変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 多和田葉子
  • 講談社 (2017年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062903615

変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『球形時間』は単行本で既読なので(http://booklog.jp/users/yamaitsu/archives/1/410436102X)初読の『変身~』のほうの感想だけ。

    22人の神話の女神の名前を冠した女性たちと「わたし」の物語。女神たちの名前の元ネタはオウィディウスの『変身物語』。ギリシャ神話は大好物だし『変身物語』も既読なのでメジャーな女神のことは大体覚えていたけれど、さすがに「誰だっけ?」と思う名前も3分の1くらい。

    とはいえ、その女神の伝説と本書の女性たちのキャラクターは、レダ=白鳥、イオ=牛、ディオニソスの母ゼメレ(セメレ)、両性具有になるサルマシス(サルマキス)、女性から男性になったイフィス(イピス)などのようにわかりやすく関連している場合もあれば、もう一度「変身物語」を読み直さないとよくわからなさそうなものもあり。しかしあまり突き詰めて考えるほどでもないような気もする。

    女性たちの職業は劇作家、詩人、ダンサーなど様々だけど表現者であることが多く、自分の体からオピウム=麻薬が内部に分泌されているのではないかと考えている「わたし」は、彼女たちのの陶酔から同じくそのオピウムを嗅ぎつけようとしているのかもしれない。

    本筋とは全く関係ないのだけど「毛髪税」の挿話が面白かった。毛の生えた面積にだけ税金がかかる法律ができて、金持ちは毛むくじゃら、貧乏人はつるつるになるっていう。ちなみに頭髪だけは免税です。そういう妄想的挿話や詩的・散文的なセンテンスが多く、系統だった物語ではないので最初はとっつきにくいのだけど、そのリズムに慣れてくるとなかなか楽しい。

    ちなみに引用されている女神たちの名前
    レダ/ガランティス/ダフネ/ラトナ/スキラ/サルマシス/コロニス/クリメネ/イオ/テティス/リムナエア/ニオベ/イフィス/ゼメレ/セレス/ポモナ/エコー/ティスベ/ユノー/アリアドネ/オーキュロエ/ディアナ

  • 中編2作を収録。
    全く印象の違う2作が1冊に纏まっているというのがまず面白い。『変身のためのオピウム』の方が多和田葉子らしいと感じたが、『球形時間』も面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

多和田葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
アゴタ クリスト...
J.L.ボルヘス
チャールズ ブコ...
リチャード ブロ...
ブルース チャト...
スタニスワフ・レ...
サルバドール プ...
ウラジーミル・ソ...
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)の作品紹介

ギリシャ神話の女性たちが織りなす連作「変身のためのオピウム」と、高校生の男女の日常と冒険を描くドゥ・マゴ賞受賞作「球形時間」

変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする