欺きの家(上) (講談社文庫)

  • 61人登録
  • 3.81評価
    • (1)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 北田 絵里子 
  • 講談社 (2015年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931540

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ルネ・ナイト
フェルディナント...
ピエール ルメー...
ロバート・ゴダー...
ジェフリー ディ...
カルロス・ルイス...
ミネット・ウォル...
ミネット・ウォル...
ロバート・ゴダー...
アーナルデュル・...
ロバート・ゴダー...
ロバート・ゴダー...
ロバート・ゴダー...
ケイト・モートン
横山 秀夫
ロバート・ゴダー...
ネレ・ノイハウス
ケイト・モートン
有効な右矢印 無効な右矢印

欺きの家(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  •  定年退職を控えていたジョナサンは、社史編集のための記録探しを命じられる。

     その会社の創業一族には不審な死者が多い。
     記録探しは、ジョナサンの回想につながり、それは事件の真相へつながっていく。
     とはいえ、派手な推理なんかはありません。
     丁寧に、一族の出会いとつながりと何があったのかが語られるだけ。なのに、この重さ。ジョナサンが、感傷的じゃないからこそ、過去の輝きがまぶしい。そして、過去が輝いているからこそ、今の零落が切ない。
     老いたジョナサンに現状を変える力はない。

     切ない。
     何もかもが切ない話だった。

  • ゴダード作品の登場人物は、作中でほぼ例外なく過去と向き合うことになる。かつて「過去という部屋は、背後で扉が閉まる音を耳にしてはじめて、その存在に気づかされるものだ」と語られたとおり、今回も「とうに忘れたつもりだった謎に肩を叩かれ」る。前作の『隠し絵の囚人』が一本の奇妙な電話からだったように、今作もリタイア間近の主人公に舞い込む、欠落した社史編纂資料の探索依頼によって物語の幕が開く。記憶の積み重なりによって消し去られた幸せも、痛切な思い出とともに蘇り、謎の始まりだけでなく、自身の原点をも見出すことになる。

    「思い出とは、ただの記憶に残った経験のことではない。思い出とは、わたしたちに時空を飛び越えさせるものだ。歳を重ねたわたしたちは、若かりしおのれが見たりかかわったりした出来事を思い起こし、あのころの自分といまの自分はほんとうに同じ人間なのかとしばしば心に問う。思い出とは、かつて知っていた人々の幻影だ。そして、困ったことに、わたしたち自身もそのうちのひとりなのだ」

  • リーダビリティはよし。40年間をうまく埋められるのかだ。

  • レビューは下巻にて。

  • ロバート・ゴダードの最新作。
    講談社のゴダードは割とサスペンス色が強めで、スピーディな展開のものが多いというイメージがあったのだが、今作はじっくりと過去に向き合っている。文春文庫や創元推理文庫でゴダードを読み始めた読者には懐かしい雰囲気だった。
    逆に主人公の造形は落ち着いていて、否応なしに事件の渦中にあったこれまでの主人公とは一線を画している印象。『巻き込まれる』には違いないが、『社命』というのは、これまでの主人公が置かれた立場からするとかなり優しく思えるw

  • 退職目前、古参社員ケラウェイが命じられたのは社史編纂のための記録探し。買収合併を繰り返して世界的大企業にのしあがった会社の記録の一部が紛失していたのだ。ケラウェイは四〇年あまり前の記憶からたどり始める。それは今も彼の心に重くのしかかる、一人の少年の死の真相をつきとめる旅でもあった。

全7件中 1 - 7件を表示

欺きの家(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

欺きの家(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

欺きの家(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

欺きの家(上) (講談社文庫)の作品紹介

退職目前、古参社員ケラウェイが命じられたのは社史編纂のための記録探し。買収合併を繰り返して世界的大企業にのしあがった会社の記録の一部が紛失していたのだ。ケラウェイは四〇年あまり前の記憶からたどり始める。それは今も彼の心に重くのしかかる、一人の少年の死の真相をつきとめる旅でもあった。

ツイートする