地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)

  • 130人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (11)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 香月日輪
  • 講談社 (2015年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062932080

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメになってる?元は児童書?? う~~ん知らんかった!! 主人公が悪ガキ三人組だからと言えばそうだけど、それぞれの話は充分大人向けだと思う。三人組のワクワク感に浸りきることは出来なかったのは私がおばさんだからか?児童と呼ばれる年齢の時に出会ってみたかった。

  • ああ、面白かった!
    やっぱっり、香月さんの作品ははずれがない。
    少年3人が、個性豊かで、とてもいい子。
    やんちゃなガキ大将タイプのてつしに、可愛い系おちびさんのリョーチン、美形で頭脳明晰な椎名。
    地獄堂の店主とふとしたことからかかわりをもち、不思議な出来事に遭遇する。
    そういう出来事への対応が、子どもながらあっぱれ。
    お巡りさんであるミッタンや、てつしたちの親など、周囲の大人も好き。
    シリーズの続きを読むのが楽しみでたまらない。

  • 小学生3人組が、おばけや幽霊の事件を解決していく話。児童書らしく、清々しい主人公たちの活躍に続きが気になる。
    しかし、解決する事件の背景が男女間の裏切りだったり、大人の汚い部分も誤魔化すことなく書かれており、児童書か?と思うデビュー作から隠すことなく、良いことも悪いことも書いてたんだなあ。
    こういうところが大好きです。

  • 表紙からもう怖い・・・・しかも霊界とか・・・
    私怖いのダメなんだけどね貰った本だったの
    でも香月さんって有名な人だし、読んだ事ないから
    読んでみるかと、怖い話なんだけど、全然大丈夫だった!
    あとがき読んだら児童書だそうで・・・それにしては
    内容が大人っぽい内容やグロイ感じもあるけど
    だから大人も楽しめるのかな~って
    そして児童書だからこそ、後を引っ張る怖さではないのかなって思った。
    トイレとか行けなくなったら困るからね~

  • (史学科2年 小宮さんより)

    「ふたつ池には、おばけが出るらしい。」
    こんな一文から始まるこの本は、元は約20年前に出版された児童書です。しかし、たかが児童書、子供の本と侮るなかれ。ただの妖怪ものの子供騙しではありません。
    主人公の3人の小学生、人呼んでイタズラ大王3人悪をはじめとする、生き生きとしたキャラクター、ただ妖怪や悪いおばけと戦うだけではなくそのオバケ達の思いや背景も作り込んであり、社会問題や自然観、宗教観など、香月さんの「きれいごとだけではない」書き口が魅力の非常に奥が深い物語です。
    また、巻が進むごとに主人公達やその仲間が成長していく様も、児童書ならではの魅力です。
    また、このシリーズ以外にも、同じ著者の作品、「妖怪アパートの幽雅な日常」などと舞台になる地域が同じであったり、同じ人物が出てきたりと関連性があり、どんどんと世界観に魅了されてしまいます。
    もともと児童書だったため、読みやすい文体ですので、ぜひ一読してみてください。

  • やっぱり不思議でおもしろいな。なんか背中を押された感じ。自分の気持ちとかそういうものが整理されたような気分になる。不思議な本だなぁ。

  • 読み終わりました!

    アニメ化も映画化もされていたのですね。。
    知らなかったです・・・

    見てみたかったな。。



    実はずっと前から、このシリーズ気になっていたんです!
    もし図書館にあったら、借りて読んでみたいと思っていたから。。
    こうして文庫本になって
    読むことが出来てほんとう嬉しかった(〃ノωノ)


    物語が進むにつれて
    ページを捲る手が止まりませんでした(笑)
    そのぐらいハマってしまいました////



    もう何年も経ってから、
    こうして今年になってから
    また発売されたんですよね。。

    何だか時空を超えて。。みたいな感じで
    凄いなと思いました(〃^^〃)



    もっと早くこの本に出会って読んでみたかったな。。
    なんて思ったりも(^^;)

    だからこうしてまたこの世に出てくるなんて
    もう嬉しい限りです!!奇跡です☆

    大人が読んでも楽しめる小説だと思います♪


    言葉一つ一つが胸に響きますね・・・



    大人だからこそ読んでほしい
    そう思わせてくれる物語。。




    純粋すぎるよ・・・この子達は。。

    どんなに「大変だ!」と訴えても
    なかなか信じてもらえない所は歯がゆくて・・・


    だけど、あの三人組が
    これからどう立ち向かっていくのか
    成長が楽しみでなりません(〃ω〃)



    地獄堂のおやじさんは一体何者なんでしょうね。。
    ガラコは、トトロのネコバスと重なりました♡(笑)

    実写版気になる~~~っ!

  • 三人悪のてつし、椎名、リョーチンといえば上院町で知らぬ者はないワルガキども。三人が唯一恐れるのは通称「地獄堂」のおやじだ。ある日彼らは、幽霊が出ると噂の池の傍で人骨を発見してしまう。おやじから授かった不思議な呪札と呪文で、三人悪は異世界の扉を開くことに。伝説のシリーズ、ついに文庫化!

全8件中 1 - 8件を表示

香月日輪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)に関連するまとめ

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)の作品紹介

三人悪のてつし、椎名、リョーチンといえば上院町で知らぬ者はないワルガキども。三人が唯一恐れるのは通称「地獄堂」のおやじだ。ある日彼らは、幽霊が出ると噂の池の傍で人骨を発見してしまう。おやじから授かった不思議な呪札と呪文で、三人悪は異世界の扉を開くことに。「妖アパ」「大江戸妖怪かわら版」に続く、香月日輪伝説のシリーズ、ついに文庫化!

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)はこんな本です

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)の新書

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)のKindle版

地獄堂霊界通信(1) (講談社文庫)の新書

ツイートする