第四権力 巨大メディアの罪 (講談社文庫)

  • 72人登録
  • 3.17評価
    • (3)
    • (3)
    • (13)
    • (5)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 高杉良
  • 講談社 (2015年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931007

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

第四権力 巨大メディアの罪 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 天下りではない初のプロパー社長候補。が、パワハラ、セクハラのいわくつきの男。一方で人望は厚いが押しの弱い副社長候補。悲願のプロパー社長になるのはどちらか?社内政治はどこでもあるだけに、リアルに重なるシーンがあり過ぎました。。。そしてサラリーマンってまだまだ男社会。

  • 登場人物に筆者の鬱憤を喋らせてるだけの様な気がする。

  • おもしろかったんだけど、この業界にあまり興味がないのと、ちょっとスピード感がいまひとつだった印象。

  • なんだかよくわからない・・・

  •  第四権力とは、司法、立法、行政に次ぐ国家権力ということ。最近のテレビはだらしがないので、そこまでの影響力があるかどうかはわからないが、いち企業でありながら放送権を独占し、少ない人数で莫大な利益を稼ぎ出している。放送内容は各局に委ねられ、その良し悪しは視聴率でのみ判断される。かなり特殊な世界だ。
     しかし、華やかな世界の裏側で、トップの座をめぐってのどろどろとした人間模様が存在するのは他の企業とまったく変わらない。この作品のモデルと思われるテレビ朝日は、朝日新聞との確執に汲々としてる様子を描いているが、フジテレビもまた1992年にフジサンケイグループの鹿内宏明氏を解任し、生え抜きプロパーの日枝久氏が社長の座についたという経緯がある。以来日枝氏はいまだ代表権を手放さず、人事にも大いに影響を与えている。(社長は誰がなっても傀儡に過ぎない。)
    フジは日枝氏が辞めないかぎり、低迷から抜け出せないでしょう。
    作中、主人公藤井が中期経営改革案を提出し、評価を得るというくだりがあるが、給与体系の見直し、下請け制作会社との格差を縮めるという考え方に、会社が前向きになるというだけでもテレビ東日には未来がある。
    しつこいようだが、フジには社員の給与に手をつけるのは最後の砦と思っているフシが見られる。救いようがない。

  • 結末がちょっと自分には難しかったけどおもしろかった。

  • 「大企業の人事抗争」というような物語である他方、現在の“報道番組”の姿が形成される中で“契機”となった「あの番組」の登場を巡る挿話も引かれ、何か「“マスメディア”が“第四権力”という座を確立していく経過」が“人事抗争”や、渦中で出会った男女のロマンスと対比されるような具合に物語が進行する。

    近所の書店で入手して読み始め、旭川に出た際に往路の車中で読了した一冊であるが…「名状し悪い、“昨今の風潮”が形成された、“近い過去”を振り返る」というような興味深いものが在った…

  • 「常軌を逸した女子アナ好き」と書かれ るような男が生え抜き初の社長でいいのか。“ニュースショー”を成功させ、視聴率で「四冠王」も夢ではないと胸を張るテレビ局も内実は醜聞まみれだった。批判精神をなくした組織は公器たりうるのか。大逆転を狙って、一組の男女が奔走する。息もつかせぬ経済小説の力作!

全11件中 1 - 11件を表示

第四権力 巨大メディアの罪 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

第四権力 巨大メディアの罪 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

第四権力 巨大メディアの罪 (講談社文庫)の作品紹介

「報道」の部門で急成長を遂げたテレビ局の社長交代劇。親会社である新聞社以外で初のプロパー社長候補は、いわくつきの人物だった!

第四権力 巨大メディアの罪 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする