未明の闘争(上) (講談社文庫)

  • 25人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 保坂和志
  • 講談社 (2016年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933223

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

未明の闘争(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今という時のかけがえのなさのみならず、
    生の時間におけるあらゆる記憶が
    鮮やかに立ち現れて幾重にも折り重なり、
    ずっと一緒にいた犬や猫たちも、
    かつての自分も友達もみんな愛おしくなる未明の世界。

    *内容紹介*
    池袋の「ビックリガードの五叉路」で、私は一週間前に死んだ篠島が歩いていた。彼の告別式で久しぶりに再会した高校の同級生のアキちゃんが、ブンとピルルという猫たちと暮らす家に、妻が不在の夜に突然訪ねてくる。さらにはお隣の三池さんの娘さんも加わって終わらないおしゃべりに、思いは時空を超える。

    やみくもに大切なものを抱きしめたり、ロッド・スチュワートが聴きたくなったり、眠ったり、子供の頃を思い出したり、セックスしたり、叫びたくなったり、どこか知らないところに行きたくなる、富士山と文学と音楽と猫と世界への愛にあふれた小説

全1件中 1 - 1件を表示

未明の闘争(上) (講談社文庫)の作品紹介

今という時のかけがえのなさのみならず、
生の時間におけるあらゆる記憶が
鮮やかに立ち現れて幾重にも折り重なり、
ずっと一緒にいた犬や猫たちも、
かつての自分も友達もみんな愛おしくなる未明の世界。

*内容紹介*
池袋の「ビックリガードの五叉路」で、私は一週間前に死んだ篠島が歩いていた。彼の告別式で久しぶりに再会した高校の同級生のアキちゃんが、ブンとピルルという猫たちと暮らす家に、妻が不在の夜に突然訪ねてくる。さらにはお隣の三池さんの娘さんも加わって終わらないおしゃべりに、思いは時空を超える。

やみくもに大切なものを抱きしめたり、ロッド・スチュワートが聴きたくなったり、眠ったり、子供の頃を思い出したり、セックスしたり、叫びたくなったり、どこか知らないところに行きたくなる、富士山と文学と音楽と猫と世界への愛にあふれた小説

野間文芸賞受賞作

未明の闘争(上) (講談社文庫)はこんな本です

未明の闘争(上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする