国を蹴った男 (講談社文庫)

  • 99人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (14)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 伊東潤
  • 講談社 (2015年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931151

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

国を蹴った男 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  6編収録の歴史小説短編集。

     伊東潤さんの作品は”熱い”です! 
    戦国時代の己の生命を懸けた戦いに挑む人々を
    描くからか、伊東さんも作品を書いている時、
    アドレナリンがめちゃくちゃ上がっているの
    ではないかと自分は感じています。
    そのアドレナリンが作品を通して読者である
    自分に伝わってくるように思います。だから
    ”熱い”のです!

    どの短編も読み応え十分の傑作・佳作揃いですが
     いわゆる傭兵的存在である武田軍の牢人衆を
    描いた「牢人大将」は彼らの心意気が非常に
    カッコいい作品です。

    「天に唾して」は時の権力者、豊臣秀吉と最後
    まで戦い抜いた茶人の山上宗二の姿や心理描写が
    凄まじくそして素晴らしいという言葉につきます!

    「毒蛾の舞」は武将という男同士の戦いという面
    だけでなく、女の強さや妖艶さ、計算高さ、そして
    それに翻弄される男の姿を描いた、他の作品とは
    また違った意味で非常に中身の濃い短編になって
    います。

    表題作の「国を蹴った男」は蹴鞠職人の男が主人公。
    身分を越えた絆の強さや、選択を迫られる場面、
    そして時代に翻弄された男の切なさなど、傑作
    揃いの短編集の中で表題作を飾ったのも納得の
    読み応えでした。
     
     各短編に共通するのは歴史上の敗者たちの物語です。
    そのため表舞台でなかなか語られることのない彼らの
    物語に対し、伊東さんは敬意を持って新たに魂を
    吹き込んでいる、そんな風に読んでいて感じました。

     文庫表紙の著者紹介で伊東さんが「高校生直木賞」
    なるものを受賞されていると紹介されていたのですが、
    それもなんとなく分かります。
     
     これは過去一年の直木賞候補作の中から、
    高校生が直木賞を決めるという企画らしいのですが、
    これだけ物語に魂を込められる伊東さんの物語ならば、
    歴史小説というある程度読み手の年齢層が固まって
    しまうジャンルでも、それに関係なく読み手の心に
    届くはずです。

     小説のジャンルの幅が狭くなっている昨今、
    いろんな世代に伊東潤さんの熱い小説が読まれて
    ほしいな、と思います。

    第34回吉川英治文学新人賞

  • よかった。特に「天に唾して」「国を蹴った男」。かたや天下人秀吉に喧嘩を売った宗二、かたや生まれる時代を間違えた氏真を愛した五助。末期は「死」に行き着くが、男の生き様を見た思いで感動した。痛快な短編に出会い嬉しい。

  • いずれも主役になることのなかった人物が主人公の6編.長束や佐久間は名が通っているが,それ以外に本当に聞いたことのない(実在かどうか分からない)人物が主人公の話もあり.
    秀吉の小田原攻めに北条側として立ち会うこととなった茶人が主人公の「天に唾して」が痛快である.ちなみに,6編の主人公達は全員死にます.

  • 人を使うこと、人を信じることの難しさが身にしみる。
    相変わらず伊東イズムは漢の牢人衆や武将、高名な茶人、無名の鞠職人に至るまで義を貫く生き方の人選が絶妙。結果その先に死が待っているのだけど、家や子に縛られる女にはできない生き方に惚れ惚れしてしまう。でも、義に死なず汚名や恨みを買ってでも生き延びてほしい妻の本音も分かるなぁ。どちらを選んでもそこが十人十色の人間の面白さ、間違いじゃないと思いたい。
    表題作は短編にしておくのがもったいないほどの底光りある逸品。

  • 良かった。

  • どの作もとても面白かった。
    軽快で読みやすく、長さもちょうどいい。

  • 庶民の戦いを書いた本。それぞれの矜持が丁寧に描かれていた。

  • 表題作、戦は算術に候、天に唾した男が良かった。

  • 日の当たる戦国時代の盟人の陰に隠れた熱い漢達の生き様を描く短編、面白かった。

  • 勝者がいれば敗者が存在する。
    本書はその敗者に焦点を当てた短編集。
    ただ、敗者といっても勝者との違いはホント紙一重だったと感じる。また、それとともに彼らの生き方に非常に感銘する点多く、その情景が浮かんできそうなくらいリアルに描かれており、面白い時代小説でした。

全11件中 1 - 10件を表示

国を蹴った男 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国を蹴った男 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国を蹴った男 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

国を蹴った男 (講談社文庫)の作品紹介

武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉――天下に手を伸ばした英雄たちの下、負けられない一戦に挑む者たちの生死の際を描く。

国を蹴った男 (講談社文庫)のKindle版

国を蹴った男 (講談社文庫)の単行本

ツイートする