心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)

  • 44人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高橋澪子
  • 講談社 (2016年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062923835

心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心理学の歴史というよりはヴントという人のことを書いた本、博士論文をそのまま出版しましたみたいなそれだけのような気がする。あまり面白くなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

高橋澪子の作品

心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)の作品紹介

人間は「心」をどのようなものと考え、その作用・構造をどう捉えようとしてきたのか。近代心理学の起源は、1879年ヴィルヘルム・ヴントによる心理学実験室の開設(ライプチヒ大学)の時点とされる。それは「心を対象とする科学」の宣言であった。その後19世紀末から20世紀を通して、心理学はその方法論や認識論に関するさまざまな「革命」を生み出しながら領域を拡大していくことになる。
では、19世紀後半の「始まり」を用意した思想的背景は何だったのか。また古代以来の西洋哲学史のなかで「心の問題」はどのように扱われてきたのか。
本書では、古代ギリシャのプシュケー・プネウマ論から中世霊魂論への変遷を概観し、近代の進化論、生理学研究の進展によって「心理学」が自然科学の一分野として自覚するようになるまでの思想的過程を眺望する。

心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)はこんな本です

心の科学史 西洋心理学の背景と実験心理学の誕生 (講談社学術文庫)のKindle版

ツイートする