探偵の鑑定1 (講談社文庫)

  • 478人登録
  • 3.74評価
    • (31)
    • (69)
    • (64)
    • (2)
    • (2)
  • 66レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 講談社 (2016年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933490

探偵の鑑定1 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:


  • 今回は万能鑑定士Qの登場人物は前半は然程活躍せずに探偵の探偵の登場人物の謎が解けたり。発売元の出版社が変わったのに伴い劇中の登場人物の所属まで現実同様に角川から異動になるし目の離せない展開に。

  • 探偵と鑑定士。 
    探偵の探偵と万能鑑定士。  
    Qシリーズが最近全然出てこなくなったから久しぶりにあの二人が読めて嬉しい。  
    内容はどちらかというと探偵寄りか。 
    探偵のやり方、鑑定士のやり方、両方を織り交ぜながら敵と対峙していく。 
    それぞれ内心に変化を携えながら、莉子がさらわれる。

  • 「探偵の探偵4」(http://mogura7.zenno.info/~et/wordpress/?p=3025)の巻末にあった、

    「探偵の探偵」新章・・・とはこれだったのか。予想もしてなんだ。

    万能鑑定士Qちゃんとのコラボレーション。

    本の帯には、「両シリーズ完結・運命の終着点」とあったが、本書はあくまでⅠの上巻で、これも予想もしてなんだ展開。

    続きのⅡを読まなくっちゃ。

    (2016/5/1)

  • Mazinger Z vs. Devilman.

  • 対探偵課女子の依存関係の変化、男性陣の過去、莉子に振り回される玲奈、など探偵シリーズを読んでるほうが楽しめる。Qのほうは設定だけわかってればいいかも。
    Tポイントカードの個人情報設定は知らなかったので早速…。

  • もう、終わったと思ってた探偵シリーズが復活。しかもこれがファイナル章とは、、
    1度も読んだことのない万能鑑定士Qの凛田さんが出てきたり新鮮だった。
    それに、今までの探偵業務に正面から向き合う玲奈が気になる。探偵辞めるのかなぁ?
    次が気になる!

  • 爽快で明るい万能鑑定士シリーズの莉子と、暗くて好きではなかった探偵の探偵シリーズの玲奈のコラボ。どちらもこれでシリーズ完結とは寂しい。講談社から出版されているので探偵シリーズ寄りかな?
    死神もラスボスも退治して今後どう探偵を続けていくか揺れる玲奈が莉子の影響で変わっていったり、須磨社長と桐嶋の過去がわかったり…巻末まで気が抜けない作品!4月が待ち遠しい

  • ふだん小説を読まないながら,初めて発売前予約というかたちでネット購入.

    万能鑑定士Qの方は,まだ読んだことないので,そちらからの登場人物に関してはまったく知らずですが.

    最後の最後で,え,そういう意味だったの? がありました.所々考えてみれば意味深な伏線もあったか.
    続きが気になります!


    本作は2冊目で完結とのことで,寂しいなぁと思い☆ひとつマイナス.

  • 二大ヒロインの共演には胸踊るものがあるが、終わってしまうのは寂しい。相変わらず話の進め方は上手い。

  • 須磨と霧島の過去判明。

全66件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵の鑑定1 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵の鑑定1 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵の鑑定1 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵の鑑定1 (講談社文庫)の作品紹介

二大シリーズ完結・運命の終着点

美女目当てに大金が舞う秘密交際クラブで、超高級バッグのバーキンをオトリにした連続詐欺事件が発生。対探偵課探偵・紗崎玲奈は、証拠品のバーキンを鑑定する万能鑑定士・凜田莉子の危機を救う。バーキン詐欺女の驚くべき正体とその目的とは? 二大ヒロインが並外れた探偵力と鑑定眼を駆使して立ち向かう。

妹を殺され家族がばらばらになった紗崎玲奈は、これまで暴力も厭わない態度で悪徳探偵をはじめとする敵に対してきた。一方、凜田莉子は南の離島で、祖父母と両親に囲まれて人を疑うことなく育ってきた。人をまず疑ってかかり力には力で対抗する玲奈。人の善意を疑わない莉子。紗崎玲奈と凜田莉子という二人のキャラクターが互いの個性を生かし、さらには互いに影響を与えながら、悪の組織に挑む!―西上心太(文芸評論家)

探偵の鑑定1 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする