志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤枝静男
  • 講談社 (2011年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062901390

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • もともと藤枝静男をどうやって知っただろう、と思い出すと笙野頼子さんの文章がきっかけではなかったかと思う。「田紳有楽」「空気頭」すごくヘンテコな小説を書く人だ、というイメージだった。題に「志賀直哉」とあり、阿川弘之「志賀直哉」を最近読んだところでもあったので、何となく読んでみたいと思った。

    中身はほぼほぼ全編、志賀直哉のことについて書いてある。藤枝静男ってこんなに志賀直哉が好きだったのか・・・と思う。そういえば藤枝静男の小説も「私小説」とくくられるよなあ、と思いつつ自分の近辺を書く作家としての興味が志賀直哉に対してあるのかな、などと思いながら読み進める。

    途中で平板に思えてきて、普段はあまりしないのだけれど、何となく解説から読んでみたりしてみた。解説は何と若手の朝吹真理子さんである。なんとまあシブいものをお好みで・・・と文章を見てみると、なかなか興味深い考察がある。「死人が書く小説があるとしたらこういうものだろうと思った」ふむ、なかなか鋭い気がする。その感覚で藤枝静男の随筆に戻ると、また違って見えてきた。

    そして最後に収録されている表題でもある「志賀直哉・天皇・中野重治」という文章。途中「ここはとても大事なことが書いてある」という感覚に何度かなり、幾度も行きつ戻りつして読んだ。この本はこれを読むだけでも価値があると思った。それぐらい面白い。

    志賀直哉と中野重治が喧嘩をするのは阿川弘之氏の「志賀直哉」でも読んでいたので何となく予備知識がある状態だった。その手紙のやりとりを挙げながら、冷静に分析していく藤枝静男の文章が非常に鋭いのである。ちょっと異様に感じるぐらいである。けっこうな部分が引用に費やされているが、その引用のされた文章がずっと流れていく様も、何かこう被験者をじっと観察する医者のような(藤枝静男は眼医者だった)迫るものがある。「敬意を感じた」とか「よく理解できた」といった言葉が非常に慎重な手続きを持って繰り出される様もまるで実験をする研究者のような雰囲気を感じさせた。ううむこんな作家だったか。

    また再読したい人が増えてしまった。

  • 国事行為を委任しない(日本国憲法第4条)。ユダヤ・プロトコルに反対する、即時中止を望む。大和朝廷は全員代理だから、本文なりとも、ヒロヒト等と表記すべきだろう。足尾銅山と志賀家の関わり、白樺派各人も同様、は既に究明ずみかどうか。図書館本。

全2件中 1 - 2件を表示

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)の作品紹介

医師として、遅咲きの小説家として独自の文学世界を築きあげた藤枝静男。平野謙と本多秋五という刺激を与え続けた友人、そして深く傾倒した師・志賀直哉の存在。志賀直哉に関わる作品を中心に名作「志賀直哉・天皇・中野重治」など、藤枝文学の魅力を掬い取った珠玉の随筆選。

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする