戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河野康子
  • 講談社 (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062919241

戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • 民主主義国家への再出発
    経済大国へ、そしてバブルの崩壊
    政治は日本をどう変えたのか
    戦後とはどのような時代だったのろうか。敗戦。占領政治、そして新憲法が制定され、日本は平和と民主主義を旗印に復興への道を歩み始める、東西冷戦、朝鮮戦争・ベルリンの壁崩壊と激しく変わる国際社会。講和、日米安保、55年体制の自社両党の攻防とその終焉、高度経済成長とバブルの崩壊。政党政治を軸に内政・外交に揺れた戦後の日本を追う。

  • 戦後の日本政治史
    つい最近までを網羅しているが、やはりこちらも23と同じく専門書に劣る出来は否めない

全2件中 1 - 2件を表示

戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)の作品紹介

戦後とはどのような時代だったのだろうか。敗戦、占領政治、そして新憲法が制定され、日本は平和と民主主義を旗印に復興への道を歩み始める。東西冷戦、朝鮮戦争、ベルリンの壁崩壊と激しく変わる国際社会。講和、日米安保、五五年体制の自社両党の攻防とその終焉、高度経済成長とバブルの崩壊。政党政治を軸に内政・外交に揺れた戦後の日本を追う。

戦後と高度成長の終焉 日本の歴史24 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする