超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

  • 960人登録
  • 3.94評価
    • (83)
    • (183)
    • (76)
    • (13)
    • (1)
  • 134レビュー
著者 : 土橋章宏
  • 講談社 (2015年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062930635

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 勧善懲悪なのはわかっているけど、ところどころほろりとする、さくっと読めて痛快、移動中に読みましたがおもしろかったです。
    映画も見てみたいですね。

  • 結構、おもしろい!
    いかに短い時間で、江戸に着くかをお金ではなく、知恵を絞った道中と最後は一家総出の対応は素晴らしい。 しかも水戸藩、仙台伊達藩の援助もナイスでした。
    直ぐ続きに行ってます。

  • 気軽に読めるエンタメ歴史小説。
    金なし、人なし、時間なし!
    追い込まれた貧乏藩の活躍を映画を観ている感覚で楽しめた。

  • 笑いあり感動あり、ハリウッド映画のようなエンディング・・・面白い小説でした。まだ映画を見ていないので、早く見てみたい。

  • 2017.4.11読了 36冊目

  • 湯長谷藩の領主内藤政醇は江戸老中の陰謀により最速の参勤交代をする事になる。家老と知恵を絞り、東国一の忍び段蔵の助けを借りて江戸へ向かうが公儀隠密の妨害により様々な試練を受ける。道中で知り合ったお咲との淡い恋あり、段蔵の過去の話しありでぐいぐい読み手を惹きつける。読後に人と人との繋がりと他人を思いやる気持ちの大切さを深く感じる。

  • 高速で読めた。最後まで飽きず、物語が展開していった。正義が勝つ爽快感が心地よい。

  • 笑いあり涙あり、どきどきしたりわくわくしたりしんみりしたり、飽きない一冊でした。読後の爽快感もいい!

  • ストーリーもテンポ良く進んで、あっという間に読めてしまう小説でした。

    上に立つ者こそが下の者を気に掛ける。
    そんな人だからこそ本当の忠誠心がうまれる。

    誰かのために、は双方向にあって成り立つものだと思う。
    というか、一方があれば必ずもう一方があって返ってくるものだと思う。

  • 脚本用に書かれた作品の小説版。コミカルタッチの中にも、グットくる場面が随所に。この世の中で本当に大切な物は何かをストレートに表現してくれている痛快小説。

  • 映画を見て面白かったので本も読んでみた。
    もともとは映画の脚本として受賞したものを、同じ著者が小説化した作品らしい。
    東北の弱小藩が幕府から難癖をつけられ、急遽五日以内に江戸に参勤せよと命じられた。行かねば藩はとり潰し。普通に大名行列で行けば急いでも八日はかかる道のりを、どのようにしてたどり着くのかという道中記。
    流れは映画と同じで、次々に襲いかかる困難とそれを乗り越える知恵と行動力が波瀾万丈で楽しい。
    映画との違いは、段蔵の背景や心理がしっかり書き込まれていて第二の主人公みたいになっているのと、江戸城に着いてからの一波乱。琴姫の活躍はまあ映像では無理かも。
    時代小説と構えなくても読みやすく、映画と同じくしっかりしたエンターテイメントである。

  • 映画も見たがあちらは娯楽そのもの。
    こちらは当然ながら内容が濃く、考えさせられる内容だった。両方試して見る価値あり。

  • 初めて読んだ「土橋章宏」作品。
    会社の先輩からオススメされて手に取った。
    第37回城戸章受賞作品。
    また、同名映画にて第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、また第57回ブルーリボン賞を受賞。

    勧善懲悪もの。
    時代劇物はあまり得意では無かったが、これはかなり読みやすかった。

    笑いあり、涙あり、とても良い作品だと思う。

    脚本としての作品が先行した内容のため、純粋な「小説」という印象は薄いかもしれない。
    動きがある作品なので、かなり映像映えはしそうな印象。
    映画も見てみたいと思う。

    <印象に残った言葉>
    ・ まさに地獄よ。だがな、一日一日と…その日だけは、と思うて暮らしておるうちに慣れた。晴れれば、それは良い日。磐城の海を見られれば、それは良い日。うまい大根の漬け物を食べられれば良い日。小さなことを積み重ねた。そうするうちに友も出来たのだ。(P151 内藤政醇)

    ・ 立派すぎます…すいません、無理かも…(P191 お咲)

    ・ ふう! 信濃のさけはたまらぬなぁ(P331 雲隠段蔵)

    ・ 我が算盤に狂いなし(P347 相馬兼続)

  • 魅力的な藩主とその家臣たち。わかりやすい勧善懲悪は読後感スッキリで良かった。リターンズも手元にあるけどさらりと読めそう。楽しみ。

  • ◆なりふりかまわないカッコよさ!◆
    5日以内に参勤交代!教科書で習った「参勤交代」がこんなに笑えるなんて、歴史って思いの外ツッコミどころ満載なのかもしれない。無理難題を強いられた殿が、藩の存亡や民のために走る!愛すべき殿のために家臣が走る走る!こんなリーダーが今の日本にいたら…。
    また、登場人物が皆、超魅力的でキャスティングも気になるところ。映画もこだわりポイント多々あり、初めての時代物にいかがでしょう?リターンズも概ね好評!

  • 超高速で読めます。
    後半はかなりリアリティに欠ける無茶ばかりで突っ込みたいところが多かったが、元々映画のシナリオ向けの話なので、細かいところは気にしたら負け、なんですかね。

  • 松平信祝のいじめっぷりが心に残った。内藤政醇の純情ぶりも、あそこまでいけば憎めない。

  • 映画と随分と違うもんでびっくり

  • 老中の謀略により、5日以内に江戸に参勤することになった磐城湯長谷藩。刻限に間に合わなければ藩が取り潰されてしまう。時間もお金もないなかで、知恵と勇気を振り絞って難題に挑む。

    映画を先に観たのでストーリーはわかっていたが、おもしろく読むことができた。戦闘シーンにおいては映画以上の迫力と緊張感があり、また登場人物の内面が丁寧に描かれている。

    2014年、映画化(主演:佐々木蔵之介)。

  • スリルとサスペンスあり。
    アクションシーンも、盛りだくさん。
    藩主内藤政醇の人情に篤い人柄。
    あたふたする藩士たちの姿の可笑しさ。
    勧善懲悪の爽快感。
    おまけにお色気シーンまで。
    エンターテイメントひ必要な要素が、これでもか!というくらい詰まった小説。
    何か嫌なことがあった時、読みたい小説。

  • 超高速で読み終えた。

  • 金山疑惑で5日で参勤交代、老中松平信祝の野望、刀は竹光、わずか8名の大名行列、東国一の忍び段蔵、二手に、飯盛女のお咲、“金時様が立ち上がらない”、野党と迷子、殿と瓜二つの妹琴姫の奇策、信祝のその後と磐城の土…映画化。湯長谷藩が強すぎる。

全134件中 1 - 25件を表示

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)に関連するまとめ

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)のKindle版

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする