やぶへび (講談社文庫)

  • 196人登録
  • 3.29評価
    • (3)
    • (26)
    • (29)
    • (8)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 大沢在昌
  • 講談社 (2015年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062930154

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やぶへび (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女で仕事を失った元刑事の甲賀は、金の為に見知らぬ中国人女性と偽装結婚をした。数ヶ月後に警察か妻を保護していると連絡が入った。仕方無く引き取りに行くと戸籍上の妻は記憶を失っていた。
    身元を探す為に動き回るたびに、ヤクザやマフィアに付けねらわれる。果たして妻はどんな過去を持つ女なのだろうか。

    わかりやすいハードボイルドな本で意外性はありません。ある意味類型的な話です。でもこういうベタなやつ男は結構好きだと思う。助けた美人に惚れられるとかベタベタで楽しいです。

  • 恐らく初めてに等しいくらいの大沢在昌!一気読み。
    世の男性はこういう男性が理想なのか?こういう男性が女性にもてると思っているのか?
    本来のハードボイルドってもっと暴力的なのかも。
    女性が強い暴力シーン、女にめっきりだらしない男(元警察官)。
    中国マフィアと、日本の暴力団と、嫌ったらしい日本の警察。

    時間潰しに読み飛ばすには肩こらず良いかも。

  • 元刑事の甲賀はお金がないことから中国人との偽装結婚を請け負った。
    その書類上は妻となった相手が警察に保護され、甲賀に連絡が入る。
    厄介なことに、その妻は精神的なショックから記憶喪失になっているという。
    そもそも妻とは会ったこともなければ、何も知らない。
    まずはそれを調べることになったが…事態はとんでもない事件に繋がっていた!

    2017.1.22

  • 一気に読める愉しい作品。元警官の冴えない女好きの甲賀が形だけの結婚をした中国人女性李青珠の身柄引き取り要請を受け、その女性の背後の中国マフィアとやくざの騒動に巻き込まれる。

  • 中国人女性との偽装結婚の話。
    テンポも早くさくさく読めた。

  • 最初は丁寧に書いているのに、後になればなるほど、早く終わらせたいという気持ちがにじみ出てくる。最後は本当に急展開で幕が下りる。

  • 初・大沢さん。さくさく読める。この流れ方なら、いつか鮫シリーズを読もうかと。

  • 中国人女性と偽装結婚した元刑事が、戸籍上の妻の周辺で起こる事件に巻き込まれる。
    さすがはエンターテイメント界の大御所だけあって、テンポよく面白い作品でした。
    久しぶりに大沢作品を読みましたが、筆力は健在ですね。

  • 書き下ろしだそうで。

    そう言われると、何となくスピード感も感じられるし、すいすい読める。

    逆に言うと、あまり重厚感がない。

    まぁ、そういう内容の話だと言えばそれまでだけど。

    ちょっと不思議なキャラクターだ。
    強いのか、強くないのかよくわからないし、義理堅いのか、いい加減なのかもよくわからない。
    そこが不思議で魅力的なところでもある。

    ギャグっぽいところも、コントっぽいところも含めて、やっぱりちょっと不思議な話だ。

    「巻き込まれ型」としては、サラリーマン坂田のシリーズ物と通じるものがある。

  • 中国人との偽装結婚。
    元警察官であった甲賀は、
    杜英淑に偽装結婚を依頼される。
    偽装結婚あいての 李青珠が 警察に保護される。
    そして、逆行性健忘症 記憶喪失になっていた。

    そのオンナは、きりりとして、背が高く、武術にも長けていた。
    記憶が徐々にもどってくる。

    しかし、李青珠は、替え玉がいた。
    一体李青珠とは、誰なのか。
    武術大会で優勝したことで、実名が分かる。
    そのオンナは、上海なまりで、
    どんなつながりがあるのか? 
    上海のボス 老大 が殺される。
    引退しようとしている老大をなぜ殺すのか?
    殺したのは、誰なのか?殺す理由は?
    そして、偽装結婚をする意味はなぜ?

    スリリングな展開。
    「へび」が 重要なキーワードとなる。
    やぶをつついて 何がでてくるのか?

  • 相変わらずの一気読み。この手の
    楽しい話しが好きです。

  • 面白い、一気に読んでしまった。
    元警官ということだが、本当かと思わせるところがいくつか...
    夫婦2人の今後の活躍に期待したくなります。

  • 秋だけど「夏ミス2015」って帯がついて置いてあったので買ってみた。
    面白かった。

  • 展開が速く、面白い。
    個人的には、非常に好きな作品。
    もっと評価されてもいいのになあ・・。

  • テンポのいい作品で、あっという間に読み終わった。
    冴えない男と、どこかコミカルな展開で、気軽に読める一冊。

  • 元刑事が記憶喪失の中国人の偽装妻に絡むアクション

  • 相変わらず読みやすく、スラスラ読めました。

  • なかなかテンポよく読めた

  • 2015/2/20
    偽装結婚した元刑事が、会ったことない妻の身元引受人になったとこから様々な事件に巻き込まれていく。ストーリーはありきたりな感じで次から次へと重要人物が現れていき徐々に真相が明らかになる。全体的にセリフが多く一種の2時間サスペンスを見てるようで読みやすかった。ただ、物語が薄っぺらく、どんでん返しもなくハラハラがなく終わる活劇のようであった。

  • 中国人との偽装結婚。何事も無く終わらず、とんでもないことに‥‥。ホントに元刑事???

  • 大沢在昌のパターンの一つですな

  • 一気読みした。(=^・^=)

  • 大沢さんのドタバタ物とハード物の中間を行くような作品。
    偽装結婚した相手の中国人女性が警察に保護されたとの連絡があったことから始まり、女性の素性を探るうち事件に本格的に巻き込まれ、やぶからへびが出るまでのジェットコースターノベル。

全24件中 1 - 24件を表示

やぶへび (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やぶへび (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やぶへび (講談社文庫)の作品紹介

元刑事を待つ見知らぬ「妻」はいったい何者なのか? 妻と共に調べ始めると、驚愕の出来事が次々と出てくる。弾丸エンタテインメント

やぶへび (講談社文庫)はこんな本です

やぶへび (講談社文庫)の単行本

やぶへび (講談社文庫)の新書

やぶへび (講談社文庫)のKindle版

ツイートする