ブクログ大賞

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 359人登録
  • 3.68評価
    • (6)
    • (19)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
ベン・ホロウィッ...
エリック・ブリニ...
伊賀 泰代
三浦 しをん
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 人口減少をもたらす出生数の減少,高齢者の増加,社会の支え手である勤労世代の減少 という解決が難しい問題を抱えている日本.政権の視点がややピント外れであることや,官僚たちの勉強不足を何とか打破していかないと大変なことになる,という著者の論点は「戦略的に縮じむ」ことだと感じた.サッチャー時代のイギリスが良い手本になると思っている.

  • 2020年:女性の2人に1人が50歳以上に、2024年:3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ、2033年:全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる…。日本社会に迫る危機を時系列に沿って紹介する。そして、そうした課題にどう対処すべきか、10の処方箋を提示する。

     第1部 人口減少カレンダー
    序 2016年、出生数は100万人を切った
    2017年 「おばあちゃん大国」に変化
    2018年 国立大学が倒産の危機へ
    2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
    2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
    2021年 介護離職が大量発生する
    2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
    2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
    2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
    2025年 ついに東京都も人口減少へ
    2026年 認知症患者が700万人規模に
    2027年 輸血用血液が不足する
    2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
    2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
    2035年 「未婚大国」が誕生する
    2039年 深刻な火葬場不足に陥る
    2040年 自治体の半数が消滅の危機に
    2042年 高齢者人口が約4000万人とピークに
    2045年 東京都民の3人に1人が高齢者に
    2050年 世界的な食料争奪戦に巻き込まれる
    2065年~ 外国人が無人の国土を占拠する

     第2部 日本を救う10の処方箋 ――次世代のために、いま取り組むこと
    序 小さくとも輝く国になるための第5の選択肢
    1・「高齢者」を削減
    2・24時間社会からの脱却
    3・非居住エリアを明確化
    4・都道府県を飛び地合併
    5・国際分業の徹底
    6・「匠の技」を活用
    7・国費学生制度で人材育成
    8・中高年の地方移住推進
    9・セカンド市民制度を創設
    10・第3子以降に1000万円給付
     おわりに 未来を担う君たちへ

  • 人口減少の恐ろしさが実感できる良書です!
    アマゾンで2017年7月12日現在「ベストセラー」と表示され、社会学好きな私としては読まずにいられませんでした。

    読後の感想は「複雑な気持ち」になりました。半分は「読まなきゃ良かったな。」という気持ち、半分は「子を持つ親として、また一国民として責任を果たさなきゃな」という気持ちでした。逼迫した問題のため、そうした気持ちになったのでしょう。

    本書は大きく分けて、2部構成になっています。
    第1部は、「人口減少カレンダー」として2017年から約100年後の2115年まで、年代順に何が起こるのかを示しています。人口がどのように減っていき、その状況で何が起こるのかを予測しています。
    第2部は、第1部で取り上げた問題への対策を、「日本を救う10の処方箋」として提言しています。著者はこの第2部の基本的な考え方を
    ❝われわれが目指すべきは、人口激減後を見据えたコンパクトで効率的な国への作り替えである❞
    と主張しています。

    「読まなきゃ良かった」という気持ちになったのは、第1部の人口減少カレンダーの予測があまりにも暗く描かれているためです。また、この予測が既出の統計情報に基づいているため大きく外れることがないのが、暗い気持ちに追い打ちをかけます。
    一方で私には子どもがいます。「この子たちは、こんな未来を歩んでいかなきゃいけないのか。」と思い、「子を持つ親として、また一国民として責任を果たさなきゃな」という気持ちを持ちました。

    せめてもの救いは、第2部にそれら問題への処方箋として10個の案が提示されていることです。このうち、いくつかの対策は既に始まっています。ただ、これら既に始まっている対策は「戦略的に縮む」ことを目的としているため、消極的な印象を受けます。積極的な対策が始まっていれば、今の若者がもっと希望を持てるのではないかと感じました。
    私自信の勝手な意見ですが、これからの積極的な策は「教育」ではないかと思います。これまでの「皆を均質化する教育」ではなく、「突出した才能を掘り出し伸ばしていく教育」が改めて必要ではないかと感じました。

    これから「人口激減」に対して、国家として取り組まなければならないのは間違いないことです。願わくば技術革新により、問題解決への時間稼ぎだけでなく、根本的な問題解決ができればと思います。

    私一個人としては、次の世代に迷惑をかけないよう可能な限り働き続けて、自立して生活ができるよう健康に気をつけていこうと考えました。それが「自分ができることの第一歩」だと思います。

  • まずタイトルがいい。
    次に数字を基にした少々高齢化・人口減少の結果今後起こることの年表が苛酷ですごい。「2020年 女性の半数が50歳超え」というインパクトよ。
    そうか、カップル1組で2人以上子供を産まなければ人口は減るんだ、とすごく単純なことに改めて驚く。処方箋が10用意されてるけど、有効なのかどうかわからない。将来がそら恐ろしくなる新書。

  • 人口統計がベースなので、かなり蓋然性の高い話。新書にしては、出典もしっかり明記されており、今後の情報収集にも有用。新書故のページ数の少なさは残念。未来予測と政策提言の2分冊にするぐらい思い切っても良かった。

  • わりと近未来のリアルに日本に降りかかる、しかも不可避必至の人口減少+超高齢化社会の現実に嫌でも目を向けざるを得なくなる。
    いままで真実が隠されていた or 見えないように蓋をしてきていたとあらためて痛感。
    この状況を打破できないなら、ある程度受けれて日本はどうなっていくべきなのか、ヒントを見出す思いであっという間に読むことができた。

  • <目次>
    はじめに
    第1部  人口減少カレンダー
    第2部  日本を救う10の処方箋
    おわりに~未来を担う君たちへ

    <内容>
    日本の将来の人口減少を、割合ではなく、「実数」で示し、その危険性を未来の年代別に指摘する。例えば、「2018年には国立大学が倒産の危機へ」など。日本がなくなる危険性が高いと著者は指摘する。しかしこの本は、その上で10の処方箋を示し、「小さくても輝く国」造りを指南する。そこでわかるのは、無能な政治家・官僚のすがた。これくらい大胆な改革を示せる人間が日本にいるのか。民間人には難しいだろう(著者は、”人口減少対策会議”という常設諮問機関の設置を提案しているが…)。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする