怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)

  • 75人登録
  • 4.09評価
    • (7)
    • (13)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 鹿島茂
  • 講談社 (2010年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062920179

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • いやー、こりゃすごい。
    ナポレオン三世の人となりだけでも十分に予想外の記述だけど、19世紀後半のフランス社会の変貌ぶりの記述がすばらしい。有名なパリ大改造にとどまらず、金融産業資本主義の誕生にバブル経済、貧民対策としての公団建築。
    特に金融に焦点をあてた章は面白い。利率を下げて投資を刺激した件はマクロ経済学のテキストに載っててもおかしくない。ソシエテ・ジェネラルが設立された経緯も興味深い。発券機能をめぐってのすったもんだも面白い。

    政治・外交に関しても、イタリア・ドイツの国民国家成立やクリミア戦争の展開、英仏の融和 などいろんなことに目配りされている。
    いや、たしかにこの時代の前と後ではフランス社会や外交の風景がガラッと変わったんだろうな、と思える本。

    次はナポレオン三世が範としたイギリス社会に関する本を読んでみよう。

  • 分厚い本ですが、短く区切られた構成と堅苦しさとは無縁な文章のおかげでちょっとの空き時間でも気軽に読める親しみやすさがあります。しかも時間を忘れてしまうほどの面白さ。ユゴーやマルクスなどのビッグネームにこきおろされたり、普仏戦争の惨敗が目立って後世に散々な評価を残したナポレオン3世ですが、この本を読むと「それなりに上手くやったトボけた味のおとっつあん」という印象を持ちます。もちろん看過できない失点もいくつかありますが、経済・産業政策では素晴らしい功績を残しています。ただこの人、女性関係があまりにも...

  • 幕末といえばフランスではナポレオン三世の第二帝政に相当する、ということで読み始める。正直、悔しいけどやられた……。面白いじゃないかナポレオン三世。

    これまでナポレオン三世についてはユゴーやマルクスのような左翼史観により、大ナポレオンの不肖の甥、滑稽でどこかカリカチュア的な愚物といった否定的なイメージが付与され、あまりまともには評価されてこなかった、という。だが、こういったある意味間違ったイメージを払拭し、正当な評価を下そうとの趣旨で書かれたのが本書である。確かに「産業皇帝」の異名にふさわしく、ナポレオン三世が実現した社会・産業分野での改革は、オスマン男爵のパリ大改造をはじめとして、その先見性もさることながら大いに評価されてしかるべしと思う。その墓所さえ未だに本国ではなくイギリスにあるというから、実に不当な扱いを受け続けてきた皇帝の運命を思うにつけ、なにやら哀れを催します。

    19世紀のフランス史について知識があったほうが、わかりやすいとは思うけれども、なくても基本的なところは理解出来るかと思う。文章は簡潔で、ユーモアに富む。譬えがいちいちおかしくて笑える。左翼言説の「水戸黄門性」って最高。

  • 全600ページに上る長い評伝だが、飽きさせない。文学者の鹿島氏が書いており、左翼史観に偏らず、産業皇帝として、フランスの近代制度の礎を築いた人物として、ナポレオン3世を正当に評価しようとしている所が勉強になる。なかでも、オスマンによるパリ改造、ペレール兄弟のクレディ・モヴィリエ(投資ファンド)、鉄道敷設、ロスチャイルドとの抗争、皇帝の発案による労働者慰労施設の建設や、労働者の集会を擁護する法律、関税クー・デタによる産業の育成、高級娼婦の暮らし、デパートの発展などはたいへん興味深い。モルリー公・ペルシニーを中心とした権力奪取の様相も面白い。ナポレオン3世は96%という大変高い得票で、「民主的」に皇帝に選ばれたのである。フランス革命は重要な歴史的事件であったが、右に左にゆれたフランスの歴史のなかで、民衆はいつも不幸であった。このなかにあって、「帝国とは平和である」というナポレオン三世の言葉は重い。普仏戦争で負けたときも、メンツを保つために、最後の突撃を進言する臣下を斥け、「私には兵士を殺す権利はない」といい、自ら捕虜となったところは、なかなか偉大な人物であったと思わせる。明治維新前後にフランスの皇帝だった人だから、渋沢栄一の銀行設立や、「坂の上の雲」の秋山好古の「馬術」にも関わってくる。ナポレオン三世は、日本の近代を理解するうえでも重要な人物である。

  • まあなんという振り幅の激しい人であったことか!
    あるときは慎重過ぎ、あるときは大胆過ぎ。
    どちらの場合も、成功と失敗があった。
    社会保障の先駆けやインフラの整備、パリの大改造等の
    功績は」素晴らしいけれど、同等にとんでもない事も多し。
    最後は捕虜になり、英国で余生を過ごす・・・あぁ怪帝!
    産業革命、旧新入り混じった政治情勢・・・加速する歴史に
    振り回されながらも、フランス最後の皇帝となった男の
    生涯を詳細に綴っている。
    女性関係もすごいもんだ!
    画像と不随する説明が多く、長文でもわかりやすい。
    なんといってもこの一冊で歴史とその当時の情勢がわかる。
    鹿島先生の渾身の一冊ですね♪

  • パリについての紀行文なら、鹿島茂氏が第一級。何より、詳しいし、文章も上手い。
    但しこの本は、筆者が少し構えて、研究者の側面を前に出した本格本。ナポレオン三世については、ちゃんとした本がないので、貴重な良書だ。以下別途

  • その生い立ちから、傍目には「無茶?」と見える振る舞いで権力奪取を目指してみて失敗し、やがて大統領となり、クーデタで皇帝となり、敗戦で廃されてしまうまでのナポレオン三世の歩みが本書には網羅されている。彼と行動を共にした、または対立した男達や、彼の人生を彩った女達に関する言及も多く、それぞれ面白い。更にナポレオン三世の強い望みを受けて、彼が抜擢したオスマンが推進した“パリ改造”に関する話題も、「ナポレオン三世の事を扱った本だったよな?」と一瞬思う程に詳しく綴られ、非常に興味深い…

    決して評価が高いでもない皇帝…しかし、「現代の基礎」を整えた側面もある、理想家肌な皇帝…非常に興味深い出会いということになった!!

  • 偉大な皇帝ナポレオンの凡庸な甥が、陰謀とクー・デタで権力を握った、間抜けな皇帝=ナポレオン三世。しかしこの紋切り型では、この摩訶不思議な人物の全貌は掴みきれない。近現代史の分水嶺は、ナポレオン三世と第二帝政にある。「博覧会的」なるものが、産業資本主義へと発展し、パリ改造が美しき都を生み出したのだ。謎多き皇帝の圧巻の大評伝。

  • 「伯父と甥」の酷評で知られる皇帝。
    マルクスの「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」に代表される歴史観で、馬鹿で無能で陰謀家で好色とされてしまった。しかし「皇帝民主主義」を掲げる彼は、今となっては「開発独裁」と考えると分かりやすい。
    (ちなみに、マルクスの前掲書は小難しくて厭味ったらしくて全部読めなかった。)
    日本だと幕末のあたりなので、幕末ものを読んでいると彼の名前がよく出てくる。しかし彼のことも、そのころのヨーロッパのこともよく知らないので、題名の小気味よさに惹かれて読んでみたけど、この時代は面白いな。近代の形がむき出しで、経済史でありながら、政治史や英雄譚的な歴史でもあり、イメージがしやすい。このあたりのことをもっと調べてみようと思う。

全10件中 1 - 10件を表示

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)の作品紹介

偉大な皇帝ナポレオンの凡庸な甥が、陰謀とクー・デタで権力を握った、間抜けな皇帝=ナポレオン三世。しかしこの紋切り型では、この摩訶不思議な人物の全貌は掴みきれない。近現代史の分水嶺は、ナポレオン三世と第二帝政にある。「博覧会的」なるものが、産業資本主義へと発展し、パリ改造が美しき都を生み出したのだ。謎多き皇帝の圧巻の大評伝。

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)はこんな本です

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史 (講談社学術文庫)のKindle版

ツイートする