未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 1083人登録
  • 3.72評価
    • (44)
    • (102)
    • (74)
    • (13)
    • (3)
  • 104レビュー
著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
村田 沙耶香
リンダ グラット...
エリック・ブリニ...
伊賀 泰代
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 少子高齢化による日本の人口減についての啓発書。
    政府や各研究機関が発表している将来の人口推計を元に
    ①2065年までの間に日本社会に起こる(悲惨な)変化
    ②いま出来る解決策の提示
    を行なっている。

    将来推計が発表される都度、断片的な情報は新聞などから入ってくるが、それを総合し、順を追ってこのまま行くと日本はいつ、どのようになってしまうのか?
    が大変簡潔で分かりやすい一冊。

    少子高齢化による人口減を「静かなる有事」と捉える著者の、政府や我々の無関心・不理解に対する静かなる怒りすら感じる。
    政府官僚は勿論、国民一丸となって乗り切るべき深刻な事態ということが伝わった。

  • 2020年:女性の半数が50歳越え
    2024年:全国民の3人に1人が65歳以上
    2027年:輸血用血液が不足
    2039年:火葬場が不足
    2040年:自治体の半数が消滅
    2042年:高齢者人口がピークを迎える

    特に2042年は危ないらしい。
    少子化対策しても、高齢者人口は減らないし・・・
    少子化対策と高齢者が増えることは問題として別物というのは目から鱗
    火葬場も病院も不足する:
     解決策は 健康で長生きして 問題の先送りしかなさそう!
     私も80歳だ どうしよう!

  • 勉強になった。子供のことを考え、自分にできることを考える。

  • 「静かなる有事」という言葉がぴったりの、なかなか衝撃的な内容。自分ができることってなんだろうなぁ。
    とりあえず、もっと若い政治家が増えて欲しいし、税金の使い方も考えてほしい。
    若い世代を中心に、たくさんの人に読んでほしい本。

  • 本書は少子化・高齢化が激化する日本の課題と解決するための処方が記載されている。各課題は表面化する各年ごとにまとめており、大変読みやすい。

    日本の人口減少に伴う課題から、想定される日本の未来を描いたものになっている。かなり悲惨な未来となっている。
    それも、突飛な空想ではなく、各省庁の白書/報告書や統計データをもとに描いた"日本の将来像"である。

    皆様の関わっている業務や地域を想定しながら読むと、より現実味を感じながら読めると思います。

  • 読み進めていくと日本の将来に暗澹たる気持ちにさせられる。それだからこそ、今の若い世代に読んでもらって、危機に対する高い意識を持ってほしいと感じた。

  • <目次>
    はじめに
    第1部  人口減少カレンダー
    第2部  日本を救う10の処方箋
    おわりに~未来を担う君たちへ

    <内容>
    日本の将来の人口減少を、割合ではなく、「実数」で示し、その危険性を未来の年代別に指摘する。例えば、「2018年には国立大学が倒産の危機へ」など。日本がなくなる危険性が高いと著者は指摘する。しかしこの本は、その上で10の処方箋を示し、「小さくても輝く国」造りを指南する。そこでわかるのは、無能な政治家・官僚のすがた。これくらい大胆な改革を示せる人間が日本にいるのか。民間人には難しいだろう(著者は、”人口減少対策会議”という常設諮問機関の設置を提案しているが…)。

  • 話題の新書。人口減というより、高齢者の増加(寿命が延びる、子供が増えない)という捉え方に納得。そのことから起こりえる未来の年表の出来事はリアルに共感できる。2部の処方箋もその通りで、コンパクトシティを進めていく自治体の統合アイディアや3人目に1000万などこれぐらいの強引な施策は私も必要だと思う。
    など

  • 読んでいて未来が不安になる内容でした。

    高齢化と少子化は避けられない。人口はどんどん減り、今まであった活気ある日本がなくなるかもしれない。

    少ない労働力で多くの高齢者を支えなければならず、若者の負担は増える。そのこともあり、さらに少子化は進行していく悪循環。

    葬儀屋などは需要がおいつかず、お墓の管理をする人もいなくなる。若者は東京などに進出していくが、残された両親も高齢になると東京など一緒に暮らすこともある。東京も例外ではなく高齢化が進んでいく。


    医療関係者としては人手不足の中でも質の高いものを提供していくことが求められていると感じた。生き残るためには未来のことを考えて行動が必要である。

  • こんなにレビュー多いの、びっくり。やはり新書のパワーすごい
    メモです。これからいろいろ引用したり考えるヒントにしたい。メモしていたら、前向きなアイデアも少し浮かびそうな気もしてきた。
    2016 出生数は100万人を割った。ちなみにベビーブームの1949年は269万人だった。2115年には31万8000人に落ち込むと予測されている。今の出生率(1.44)が多少改善しても人口は増えない。(2人の夫婦から3人以上生まれなくては、という意味)
    2017 日本人女性の3人に1人がすでに65歳以上。これからは高齢者がより高齢化する時代に。未婚率も高いので貧しいおばあちゃんが増える将来が予測される。
    2019 IT関連産業への就職者が約92万3000人のピーク、これ以降は退職者を下回る見込み。2033年には河川管理施設の約64%、道路橋の約67%が建設後50年を迎える。維持管理・更新費が2013年度の約3兆6000億円から2023年には20~40%増。全国の水道事業者の有利子負債は2014年度末で7兆9000億円。料金収入の約3倍。山の上の数軒のための電気、水道などインフラ整備は困難。居住エリアをコンパクトにすべき。どうしても山の上に住みたい人は受益者負担に応じるべき。
    2020 女性の2人に1人が50歳以上に。
    2021 団塊ジュニアが50代に突入。介護離職が増え、企業は管理職不足に。
    2022 独居世帯は3分の1超。2013年現在のデータでは、人口が減少しているのに世帯数は増えていた。
    2026 認知症患者が700万人に。もはや国民病。
    2027 輸血用血液が不足。献血は80%ががんや心臓病などの病気の治療に使われている。どれだけの名医がいても血液が足りずに治療できなくなる。
    2033 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる。
    2045 東京都民の3人に1人が高齢者に。
    2050 世界的な食糧争奪戦に巻き込まれる。世界人口はまだ増える。

    肩車を下支えする若者の足腰は弱い。非正規労働者が増大し、就職できずに親の支援を受けている人もいる。
    就職氷河期世代の末路。2042年、団塊ジュニア世代が高齢者となり、バブル崩壊頃新卒者で非正規労働者が多かったため、貧しい高齢者となっていると予測される。
    高齢化と少子化は別。出生数が増えても高齢者が減るわけではない。高齢者が多いから子どもが生まれにくいわけでもない。日本の少子高齢化と人口減少の問題は地方と大都市で異なる。大都市では総人口はあまり減らず高齢者の実数だけが増える。地方では総人口は減少するが、高齢者のじっすはさほど増えるわけではない。

    解決編
    ① 戦略的に縮む:日本は課題先進国。解決策はないのか?高齢者の老後生活にかかる費用を少なく。年金額を抑えられるよう、高齢者住宅を政府が整備。高齢者の定義を変えて、75歳以上へ。死ぬまで働かせるのかという批判はあたらない。わずか50年で勤労世代が40%も少なくなる国家の異常事態をのり切るためにはこれまでの慣習を見直さなくてはいけない。
    ② 不便な社会へ。24時間コンビニ、便利な宅配サービスなどは労働力不足の日本には無理。しわ寄せがどこかに来る。
    ③ 非居住エリアを明確に

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする