未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 1083人登録
  • 3.72評価
    • (44)
    • (102)
    • (74)
    • (13)
    • (3)
  • 104レビュー
著者 : 河合雅司
  • 講談社 (2017年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062884310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
リンダ グラット...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 「今から婚姻数や出生数を上げても無意味」。
    一部の研究者から最近ようやく聞かれるようになった言葉だが(政治家含む非専門家のレベルはさらに低く、いまだにこれを主張しているようなていたらく)、本書はたった1行で、その恐るべき真実をつきつける。

    2020年、日本人女性の半分は50歳以上になる。

    今は2017年、わずか3年後のことである。わずか3年後には、日本人の半数のそのまた半数が、初老(以上)と言われる年齢になるのだ。

    もっともよくよく考えてみれば、今に始まった話ではない。日本の高齢化率が25%を超えていると言われ始めてから、すでに久しい。
    むろん、日本の高齢者が全員女性であるはずもないが…「日本の高齢化率は25%」と、「日本人の(だいたい)半数のそのまた半数が50歳以上」というのは、「年齢が高い人の人数」という点では、ざっくり同じようなことを言っているとも考えられる。
    なのに、このインパクトの差は何だろう。

    この調子で、著者はとかく見えにくい少子高齢化社会の未来予想図を、具体的かつ苛烈につきつける。その容赦のなさといったら、普通の人なら心が折れかねないほどだ。
    ただ、それもこれも「普通の人」にこの問題の深刻さを認識させ、「すみやかに本気を出す」ことを求めるがゆえのこと。末尾には将来の日本社会に向けた処方箋や、若い人たちに向けたメッセージまでもがきちんと示されているので、「いたずらに不安にさせられた!」と腹を立てるには及ばない。

    10の処方箋のうち最も感心させられたのが、「高齢者の削減」。ここまで、とにかく厳しい(悲観的な)ことばかりを言ってきた著者なので、まさか…とドキリとさせられるが、要は「高齢者」の定義を変えようというのだ。
    現在、「生産年齢人口」とは15〜64歳と定義されている。これを19〜70歳にスライドさせよう、というのが著者の主張である。
    いまどきの60代は、10年前(50年前ではない、「わずか」10年前である。これには少々驚かされた)の60代より、知的・精神的・肉体的に5〜10歳は若いという。この人たちを、「60歳になったから」とただ遊ばせておくのはもったいない。
    また同時に、いまどきは15歳で社会に出る人はごく少ない。15〜64歳ではなく19〜70歳が、現在の日本社会の実情には合っている——まことに当を得た指摘である。
    64歳には個人差もあろうが、15歳のほうはまったくそのとおり。かつ、64歳より目につきにくかった箇所である。思わず膝を打った。

    「死ぬまで働かせるつもりか!」と反発する人もあろうが…と著者は言うが、まさしく自分の親やよく知る上司がこの年代にさしかかりつつある私としては、その反論こそナンセンスに思えた。
    60歳でいきなり「毎日が日曜日」になってしまったら、いったいどれだけ老け込んでしまうことか。自分自身を取っても、死ぬまで働くのか…などといった慨嘆より、60歳になったからと問答無用で社会から放り出されたらたまらない、という思いのほうが強い。働けるうちは働きたいし、そうすればなんとか食べていくことができるだろう——「年金だけ」「賃金だけ」では、それが叶わない額だったとしても。
    それには、人生の楽しみをすべて「定年を迎えた暁には…」と先送りさせられるような過重労働社会を変えるとか、そもそも年齢で区切らず、労働に耐えられない者に(若くても重病を患うなど)年金が支払われる方式に切り替えるなど、いくつもの変革が必要になるだろう。しかし、これは世に数多ある「少子高齢化・労働人口不足対策」の中でも有数に実現へのハードルが低く、効果が大きい策に思えた。

    2017/6/22読了

  • 誰でも「考えたくないこと」、「手をつけたくないこと」、
    「面倒だと思うこと」はありますが、
    今の日本社会、政府、企業、家族にとってみれば、
    それは、人口減少社会への対応です。

    日本は人口減少社会に突入しています(05年~)。
    これから(15年ベース)、2030年にかけて、人口は2500万ほど減り、
    そして労働者は1300万減ります。
    人口統計ほど、ほぼ確実に当たる統計はないので(戦争や大規模災害が発生しない限り)、
    この数字が意味することを考えるには(自身の対策含めて)、
    この本はとても役立ちます。

    人口減少社会で、日本社会はどう変わるのか?
    社会、企業、家族、個人はどう変わるのか?
    この視点で書かれた本は、意外に少ない。
    財政の面であったりとか、企業の視点で書かれたものは、
    ありましたが、「ざっくばらん」に書かれたものは、
    ほとんどなかったと思います。

    正直言うと、気が滅入る内容です。
    あまりに、現実的過ぎて、かつ確実に起こるだろうと、
    既にわかっているので、、、

    じゃあ、対策を今のうちに、、、と考えますが、
    正直、どこから手をつけていいかわからないでしょう。
    知っているけど、わかっているけど、やれないというのは、
    個人だけではなく、国もそうです。

    つまり日本の社会システムを根本から、変更しなければいけないからです。
    それは、既得権益を破壊するということとイコールなので、
    誰も手をつけたがりません。

    この著作には、数多くの統計とその数字がピックアップしているので、
    自分の今の年齢に置き換えて、読み進めていくのも、
    良いと思います。

    日本でこれから起こることは、
    過去に前例が、ほとんどありません。歴史に学ぶといっても、
    長期にわたって、人口が減り続けて、働き手が減るという社会の中で、
    どうするか?その前例はありません。
    よって、前例主義が支配している日本の官僚制では、
    対応できないということです。
    問題が発生したら、対応、発生したら、対応という感じで進めるでしょうが、
    これから、問題の発生が、四方八方から出てきます。優先順位をつけて対応とか、
    そういうレベルではなく、どれもTOPクラスに対処しなければいけない問題です。

    大変不謹慎な言い方ですが、3年おきに、大震災が起こると同じような、
    感じになります。それだけ、事の大きさが、でかいということです

    よって個人がすることは、政府や役人、政治家に期待しないということです。
    期待すると、確実に裏切られるからです(ただ、一縷の望みで選挙には行きましょう)。
    期待せずに、自分ができること、家族と協力してできることを、
    早急に考えて、実行していく他ないと思います。

  • 日本国民の必読書を遅ればせながら読みました。
    2025年問題の時は42歳、2042年問題の時は59歳だと思うと、絶望を先に味わった感じ。
    じゃぁ、その絶望が実現しないように僕たちはどうしなければならないのだろうか?
    最近『君たちはどう生きるか』がまた流行っているが、それが問われているのかな。この世の中の網の目によく目を凝らして、本当に大切なものを選んでいく強い意志と勇気が必要なんだろう。
    それを国民の一人一人が実行しなければならないけれど、それが無理なら違う方法が必要だ。
    その方法に筆者は本気で向き合っているか。そこんとこを問い詰めたい。“小さくともキラリと輝く国”、なんて本気で言っているのかと…。

  • 寒気がする、怖い、未来に絶望しかない
    勇気がなければ読まないほうがいい

  • 著者は中高生主催の討論会にパネリストとして招かれ、その時の女子中学生の「大人たちは何かを私たちに隠している」という発言が脳裏に焼きついたとのことである。
    別に隠してはいないのだ。大半の大人たちは、人口が減ることは知っていても、具体的に何がどうなるかまで詳しく知っていたわけではない。知っていたところで、そういった話を親子でする家庭がどれだけ存在するだろうか。あるいは、社会の教科書に書いてあったとしても、さらっと流す以上のことをする先生がどれだけ存在するだろうか。若い世代でより深刻になる問題を、若い世代と共有することを怠っていることを大人は大いに反省すべきだと、心底思う。
    政治家は今もなお政策より政争にエネルギーを費やしており、肝心の政策はお粗末なものばかり。最初に掲げられている人口減少カレンダーは、具体的に何がどうなるかの予測一覧であるが、かなりのものが現実になるだろう。老後の費用に不安がないという人であっても、たとえば輸血用血液の不足、外国人の増加による日本人比率の低下は他人事ではいられないだろう。自衛隊を担う若者が減ることを考えると、日米同盟はより重要となる。

    日本を救う10の処方箋として提言があるが、現実的だと思えるのは最初の3つだけだと思う。たとえば8.(東京の)中高年の地方移住推進とあるが、1.で高齢者削減、仕事をしようと言っておきながら、仕事がない地方への移住を推進って…。大企業または官公庁の移転を伴うのであれば実現するかもしれない。
    10.第3子に1000万は、親に現金を渡す形はうまくいかない。子供にかかる諸費用免除や所得税免除等の形ならありか。最後に書かれている本人死亡後に老後の社会保障公費負担分は国に返納し相続不可というのはいいかもしれない。
    この本の最初に書かれていることだが、出生率が多少上がったところで、人口減少に歯止めがかかるわけではない。出生率の数字の上昇をクローズアップし報道するのはそろそろやめるべき。

  • 処方せんとして第三子1,000万円
    高齢者の定義を変える
    知的財産を集めるが面白かった

    高齢化はもう既に避けられない
    子供を産む女性の数が減るため合計特殊出生率が上がっても子供の数は減る

  • 将来的に何が起きていくのかを把握することが大事だと思った。処方箋についてはもう少し民間の力を考えてもいいんじゃないかとも思ったが、こういった問題に国が積極的に取り組んでいかないとやばいという認識はできた。

  • 私達に明るい未来は待ってません。
    読んでて暗くなる本だが、全ての人に読んでもらいたい。

  • 日本社会が抱える不都合な真実。誇張してではなく、ほんとうに起こりうる、いや、すでに起こってしまったこと。

  • 時系列で、とても興味深いです。
    このままだと、この通りの未来が待ち受けているのか...と若干感じていたことが、具体的な印象になり、少し恐ろしくなりました。

    人口構成の図からして、そのまま、あり得る未来です。

    先日「公務員の定年延長案」という記事を読み、多くの悲観的なコメントも併せて読みましたが、この本で未来を予想したならば、うなずけます。

    労働人口がすさまじい勢いで減少し、高齢人口の割合が急上昇。年金制度など、肩車構造になり、支えきれないのです。

    子どもたちの世代に過剰な負担がかからないよう、どのような対策を今から打つべきなのか、考えさせられます。周囲のニュースの意味が、より切実に感じられるようになりました。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする