駅物語 (講談社文庫)

  • 319人登録
  • 3.47評価
    • (12)
    • (35)
    • (47)
    • (5)
    • (3)
  • 42レビュー
著者 : 朱野帰子
  • 講談社 (2015年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062930376

駅物語 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京駅に駅員として就職する、若き女性若菜直の物語。

    こういう話は嫌いじゃないのですが、
    なんか、こんな奇跡が続くのは出来すぎじゃないのかと。

    それを差し引いても、ページをめくる手はとまりませんでした。

    駅員さんの仕事に頭が下がります。
    仕事へのプライド。妥協のないプロの仕事。
    事故や天候で遅延しても、
    駅員さんに不安をぶつけるのはやめようって思います。

    特に直の同僚のゆかぽん、格好良かったです☆
    変なことわざのたとえも、ツボでしたし。

    東京駅だからこその、さまざまな利用客の物語も
    全部全部目が離せませんでした。

    直の駅員スピリットが、輝く終わり方が好きです。

    この本にも書かれている通り、
    どんどん機械化して、人間の駅員さんは削減されていくのでしょうか?

    人間だからこその、気遣い、心配り。
    ぬくもりがない駅なんて魅力ないと思いますけどね…。

  •  若菜直は、大学を卒業して駅員として就職した。働くのは東京駅。
     社内でもトップで入社したが、総合職ではなく、現場の駅員である。東京駅勤務となった。
     同期入社の犬塚、同い年だが先輩の橋口由香子、藤原一成などと同僚として東京駅で働き始める。
     直の弟は、病弱だが電車が大好きで、直と電車で出掛けるときはいつも先頭車両から夢中になって見ていたくらい。その弟のことも直に影を落としているようで。

     東京駅のなかの仕事や、鉄道員のそれぞれの心情が感じられました。現場の叩き上げで働く側の人、本社の管理職の立場の人。
     登場人物たちの成長の物語ですが、鉄道をめぐって、都市の様々な人の問題なども感じられました。

  • 若干冒険活劇的なところもあるけど
    駅で繰り返される出来事を考えると、日常でも十分ありうる事件。
    日常を粛々と紡ぎだすことの大事さ、大変さが伝わってきます。

    駅員という仕事の描写の細かさもすごいけれども
    職場の人間関係の描き方は秀逸だと思います。
    同い年の先輩で、勉強はできないけれど仕事はできる とか
    学歴ばっかり見る上司 とか
    一番はやっぱり、松本さん!
    読み始めでは、よくいる事なかれ主義上司か~という印象やけど、実は。。
    「部下を守ること」を一番に据えてくれる上司って、今なかなかすくないんじゃないでしょうか

    「駅員を夢見ることはなかった。それが現実。
    でも、私は、今の自分がとても好きだ。それでいい。
    現実はいつかきっと、誰かの夢と接続する。」

    最後の最後、いい言葉です。
    こんな心持で、今日も仕事がんばります。

  • 書名からは、勝手に「駅を利用するいろんな人たちのドラマ」を想像していた。ここまで真剣に鉄道員を描いているとは…がつん、と来た。

    ひとりひとりのエピソードよりも、駅員、車掌、運転手といった現業職が抱える仕事の重みと苦しみにひきつけられた。内容はかなり深刻だが、描かれている人たちの言動が自然に心に吸い込まれていって、一気に読み終えていたのには自分でも驚いている。鉄道に興味があろうがなかろうが、この物語は人の心のどこかを必ず揺らすに違いない。

    抱えているものの重さから自分を守るためには、逃げるのもありだと思う。逃げなくてはいけない時は、必ずある。でもずっと逃げ続けるだけでは、生きていることの喜びには出会えない。勝手にそんなメッセージを読み取った。

    駅では死なせない…だったか。主人公・若菜の一言が強く心に残っている。職場だからでも仕事だからでもないような気がする。若菜にとって、駅はもっと重い…それゆえに神聖な場所だからだと思うのだ。本人が自覚しないままに、ではあるが。

    実は…叔父がJR東海の新幹線・新大阪駅の助役のひとりだった。ぼろぼろになって定年を迎えた叔父を見れば、この物語が誇張に満ちた虚構ばかりではないと信じられる。

    なにひとつ自分に重なるものがないのに物語に入りこんでしまった、私にはレアな作品である。

  • 裏側の話を読んだら現実にも興味がわいてくる不思議。
    とりあえず駆け込み乗車はなるべくやめたいと思う。
    なるべく。

    藤原さんがとてもすき。

  • 東京駅で働くことになった新人の話。鉄分多量。電車の運転手というのは昔も今も鉄な男の子の将来の夢だったりするけれど、運転手も車掌も駅員も、現実はそんな生易しいことではない。おそらくどんな職場でも新人は打ちのめされながら成長する。子どもの頃からなんとなく仕事が見えているように思えている業務だからこそ、ギャップは大きいかも。そしてある目的を持っていた主人公も、揺れ動きながら毎日が戦い!

  • 行き交う人々には物語があって、他の人から見たら私も行き交う人々のひとり。当然なのに、なんだか不可思議。

  • 駅や駅員さんの見方が変わる小説。

  • 本書に登場する首都圏通勤線は、中央線だと思う
    。私はその中央線沿線にここ何年か住んでいて、電車で出かける時はお世話になっているし、東京駅から乗り換える事もよくあるので親近感が湧いた。今まで駅員さん=駅にいる人。ぐらいにしか思ってなかったけど。すごく色々な業務があるんだなぁって。そして、駅員さんそれぞれにドラマがあって、駅にやってくる乗客にもまたドラマがあって。駅って、それぞれのドラマを抱えた人達が交差する駅という名前の舞台なんだね。

  • 月が変わる直前の“駆け込み”読了。実在の駅を舞台にしているのに、会社や路線名は架空という仕立て。東本鉄(東本州旅客鉄道)などには仕舞まで馴染めなかった。登場人物も「そんな駅員はいないでしょ」というような設定。テレビドラマの脚本のようだ。鉄道という仕事の嫌な面だけを軸に据えた物語は、それが現実であろうと読む方は辛くなる。だからこそのフィクションだと思えなくもないが……

全42件中 1 - 10件を表示

朱野帰子の作品

駅物語 (講談社文庫)に関連するまとめ

駅物語 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

駅物語 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

駅物語 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

駅物語 (講談社文庫)の作品紹介

偶然と偶然が接続し、奇跡が生まれる場所――駅。新人駅員・若菜の日常は驚きに満ちていた。行き交う人の数だけ駅には物語がある。

駅物語 (講談社文庫)のKindle版

駅物語 (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする