テレヴィジオン (講談社学術文庫)

  • 34人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 藤田 博史  片山 文保 
  • 講談社 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062924023

テレヴィジオン (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本はハードカバー版をずっと前に図書館で読んだ。講談社学術文庫はジャック・ラカン文庫本2冊目だ。頑張ってどんどん出して欲しい。
    しかし改めて読んでみると、これは訳本としてはひどいところがある。「最良の入門書」(帯)と出版社側は言っているのに、訳者たちは真逆の姿勢で、無意味な衒学趣味にふけりきっている。
    なぜ、本文の中にいちいち編著の頁数を挿入しなければならないのか。それは原著に当たってみようという研究者でなければ、何の意味も無い。そして、常識外れの、「何でもかんでも仏語カタカナ表記によるルビ振りの嵐」。ラカン独特のキーワードをルビを多少振るくらいならわかるが、この訳本はなんでもかんでも付けているのだ。「それ」という語にもいちいち「サ」だのとルビを付けて、一体何の意味があるのか。ルビだらけで読みにくくて仕方がない。
    ラカンの薄っぺらい入門書だと思ってこれを手に取ったラカン学習者は、この壮絶で意味不明なルビの奔流に完全に混乱させられるだろう。
    この本をまともに読むなら、すべてのルビを完全に無視して、それに気を取られないよう、ルビ以外の文字を必死に追いかけるしかない。どうしてこんな苦行を読者に強いるのか。
    さてルビを無視して読むという風変わりな苦行を経て、内容を吟味してみると、訳本として以外は、なかなか良い本なのだ。
    『セミネール』シリーズの編集者であるジャック=アラン・ミレールがインタビュアーとなり、TVカメラの前でラカンにインタビューしている。
    ラカン思想の核心部分がストレートに語られており、確かに入門書として使える。とはいえ、やはりラカン、曲がりくねった変な言い回しや、どんどん話がわき道に逸れていく癖は健在であり、一筋縄ではいかない。
    ところどころ意味が取れないまわりくどすぎる文も出てくるが、これは訳者のせいではないかもしれない。
    それでも、「情動」一般について語っているところや、男女間に関する奇妙な言説など、とても興味深い部分がある。
    非常に薄い本なので、ルビを無視する苦労に集中力をさえぎられなければ、あっという間に読み終わることができる。
    なので、2回続けて読んだ。
    魂と思考、抑圧、ディスクール、カント批判などなど、確かにここから興味深いラカン・ワールドが見えてくる。短すぎるので、さらに奥深く進むことはできないけれども。
    とにかく無意味なルビの多すぎる本書が文庫になったことで、逆にラカンに対する日本の読者の拒絶反応が出てしまわないか心配ではあるが、講談社には是非、『エクリ』の新訳に取り組んでいただきたい。

全1件中 1 - 1件を表示

ジャック・ラカンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル フーコ...
ミシェル・フーコ...
マルクスアウレー...
ウィトゲンシュタ...
トマ・ピケティ
エティエンヌ・ド...
有効な右矢印 無効な右矢印

テレヴィジオン (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テレヴィジオン (講談社学術文庫)の作品紹介

1973年、フランス放送協会の要請を受けて、フランスの精神分析家ジャック・ラカン(1901-81年)は、テレヴィ番組に出演した。
「フロイトへの回帰」を唱え、パリの地で精神分析の中興の祖となったラカンは、当時すでに世界的に知られる存在だった。しかし、「想像界」、「象徴界」、「現実界」など、魅力的でありつつも理解するのが困難な用語の数々に示されているとおり、その思想は難解を極めるものであることもまたよく知られている。博士論文を除けば唯一の著作である『エクリ』(1966年)は、そう簡単に近づくことのできない巨峰である。そして、1953年から1980年まで行われた『セミネール』もまた、講義で語られた言葉の記録ではあるものの、容易な理解を許すものではない。
そんなラカンが、テレヴィ番組に出演し、愛弟子ジャック=アラン・ミレールの質問に答える。多岐にわたる質問がなされ、明晰で厳密な回答が返される。しかし、ラカンが語りかけているのは、あくまで一般の視聴者であり、その言葉は他では見られない平明さを帯びている。
工夫を凝らされた訳文を全面的に再検討した決定版である本書は、まさに最良の入門書である。ラカン思想の真髄をポケットに!

テレヴィジオン (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする