石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)

  • 44人登録
  • 3.79評価
    • (3)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 奥泉光
  • 講談社 (2009年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062900706

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ジェイムズ・P・...
いとう せいこう
遠藤 周作
J.L. ボルヘ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1994年の芥川賞受賞作「石の来歴」と2002年の「浪漫的な行軍の記録」を併録。文芸文庫のラインナップとしては珍しく新しめの作品だけど内容は戦時中の回想がメインでひどく古い本を読んでいるような錯覚に陥ったりもする。でもたまに携帯電話が出てきて混乱したり(苦笑)そもそも奥泉光はまだそこまでの年齢ではなく、従軍体験も勿論ない。自作解説で「なぜ戦争について書くのか」という質問に答えられなかったというエピソードを書かれてたけど、確かにこの世代の作家がここまで戦争にこだわって書くのはちょっと不思議な気がする。

    とはいえ、ジャンルでいうならたぶん、これは戦争文学ではなくて幻想文学のカテゴリーなんだろうなと個人的には思う。「石の来歴」は読み方によってはSFとして解釈することも可能かも。エリクソンばりに歪んだ時空が、第二次大戦末期のレイテ島の洞窟と、戦後の秩父の採掘場を繋げてしまったかのような。ラストで主人公は、やり直しのチャンスを再び与えられ、時空を超えて息子を救うことに成功したのだろうか。そう考えればSFとしてはハッピーエンドともいえる。でもこれはSFではなく幻想文学だから、余韻はとても複雑だった。

    「浪漫的な行軍の記録」は、すでに「ジジイ」になった主人公が従軍の記憶を回想しているのかそれとも従軍中の若者である主人公が未来を垣間見てるのか不思議な構成になっていて、そういう意味ではやはり幻想文学なのだけど、こちらは「石の来歴」よりも戦争描写の部分が長く詳細で、作品自体も倍くらいの分量があるため、やや冗漫に感じてしまった。この長さ、必要だったかなあ。もうちょっとコンパクトにまとめてくれれば読み易かった気がする。「石の来歴」で主人公にまさに“石の来歴”について語った上等兵と全く同じセリフを言う元理科教師の兵隊が登場するので、焼き直しというよりはふたつの世界は繋がっているのかもしれないと思うほうが楽しい。

  • もっと読まれるべき作家だと感じた。
    「浪漫的」って表現できるのがすごい。

  • 疲弊と飢餓と腐臭の果てしない行軍。
    戦後の話と戦中の話が交じっていて、追憶と幻が紙一重。

    やたら生々しい話だと思っていたのだけど、作者説明を読んで気づいた。この人は戦争体験がないのか。。

  • 緑色チャート 石好きの人にお薦めです。

全5件中 1 - 5件を表示

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)に関連するまとめ

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)の作品紹介

太平洋戦争末期、レイテで、真名瀬は石に魅せられる。戦後も、石に対する執着は異常にも思えるほど続くが、やがて、子供たちは死に弄ばれ、妻は狂気に向かう。現実と非現実が交錯する芥川賞受賞作「石の来歴」。兵士たちのいつ終わるとも知れぬ時空を超えた進軍、極限状況の中でみたものは…帝国陸軍兵士の夢と現を描く、渾身の力作、「浪漫的な行軍の記録」所収。

石の来歴 浪漫的な行軍の記録 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする