い中でどれだけ解決出来るか。
    政府の政策だけ頼っても遅すぎる。自分たちで解決する糸口を探す必要もあるだろう。未来の日本のために今から出来ることはないだろうか。考えてしまう本。

  • 大学倒産、介護離職増大、輸血用血液不足、空き家激増、火葬場不足-。少子高齢という「静かなる有事」に立ち向かうために、日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かし、適切な対策を提示する。

  • 斜め読みになってしまったが、知らなかった不都合な真実を知った。それも思っていたより結構近い将来の話。
    戦略的に縮むこと、やってみる価値があると思う。

  • 副題「人口減少日本でこれから起きること」~50年で日本の総人口は現在の70%となり、100年後には40%に落ちる。「人口が減少しスカスカになった国土には、税収不足で予算確保がままならず、老朽化したインフラが放置されている。若き自治体職員が不足して十分な行政サービスが行き渡らない地域がたくさん誕生し、そうした土地にさえ、ひとり暮らしの置いた老いた高齢者がパラパラと住み続ける。従業員が高齢化した企業では、マンネリ化した発想しか出てこず、ヒット商品がなかなか誕生しない。焦りを隠せない経営者は「生産性向上!」と掛け声だけは勇ましい一方(この『一方』の意味は不明)、都会の駅では1つしかないエレベーターの前で順番待ちをする高齢者が長い列を作る。乗客は電車やバスの乗降に時間がかかるため、公共交通機関の遅れは日常茶飯事だ。かたや百貨店の売り場では、耳の遠くなった高齢者への商品説明に、よぼよぼの店員の多くの時間を取られる。」出生数の減少・高齢者の増加・勤労世代の減少に対し、Ⅰ戦略的に縮む①高齢者を削減(高齢者を75歳以上に64~74歳は准高齢者子どもは19歳以下にする)②24時間社会からの脱却(ファミレスの24時間営業店の減少・ヤマト運輸の再配達時間帯の縮小)③非居住エリアの明確化(コンパクトで効率的な国に、移転費用の支援・非居住エリアは税負担増)④都道府県を飛び地で合併(東京と島根を合併するくらいの発想・鉄道沿線を一つにエリアにするくらいの自治体の境界線は柔軟に)⑤国際分業の徹底Ⅱ豊かさを維持する⑥「匠の技」を活用(ジャパンオリジナルを知的財産として保護し高付加価値の製品をつくる)⑦国費学生制度で人材育成(日本をリードするエリート人材を育成)Ⅲ脱・東京一極集中⑧中高年の地方移住推進(日本版大学CCRC:CotinuingCareRetirementCommunity50代で都会の家を貸して移住先で家を借りもう一度学生プラン)⑨セカンド市民制度を創設(都会の人が気に入った町のゲストハウスを利用し住民税を按分する)Ⅳ少子化対策⑩第三子以降に1000万円給付(第一子の児童手当を廃止し、第二子誕生から大学卒業まで所得税を減税し、第三子に1000万円)~「率でなく数が問題」と言ってるくせに、2045年に東京都民の三人に一人が高齢者になるって書いているぜ。前から2/3は読まなくても、残り1/3の提言を読んで感心したり、笑い飛ばしたりすれば良い。経歴はよく解らないところが多いね。まっ良いけど。

  • データが提示されているのは役に立ちそう。

  • なんかもうどうすれば良いかわからんくなる
    やばいのは分かった
    でも海外に打って出るほどの気持ちはない
    できれば今の仕事をそのまま続けられたらいいな
    とか大部分の人はおもってるのでは?

    そんな自分のような人が多いなら日本はこの本の通りになっていくのだろう
    とはいえ今日は幸せです

  • 数年後には東京を含めたすべての自治体で人口がへる。
    AIや移民では補えない。
    人口減少はチャンス、ではない。戦略的に縮む必要がある。

    少子化の影響で未来の母親そのものが減っている。少子高齢化は止まらない。

    一人暮らし社会。2020年まで世帯数は増える。
    75歳以上人口のピークは2030年。2035年ごろに一旦減少。

    輸血用血液が不足する。病院にいっても手術を受けられない。

    死亡者数は2040年ごろピーク。

    東京は今後、医療介護不足が深刻になる。
    地方はすでに病院があって、今後人口減に伴って高齢者も減るから間に合う可能性がある。
    地方は高齢化率は高くても、絶対数は減る。
    高齢問題は都市問題。

    離島の10%が無人化する。

    出生数の減少、高齢者数の増加、勤労世代の減少、を同時に解決する必要がある。

    1,高齢者の区分を変更する。65歳から75歳へ。
    2,便利すぎる社会からの脱却。
    3,非居住エリアを設定。歩ける街を目指す。
    4,市区町村を合併。地方創生は市区町村を残すことではない。
    5,国際分業を促進。国産品の種類が多すぎる。
    6,大学連携型CCRC=もう一度大学生プラン。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする