倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本 (講談社学術文庫)

  • 58人登録
  • 4.38評価
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 講談社 (2010年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062920100

倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本には古代の日本だけでなく、朝鮮、中国の周辺民族の記述も載っている。
    倭国の章だけ読み進めるのも充分あり。
    奈良、平安時代以前の、今とは全く異なった日本民族の姿がそこにはある。
    また、元王朝、その後の明王朝から見た日本の姿(外交姿勢)も必読。

  • [ 内容 ]
    古来、日本は中国からどのように見られてきたのか。
    金印受賜、卑弥呼と邪馬台国、倭の五王、「日出ずる処」国書、「日本」国号、朝鮮半島と動乱の七世紀、遣唐使、僧侶や商人の活躍、蒙古襲来、勘合貿易、倭寇、秀吉の朝鮮出兵。
    そこに東アジアの中の日本が浮かび上がる―。
    中国歴代正史に描かれた千五百年余の日本の姿を完訳する、中国から見た日本通史。

    [ 目次 ]
    「倭国伝」について
    後漢書(巻八十五・東夷列伝)
    三国志(巻三十・魏書三十・烏丸鮮卑東夷伝)
    宋書(巻九十七・夷蛮)
    隋書(巻八十一・東夷)
    旧唐書(巻一百九十九上・東夷)
    新唐書(巻二百二十・東夷)
    宋史(巻四百九十一・外国七)
    元史(巻二百八・外夷一)
    明史(巻三百二十二・外国三)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 中国正史における日本に関する記述と、いくつか東夷に属した国家に関する記述も納めてあります
    現代語訳についてはいくらか研究によっては意味の揺れている部分を断言していたりしている部分もありますが、概ね良い訳になっているように思われます
    本筋からは外れますが沃沮や靺鞨、夫余に関する記述が読めるのは貴重です

  • 中国の正史「二十四史」の中から『後漢書』『三国志』『宋書』『隋書』『旧唐書』『新唐書』『宋史』『元史』『明史』の9つに記された日本(倭国)伝を書き下し分・現代語訳・原文で載せているこの本は読みやすく、注釈も充実しているので幅広い読者層に対応しています。古代・中世史に興味を持つ人は手にする価値があるでしょう。当然の事ですが、中国からの視点のみなので日本側の文献と比較すると面白いです。新唐書あたりまでは他の本でほんの数行の抜粋に触れる程度、宋史以降は読むのは初めてだったので非常に新鮮で有意義な読書でした。

全7件中 1 - 7件を表示

藤堂明保の作品

倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本 (講談社学術文庫)の作品紹介

古来、日本は中国からどのように見られてきたのか。金印受賜、卑弥呼と邪馬台国、倭の五王、「日出ずる処」国書、「日本」国号、朝鮮半島と動乱の七世紀、遣唐使、僧侶や商人の活躍、蒙古襲来、勘合貿易、倭寇、秀吉の朝鮮出兵。そこに東アジアの中の日本が浮かび上がる-。中国歴代正史に描かれた千五百年余の日本の姿を完訳する、中国から見た日本通史。

倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本 (講談社学術文庫)はこんな本です

倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本 (講談社学術文庫)のKindle版

ツイートする