子規、最後の八年 (講談社文庫)

  • 33人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 関川夏央
  • 講談社 (2015年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062930802

子規、最後の八年 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「坂の上の雲」の拡大版といったところか。子規を巡る人々を描く。
    晩年の病床に横たわり自分の死期が近いのを覚悟して、残された日を独自の俳句や和歌論を展開していく。とことん子規という人物を突き詰めていく。

  • とても丹念な仕事。それだけに病気の記述が切ない。子規と虚子の関係もわかりました。それにしても、こうして書いているこの文章も子規らのおかげなんですねえ。

  • 二十八歳で脊髄カリエスを発症し、三十五歳で逝った正岡子規。激痛に耐えながら、新時代の言語表現を追求する彼の病床には、漱石・虚子ら多くの友が集った。そしてその濃密な晩年は、現代日本語の書き言葉を完成させる道程でもあった。命尽きるまで情熱を燃やした子規の功績を辿る、近代日本文学史の労作。

全4件中 1 - 4件を表示

子規、最後の八年 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子規、最後の八年 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

子規、最後の八年 (講談社文庫)の作品紹介

二十八歳で結核を発症し、三十五歳で逝った子規。近代日本の文芸表現の道筋を決めた、その濃密な晩年を描く。

子規、最後の八年 (講談社文庫)はこんな本です

子規、最後の八年 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする