クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回 (講談社学術文庫)

  • 86人登録
  • 3.79評価
    • (3)
    • (11)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 杉山正明
  • 講談社 (2010年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062920094

クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • 元々史書の習慣がない遊牧民のため「元朝秘史」など限られた文献しか残されていないモンゴル帝国。ゆえに破壊者の歪んだイメージが先行しがちだが、彼らの功績にスポットを当てる。

    いまの世界史の起源は東西を結び付けたモンゴルだと思うし、通商により世界を活性化させたのはチンギスでありクビライであろう。殺戮者という一方の見方の裏側を、被支配国からの視点で分析したのは面白い。

  • どうも興味がないみたい。

  • 啓蒙書のためか第一部「あらたな世界史像をもとめて」など頼りないほど粗っぽいが、これをこう書くためにはそれこそ目の潰れるほどの研鑽の蓄積があるのだろう。

    数年前に「チンギス・ハーン」に関する本を小説を含めて十数冊読んだが、それと相俟って面白かった。

    中国は「元」の時代を自国の歴代王朝の一つに組み入れているが、杉山は「大元ウルス」は中国を占領したモンゴル政権だという。

    全体として「南宋」「明」に対する筆が厳しい。

  • モンゴル帝国にして元朝の皇帝クビライの人物、あるいはモンゴル帝国の研究書。従来のモンゴル帝国にたいする再評価を迫る作品である。NHK『文明の道』第5週でモンゴル帝国が海上交通や駅伝網を重視し、緻密な行政システムを作り上げていた研究成果を示した。これに関する詳細な文献を探していたところ本書にたどりついた。モンゴル帝国に関してはヨーロッパからの評価を引き継ぐ形で今まで語られることが多く、野蛮な遊牧民族の側面、軍事的な側面ばかりに注目されてきた。しかし実際は「通商王国」ともいうべき交通の発展をもたらし、東西文化の結節の役割を果たし、「大航海時代」を準備したと結論付ける。著者の主張は明快でダイナミックに富む。今後もモンゴル帝国の国際性、行政システムに関する分析が待たれるところである。中学・高校日本史の授業においてもテーマ授業として取り扱いやすく、従来の歴史観を相対化させる題材として良いと思った。

  • 参考文献一覧が欲しかった

全6件中 1 - 6件を表示

クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回 (講談社学術文庫)の作品紹介

十三世紀初頭に忽然と現れた遊牧国家モンゴルは、ユーラシアの東西をたちまち統合し、世界史に画期をもたらした。チンギス・カンの孫、クビライが構想した世界国家と経済のシステムとは。「元寇」や「タタルのくびき」など「野蛮な破壊者」というイメージを覆し、西欧中心・中華中心の歴史観を超える新たな世界史像を描く。サントリー学芸賞受賞作。

クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回 (講談社学術文庫)はこんな本です

クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回 (講談社学術文庫)のKindle版

ツイートする