超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

  • 949人登録
  • 3.95評価
    • (83)
    • (179)
    • (75)
    • (12)
    • (1)
  • 126レビュー
著者 : 土橋章宏
  • 講談社 (2015年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062930635

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 笑いあり涙あり、どきどきしたりわくわくしたりしんみりしたり、飽きない一冊でした。読後の爽快感もいい!

  • ストーリーもテンポ良く進んで、あっという間に読めてしまう小説でした。

    上に立つ者こそが下の者を気に掛ける。
    そんな人だからこそ本当の忠誠心がうまれる。

    誰かのために、は双方向にあって成り立つものだと思う。
    というか、一方があれば必ずもう一方があって返ってくるものだと思う。

  • 脚本用に書かれた作品の小説版。コミカルタッチの中にも、グットくる場面が随所に。この世の中で本当に大切な物は何かをストレートに表現してくれている痛快小説。

  • 映画を見て面白かったので本も読んでみた。
    もともとは映画の脚本として受賞したものを、同じ著者が小説化した作品らしい。
    東北の弱小藩が幕府から難癖をつけられ、急遽五日以内に江戸に参勤せよと命じられた。行かねば藩はとり潰し。普通に大名行列で行けば急いでも八日はかかる道のりを、どのようにしてたどり着くのかという道中記。
    流れは映画と同じで、次々に襲いかかる困難とそれを乗り越える知恵と行動力が波瀾万丈で楽しい。
    映画との違いは、段蔵の背景や心理がしっかり書き込まれていて第二の主人公みたいになっているのと、江戸城に着いてからの一波乱。琴姫の活躍はまあ映像では無理かも。
    時代小説と構えなくても読みやすく、映画と同じくしっかりしたエンターテイメントである。

  • 映画も見たがあちらは娯楽そのもの。
    こちらは当然ながら内容が濃く、考えさせられる内容だった。両方試して見る価値あり。

  • 初めて読んだ「土橋章宏」作品。
    会社の先輩からオススメされて手に取った。
    第37回城戸章受賞作品。
    また、同名映画にて第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、また第57回ブルーリボン賞を受賞。

    勧善懲悪もの。
    時代劇物はあまり得意では無かったが、これはかなり読みやすかった。

    笑いあり、涙あり、とても良い作品だと思う。

    脚本としての作品が先行した内容のため、純粋な「小説」という印象は薄いかもしれない。
    動きがある作品なので、かなり映像映えはしそうな印象。
    映画も見てみたいと思う。

    <印象に残った言葉>
    ・ まさに地獄よ。だがな、一日一日と…その日だけは、と思うて暮らしておるうちに慣れた。晴れれば、それは良い日。磐城の海を見られれば、それは良い日。うまい大根の漬け物を食べられれば良い日。小さなことを積み重ねた。そうするうちに友も出来たのだ。(P151 内藤政醇)

    ・ 立派すぎます…すいません、無理かも…(P191 お咲)

    ・ ふう! 信濃のさけはたまらぬなぁ(P331 雲隠段蔵)

    ・ 我が算盤に狂いなし(P347 相馬兼続)

  • 魅力的な藩主とその家臣たち。わかりやすい勧善懲悪は読後感スッキリで良かった。リターンズも手元にあるけどさらりと読めそう。楽しみ。

  • ◆なりふりかまわないカッコよさ!◆
    5日以内に参勤交代!教科書で習った「参勤交代」がこんなに笑えるなんて、歴史って思いの外ツッコミどころ満載なのかもしれない。無理難題を強いられた殿が、藩の存亡や民のために走る!愛すべき殿のために家臣が走る走る!こんなリーダーが今の日本にいたら…。
    また、登場人物が皆、超魅力的でキャスティングも気になるところ。映画もこだわりポイント多々あり、初めての時代物にいかがでしょう?リターンズも概ね好評!

  • 超高速で読めます。
    後半はかなりリアリティに欠ける無茶ばかりで突っ込みたいところが多かったが、元々映画のシナリオ向けの話なので、細かいところは気にしたら負け、なんですかね。

  • 松平信祝のいじめっぷりが心に残った。内藤政醇の純情ぶりも、あそこまでいけば憎めない。

  • 映画と随分と違うもんでびっくり

  • 老中の謀略により、5日以内に江戸に参勤することになった磐城湯長谷藩。刻限に間に合わなければ藩が取り潰されてしまう。時間もお金もないなかで、知恵と勇気を振り絞って難題に挑む。

    映画を先に観たのでストーリーはわかっていたが、おもしろく読むことができた。戦闘シーンにおいては映画以上の迫力と緊張感があり、また登場人物の内面が丁寧に描かれている。

    2014年、映画化(主演:佐々木蔵之介)。

  • スリルとサスペンスあり。
    アクションシーンも、盛りだくさん。
    藩主内藤政醇の人情に篤い人柄。
    あたふたする藩士たちの姿の可笑しさ。
    勧善懲悪の爽快感。
    おまけにお色気シーンまで。
    エンターテイメントひ必要な要素が、これでもか!というくらい詰まった小説。
    何か嫌なことがあった時、読みたい小説。

  • 超高速で読み終えた。

  • 金山疑惑で5日で参勤交代、老中松平信祝の野望、刀は竹光、わずか8名の大名行列、東国一の忍び段蔵、二手に、飯盛女のお咲、“金時様が立ち上がらない”、野党と迷子、殿と瓜二つの妹琴姫の奇策、信祝のその後と磐城の土…映画化。湯長谷藩が強すぎる。

  • <印象に残った言葉>
    ・弱くなければ、人の世を生きるとは随分とつまらぬものではございませぬか

    <感想>
    参勤交代という切り口の小説は珍しいと思い、手に取った。民に寄り添う人間臭い城主と、そんな城主を慕う家臣たちが無理難題を乗り越えていく様子は、ややとんとん拍子な感じはするが爽快だった。各登場人物の葛藤を描写することで、生き様がよく伝わってきた。

  • 笑いあり。シリアスあり。面白かった。
    これは映画の帯つきの方がいいな。
    “お金がない!人手がない!時間がない!さてどうする?”
    読みたくなるわ。


    タイトル通り参勤交代をするのですが5日で江戸まで来いと言う。我らが湯長谷藩は東北の小藩で屋根の修繕も覚束ない貧乏藩。急に大名行列をしろと言われてお金も人手もないし、普通に江戸まで行けばどんなに急いでも8日はかかる。
    無理難題をふっかけて藩の取り潰しを謀る老中の思い通りになってなるものか。
    知恵を絞り、忍者の手を借り、最後は武力と体力で切り抜ける。
    荒唐無稽なドタバタコメディでありつつ、時々登場人物のシリアスな過去が明かされさらに人物に愛着が湧く。
    藩主・内藤政醇はこれぞ上司にしたい男No1といった感じの好人物。知恵者の家老・相馬を筆頭に槍の名手、弓の名手など腕っぷしの強すぎる家臣たちも個性的で魅力がある。
    彼の藩だからこそこの難題を切り抜けられたと言えるだろう。
    時代小説特有の言い回しや事柄も少なくて時代小説を読み慣れてない人にもおすすめ。



    悪だくみを謀った老中はいなくなり、これで一件落着のはずなのにリターンズが発売された。
    帰るだけなのに本一冊分の何やかやがあるの…?
    気になるじゃん。買うわ。

  • あまり面白くなかった。

  • さすが、評判に違わぬ面白さだった。

    大筋としてはとにかくベタで、重松清か有川浩もかくやという人情話なわけだが、タイトル付けも含め、時代劇にこの設定を持ち込むという着想がまずすごい。
    そして奇想がウリの創作物にありがちな、"それだけ"、つまりアイディア一発勝負に終わることなく、随所に技を散りばめながら、最後まで題名通りの疾走感を高いレヴェルで保っているのが素晴らしい。
    言葉の選択も本当に巧みで、おそらくは膨大に備えているであろうヴォキャブラリーの中から、ペダンティックな自己陶酔に陥ることなく、まさに適切としか言いようがない絶妙な表現を繰り出していると思う。
    クライマックスに掛けての煽り方もこれまた実に手練れており、政醇と吉宗のダイアローグシーンでは目頭が熱くなってしまった。

    ただ一点、お咲の拷問の下りの描写をあそこまで具体的にする必要があったのかね、と疑問に感じた。
    作品全体を覆うトーンと比してもいかにもそれは不釣り合いで、ここだけは他の手法を採ってほしかったと思う。

  • 献本ありがとうごさいます。

    参勤交代の常識を覆す超高速。
    いかす題名。
    読むスピードも読みやすく超高速で読める。
    時代小説だが文章は現代風なのでスラスラ進む。
    参勤交代はなかなかスラスラ進まないけど。
    色々な要素が詰め込みつつ、わかりやすい話にまとまってる。
    吉宗が男前。

  • 全てが丸く収まり、爽やかに気持ちがすうっとする物語。
    まず解説にもあったが、タイトルが良いと思う。期待して読み、良い意味での期待の裏切りに胸が熱くなった。
    脚本から産まれた小説というだけあって、映画を見ているが如く頭に映像が浮かんでくる。
    参勤交代ってこんなにもスリルに溢れたものだったんだな…
    このセリフがとても好き。
    「我が算盤に狂い無し」

  • 時代小説の義理人情にこんなにも心揺さぶられるのは日本人として生まれたからかな。飢饉で窮地の藩を率先して助け、民と語らい家臣を信じる。その姿に東国一の忍びの心をも溶かした藩主政醇は湯長谷の誇りでしょう。皆の前では弱さも見せず熱き想いを抱いたヒーローのようだけど、彼には辛い過去があり、そのトラウマを抱えています。また妻とはうまくいかず、道中で知り合ったお咲が争いに巻き込まれたと知れば忍びである段蔵のまえで取り乱したりもします。そんな人間らしい面も描かれていて完璧な人ってわけでもないのだなぁと逆に好ましかったです。
    段蔵の最期は忍びとしてはあっぱれなもので、本人にとっても〝死んでも死なない〟という悟りの境地に辿り着いたものだけど、政醇にとっては生きていてほしかったと無念の思いでいっぱいでした。家臣たちも同じ気持ちでしょう。段蔵のことを、彼とともに戦ったことを忘れないでいてくださいね。それが皆の心のなかで段蔵が〝死んでも死なない〟生き続けていくことだと思うのです。
    そしてそして相馬さま、いろんな知恵とそろばん技お疲れ様でした。。。

  • 最初は笑える本だと思ってた。
    ほんと、くすくす笑いながら読むところも多かったし…。
    でも、最後はハラハラしてイラっとして、うるっとして、すっきりした。
    国を…というか、なんでもだろうけど、上に立つような人は、ほんとに人を大事にしないといけないと思った。なんでも、人なんだ。人を大事にしないところは廃れる。
    人と人との信頼関係というか、そういうのが本当に大切というのが、滲み出ている本だった。
    政醇のような人にはついていきたい!!!って思うなー

全126件中 1 - 25件を表示

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)に関連するまとめ

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)のKindle版

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする