最果てアーケード (講談社文庫)

  • 646人登録
  • 3.82評価
    • (36)
    • (67)
    • (49)
    • (5)
    • (2)
  • 67レビュー
著者 : 小川洋子
  • 講談社 (2015年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931021

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

最果てアーケード (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 切ない。百科事典の話は日本語のアイウエオが使われてるけど、断然海外のアーケードのイメージしかない。

  • 不変の小川ワールド。
    ただただ静か。
    雑用係のお祖父さんの手紙、遺髪レースの赤ん坊のところは、ほろっときた。
    最後のお父さんの焼死から見えてくる物語の構造。結構、入り組んでいる。

  • ★4.0
    至るところに死の影が付き纏い、語り部の“私”がいる今ですら、夢か現か幻か分からない。そんな寂しげで少しホラーちっくな雰囲気が漂っているけれど、どことなく優しく懐かしく安堵をも感じる不思議な内容。そして、使用済みの絵葉書、義眼、ドアノブ等々、アーケードに並ぶ店舗は一風変わった品を扱う店舗ばかり。が、大半の人が不要と判断するものでも誰かにとってはかけがえのないもので、自分にとってのかけがえのないものは何だろう?とふと考えてしまう。それはそうと、無性にRちゃんが大好きだった百科事典を読みたくなった。

  • 世界でいちばん小さなアーケード。そこに並ぶお店と客を描きながら紡がれる物語。使い古しのレースの端切れを売る店の客は、劇場の衣装係さん。この衣装係さんを皮切りに、使用済みの絵葉書を売る店、ドーナツ屋、義眼屋、ドアノブ屋などなどが登場します。語り手はアーケードの配送係の女性で、かつアーケードの大家の娘。大家は火事ですでに亡くなっています。いずれの話もノスタルジーを感じさせ、読み手のイマジネーションを膨らませる逸品。特に、ライオンのドアノブの向こうにある「窪み」に埋まる話が好きでした。大家だった父親と彼女の身に何が起こったのか、最後にあきらかになるシーンは切なくてたまりません。この世界観、大好きです。

  • どこか幻想的なアーケード。
    1話1話心に沁みる小噺。そして抒情感溢れる終幕。
    物語の途中から薄々気付いてはいたけれど・・・

    心に残る名作です。

  • 義眼屋、古着のレースだけを扱うお店、ドアノブだけを売るお店、、気付かれないような小さなアーケードに育った少女の目線で、不思議なお店、不思議なお客さんの物語が描かれている。ゆったりと暖かな空気感の中に、死の気配が濃厚に漂っている静かなお話たちは、とろりとした液体みたいに読み手を充たしてくれる、読んでいてとても幸せな小説だった。

    20〜30ページのお話が10個、続いて行くこの小説の
    なかでも「紙店シスター」が好き。

    「手紙」のもつ特別感や送り手の思い
    療養所の雑用係を続けるおじいさんに届く手紙
    「さあ、目を開けて。何も怖くないよ」

    ===以下気に入った部分、一部引用


    百冊ほどの本と魔法瓶に入ったホットレモネードが用意され、アーケードのお店の人レシートを見せれば誰でも好きなだけ利用できる仕組みになっていた。p39

    私はRちゃんの声が好きだった。それはこぬか雨のようにひっそりとして、落ち着きがあり、路面電車の音にも店主たちの「いらっしゃいませ」の声にも乱されず、ひたひたとアーケードの中を満たしてゆく。p47

    「大変?」
    「いや、そうでもない。もう四十年近くやってる仕事だから」
    「ずっとここで?」
    「そう、ずっと、ここで」
    「飽きない?」
    「今のところ、大丈夫みたいだ」p119

  • 心の奥に、誰にも見えないようにしまっていたものを引きずり出される感覚。

  • 心の傷を治すのには時間がかかるし、そしてかけてもいいのだなあと思わせてくれます。

  • いまいち・・・・。
    不思議な感覚の物語は大好きなのだけど、これはちょっと合わなかったなー

  • 世界でいちばん小さく、目立たないアーケード。
    誰が一体買うのだろう?という品物が、それをまさに必要としている人と出会うまでひそやかに静かにじっとたたずんでいる様子や、プライドをもって丁寧に大切に仕事をしている店主たちの姿が、つつましくも確かに描かれていてひきこまれる。
    そして、アーケードの配達係である「私」。いろいろな年代のときの「私」、「私」が経験するエピソード、それらはときにあたたかいけれど、ときに狂気も感じられてひゅっと背中が寒くなることも。
    小川洋子さんの作品は、舞台が外国なのか日本なのかが明らかにならず、なんとなく異国情緒を感じながらも懐かしいような不思議な感覚がする。

  • ある人にとっては大切なもの。でも、他の人にとっては何の価値のないもの。そんなものたちを商品として扱う、世界で一番小さなアーケードが舞台。
    解説の蜂飼耳さんの言葉のように、ささやかだけど自分の分身のようなものを、大切に空き箱や空き缶に取っている人には、とても魅力的なアーケードだろう。私もその一人。久しぶりに自分の宝箱を開けたくなった。

  • 凄く良かった。相変わらず空気感がすごく好きだ。何度も読みたいと思う

  • この本を読んで「ジャワマメジカ」に興味を持ち
    上野動物園に見に行きました。
    まっくらやみの中で暮らしていました。

  • 小川洋子作品の中で、『薬指の標本』をよく覚えている。本作も、そういう系統の本かと思い、手に取った。

    一言でいうと"喪失"の物語、だろうか。
    使用済みの絵葉書、義眼…誰が買うの?という品を扱う店ばかりが集まるアーケード。品を必要とする人以外には、忘れ去られてしまったかのような場所で、誰かの思い出を慈しみ、静かに生活する人々。

    品物に秘められた物語だけを各章で綴っていくような、そんな単純な作りではなくて、各章を重ねる中で、そのアーケードに暮らす人の息遣いが静かに聞こえてくるような作りになっているのがよい。

    "私"の飼い犬、べべがとても可愛らしい。
    そんなべべも、"私"が成長するにつれて年をとり、アーケードにならぶ品物と同じように、そこを訪れる人々、流れる時間をゆっくりと見守っている。

  • 短編集かと思ったら連作。
    偏愛家たちがたくさん登場する賑やかな作品でした。

  • 世界で一番小さいアーケードで見つけた心に沁みる物語です。「レース屋」「義眼屋」「ドーナツ専売店」「紙店」「ドアノブ専門店」「勲章店」があって、一番奥には中庭と1Fが読書休憩室、そしてその2Fにアーケードの大家さんとその娘が住んでいました。娘は、愛犬ぺぺと一緒に、それぞれの店の品物をお客さんの自宅に配達する役目を担ってて、この物語の主人公です。表紙の三つ編みの少女がそうです。短編10話、それぞれが微妙につながってて、何とも言えない味と余韻を醸し出しています。「輪っか屋」と「百科事典少女」特に良かったです!

  • 読み始め…15.11.23
    読み終わり…15.11.28

    久しぶりの小川洋子さん....振り返ってみると
    なんと2年ぶりでした。

    ノスタルジックな風情漂う空間の 摩訶不思議世界は小川ワールドならでは。大好きです。

  • レース屋さん、義眼屋さん、輪っか屋さん…
    最果てアーケードの店主たちと、そこに訪れるわけありのお客さんたち。
    主人公の生まれ育ったアーケードのひっそりとした懐かしい空気にひき込まれ、最終章で涙が出そうになった。

    どんなに時が流れても、悲しみを癒すことのできる静かな場所がここにはある。

  • 使用済みの絵葉書、義眼、徽章、発条、玩具の楽器、人形専用の帽子、ドアノブ、化石……。「一体こんなもの、誰が買うの?」という品を扱う店ばかりが集まっている、世界で一番小さなアーケード。

    そこは誰にも気づかれないまま、何かの拍子にできた世界の窪みのようなアーケード。
    自分を必要としてくれる人に巡りあう事を店主と一緒にずっと待ち続ける商品たち。そんな彼らの元に、愛するものを失った人々が色んな思いを抱えて訪れる。
    それを見守る配達係の「私」と犬のべべ。「私」にも色々ありそうで目が離せない。

    私も毎日30分だけその不思議な商店街を訪れた。静かで優しくて幸せだけど、迷子になったようにどこか不安で寂しい、どう説明すればいいのかわからないこの世界。起きているのに深い眠りの中にいるような毎日だった。

    本当にこの世界はあるのか?「私」のラストをどう捉えればいいの?誰かと語りたいような、自分の心にそっとしまっておきたいような、小川洋子さんの世界には毎回悶々とさせられる。

  • 帰郷の際、買ってきた本。小川さんテイストが濃い、素敵な本だった。

  • 【蘇鉄の実に群がる紫のヤドカリ】

    たとえば、本に最初から挟まれている栞にハンプティ・ダンプティの一節が書いてあって、見つけたそのときは少し意識を向けてもすぐに忘れてしまうだろう。

    凄く明確に覚えていることがあるのに、輪郭があやふやで、現実に本当にあった事を証明できない事がある。

    死を認識できない人が居るように、生を認識していない人も居て、その人は酷く淡い色でそこに確かにいる。何をするでもない、思い出を水につけてふやかしている。

  • 小川洋子さんの文章って、日本語の美しさに溺れられるからすき。

  • タイトルから寂れた商店街を想像したが、ドーナツ屋さんはじめ、意外とお客さんが多くて驚き。ここに出てくるような、小さいけれど○○についてならお任せあれ的なこだわりのお店ってすてきだ。

  • 霧のむこうのふしぎな街を思い出した

全67件中 1 - 25件を表示

最果てアーケード (講談社文庫)に関連する談話室の質問

最果てアーケード (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最果てアーケード (講談社文庫)の作品紹介

ここは、世界でいちばん小さなアーケード。 愛するものを失った人々が想い出を買いにくる。 小川洋子が贈る、切なくも美しい物語。

最果てアーケード (講談社文庫)のKindle版

最果てアーケード (講談社文庫)の単行本

ツイートする