バロックの光と闇 (講談社学術文庫)

  • 29人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高階秀爾
  • 講談社 (2017年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062924641

バロックの光と闇 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バロックの意味とその芸術作品における表れ方を的確に分かりやすく解説されていて,頭の中を整理するのにぴったりの本.作品の写真もかなり掲載されていて非常に良かった.

  • 『バロックとは何か?』というテーマについて、主に絵画や彫刻といった視覚芸術をメインに解説されている。
    文庫版という判型では図版がどうしても小さくなってしまうので、パソコンで時々、画像検索をかけながら読むともっと楽しい。

全2件中 1 - 2件を表示

高階秀爾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ホルヘ・ルイス ...
シモーヌ ヴェイ...
ウンベルト・エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

バロックの光と闇 (講談社学術文庫)はこんな本です

バロックの光と闇 (講談社学術文庫)の作品紹介

「バロック」という言葉を目にして、何を思い浮かべるだろうか?
もともと「歪んだ真珠」、「いびつな真珠」を意味する形容詞として生まれた「バロック」という言葉は、「粗野な」、「劣った」、「価値の低い」というニュアンスを帯びて使われるようになった。しかし、その一方で、バッハに代表される「バロック音楽」や、サン・ピエトロ大聖堂前の広場に見られる列柱廊に代表される「バロック建築」など、雄大にして壮麗な作品群が「バロック」の名で呼ばれてもいる。
──では、「バロック」とはいったい何なのか?
パリのポンピドゥー・センターの建築から始まる本書は、西洋美術史研究の第一人者が、音楽や建築にとどまらず、美術、演劇、文学にまで及ぶ多彩な分野を、さまざまな時代にわたって縦横無尽に駆けめぐりながら、バロックの本質に迫っていく魅惑の旅の記録である。ジャンルとしての「バロック」でもなく、時代区分としての「バロック」でもなく、現代にまで至る全時代に見て取られるものとしての「バロック」を、無数の作品を渉猟しながら求めていった先には、現代こそバロックの時代である、という事実が浮かび上がる。
多数の図版を収録した原本に、さらに新たな図版を加えた決定版が登場!

バロックの光と闇 (講談社学術文庫)のKindle版

ツイートする