改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

  • 241人登録
  • 3.49評価
    • (7)
    • (24)
    • (37)
    • (3)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 島田荘司
  • 講談社 (2016年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062932653

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • これは、過去に読んだかどうだか覚えてない……。
    もしかしたら読んだかもしれないけど、トリックも新鮮!でした。

    島田さんは読者に挑戦してくれるけど、勝てる自信がまったくない。

    そして御手洗さんが早く出てきてくれないかと、待ち遠しかったです。
    でも初めから御手洗さんいると、あっという間に事件解決しちゃうもんなあ。

  • 何がどう改訂版なんだろうと思いつつ。
    読者への挑戦状は全力で無視する所存。

    動機から犯人当てはできんよなあと。
    袖振り合いも他生の縁。どこでどうすれ違っているのかわからない。

    御手洗さんてこんなにおかしな人だったっけ。
    ぼつぼつとかなりな期間開けて読んでるのでよくわからない。
    どの本を読んだことがあるのかも…それはさすがにわかるか。

  • わたしにしては、結構丁寧に読み込んだ方だと思う。部屋がたくさんあるから、見取り図を見ながら、ひとつひとつ確かめながら読み進めていった。斜め屋敷の構造も、個性的な登場人物たちも、とてもおもしろかった。ちょっとだけ斜め屋敷に行ってみたくなった。

  • いつになったら御手洗氏がでてくるのか?と思いながら読んでいました(´・ω・`)
    かなり最後の方でした そしてまた あっさり解決!

    トリックや動機ながかなり 後付けな感じがした。

  • 壮大な仕掛けの殺人事件。普通なら思いつかない。ただ、全てはストーリーに書かれてるので、謎解きにはもってこい。こんな作品を思いつくのが素晴らしい。

  • 『改訂完全版 占星術殺人事件』に続き、島田作品二作目。いや〜 こんな凄い物理トリックなんてあるかいなっ!と、ホント吃驚仰天でした。ここからあの綾辻氏の「館」シリーズに繋がるワケですね^^ ふむふむ。

  • ❖トリックというか仕掛け(斜め屋敷という奇態な館の設定)はユニークだと思うけれど、それだけの作品。それを言ってしまえば本格作品の約6割を否定することになってしまう?(著者の『占星術』『龍臥亭』は秀作だと思う)。自分も密室殺人のゲーム性を愉しむ読者ではあるが、本作についてはQ&A問題で出題(紹介)してそれですむ程度のもの。シリアスでもユーモアでも何でも構わないがミステリとして物語の力の濃厚を味わいたかった。

  • 絢辻さんの館シリーズに登場する島田潔の名前の由来が島田荘司さんにあるとのことで気になったので読みました。まず冒頭から独特な雰囲気を持つ作品です。シュヴァルの宮殿、リンダーホフ城など実在する建築物の話から斜め屋敷の話へと移行するので斜め屋敷が実在するような錯覚に一瞬陥りました。この方の作風なのでしょうか?

    斜め屋敷の構造が複雑なので正直よく理解できなかった部分もあるのですが、それでも読み終わった時にこれは傑作だと思いました。屋敷の構造、花壇の意味など一見バラバラな部品のすべてがある一点に集約されていく過程は圧巻です。今後も島田荘司さんの作品を読んでみようと思います。

  • 『占星術殺人事件』以来となる「御手洗潔シリーズ」。じつは前作を読了後に2作めも早く読んでみたいと思っていたのであるが、改訂完全版が出ている(しかも『占星術』のそれは文庫化されている)ことを知り、それならばもうすこし待とうと思った。しかし、一向に文庫化されないのをみて、ひょっとしたら文庫化しないのでは? と思っていたが、このたび晴れて文庫化ということで、ようやく手にする機会が訪れた。さて、「新本格」の傑作として名高い前作の続篇というだけあって、本作も本格的なトリックがふんだんに盛り込まれており、なかなか読み応えはあった。しかし、前作の衝撃と比べると、どうしても評価に困ってしまう。前作は文句なしで★★★★★をつけられるレヴェルであったが、本作の場合はどうも「トリックのためのトリック」というイメイジが強い。ミステリイとはいえ小説である以上、それなりにほかの要素も採り入れられているべきであると思うが、本作にはそのテイストは薄い。徹頭徹尾推理小説なのである。前作もその気はたしかにあったが、それでも「占星術」という特別な要素で理由づけすることによってそれなりに整合性が保たれ、小説としてもちゃんと成立させている。ひるがえって本作は、すべてが推理小説の駒として動いているようにしか感じられない。しかも、その肝腎の推理小説としての要素も、個人的にはなんだかなという感じである。実現性を云云するのは野暮かもしれないが、それにしてもという感じがする。犯人や橋がキイであることなどは案外アッサリとわかってしまっただけに、納得がゆかないというか、どうにも満ち足りない心持である。ただ、このようなトリックを考案することじたいはすなおにスゴイと思うし、島田荘司という作家がいまや推理小説界における大御所であることもじゅうぶんに認識している。もうすこし、このシリーズとも付き合ってみたいと思った。ただ、「『館』シリーズ」も「『新宿鮫』シリーズ」も全巻読破しようと思いつつ停滞しているので、これ以上「宿題」を増やしてどうするのという感じではあるがw

  • 北海道の最北端・宗谷岬に傾いて建つ館――通称「斜め屋敷」。雪降る聖夜にこの奇妙な館でパーティが開かれたが、翌日、密室状態の部屋で招待客の死体が発見された。人々が恐慌を来す中、さらに続く惨劇。御手洗潔は謎をどう解くのか!? 日本ミステリー界を変えた傑作が、大幅加筆の改訂完全版となって登場!

  • 2017.10.19 読了

    これぞ館もの!
    好きだなぁ、館もの。
    ただ、御手洗さんが物語を半分以上読み進めないと出て来ないということにびっくり。

  • 御手洗潔シリーズは2作目ですが、個人的にはミステリーの作りとしては、やや苦手な内容ですね。探偵?の御手洗潔が最後のほうに出てきて、あっさりと事件解決するという展開が読者への謎解きの挑戦と銘打っているのですが、長編としては話が長いわりには謎解きがあっさりし過ぎているような印象であまり好きではありません。
    犯人が誰か?動機は何か?という部分の描写が軽く、トリックに重きを置かれているような作風も、あまり好きではありませんね。
    もうこのシリーズは、これまででいいかな?と思っております。

  • 「私は読者に挑戦する」→分かる人いるんだろうか。御手洗2作目。詳細は覚えていないので再読したい

  • 犯人は何となく分かるのだが、このトリックを解明できる人はいないでしょう。種明かしの前に分かる人がいたら尊敬します。

    ただ、動機が納得できない点や、第三幕の悲劇の後始末など?と感じる部分もあった。

    この手のミステリーではお決まりのごとく、人間が描けてないと良く言われるが、この作品も類型的なキャラが多く、女性同士の関係はいかにもで不必要なのではと感じた。

  • 島田荘司はどんな思考回路の持ち主なのだろう。
    本格推理を書くためだけに作り上げられ、設定された登場人物たちのキャラクター。
    「斜め屋敷」の複雑で、奇妙な構造。
    そして人間関係。
    幕あいには「私は読者に挑戦する」と宣言している。
    思えば推理小説なるものを読み始めた頃に出会った、この「読者への挑戦」という趣向。
    以来、推理小説を読むときはいつも、犯人探しをしながら読む習性がついてしまった。
    どんな伏線も、些細な描写も、交わされる会話のひとつひとつも、すべてが犯人に近づくためのヒントになる。
    深読みしすぎか?と自問自答しながらも、犯人を探しながら読むのも楽しいものだ。
    そういった意味でも、この物語は十分すぎるほど満足させてくれた物語だった。

  • 図書館で借りた本。
    北海道の岬に建つ斜めの館で密室の殺人事件が発生。招待客の運転手が刺殺体で発見されたその部屋へ続くたった一つの道には、雪が積もっていたにも関わらず、足跡が全くついていなかった。警察が到着して間もなく、第二の殺人事件が発生した。犯人はあの人しかいないということはわかっていたものの、トリックが予想を超えていた。

  • 御手洗潔シリーズ第2作。

    北海道の最北端の岬に建つ屋敷でクリスマスパーティーが行われる。ところが、招待客のひとりが密室の中で殺されて……。

    実在する不思議な城や館を冒頭で紹介することにより、作品の舞台となる「斜め屋敷」の特異な造形を強調することに成功している。今回も途中で”読者への挑戦”があるが、犯人は想像できても動機は最後まで読まないとわからないので、★ひとつマイナス。

  • 館モノの最終形態を作った点で評価されてるのかしらん。
    確かにこんなトリック常人じゃ思いつかんわな。
    ただ奇想系トリックなら『北の夕鶴』の方が伏線回収もこめて一枚上かな。

  • 斜め屋敷のトリックがすごい!
    そううまくはいかないと思うけど。
    本格的なミステリーでした。御手洗さんがもっと早く出てきてほしかった。

全24件中 1 - 24件を表示

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)の作品紹介

北海道の最北端・宗谷岬に傾いて建つ館――通称「斜め屋敷」。雪降る聖夜にこの奇妙な館でパーティが開かれたが、翌日、密室状態の部屋で招待客の死体が発見された。人々が恐慌を来す中、さらに続く惨劇。御手洗潔は謎をどう解くのか!? 日本ミステリー界を変えた傑作が、大幅加筆の改訂完全版となって登場! 解説=綾辻行人

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)のKindle版

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)の新書

ツイートする