図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)

  • 903人登録
  • 3.70評価
    • (50)
    • (58)
    • (66)
    • (12)
    • (6)
  • 75レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2016年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933650

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • う、うん。
    面白い。言葉って考え出すと理解しようと思うのを諦めた方が良さそうな気もしてきた。

    そして、地理?地図?が苦手な私にはあっちからこうなって、こっちにこうでと想像できる許容範囲を超えてしまったので「水はいろいろあって、上から下に上手いこと流れていた」でまとめてしまった。

    これは何かの始まりで、水道問題解決作品でないことを祈って二巻へ突入。

  • 長い話、読了しました。
    面白かった。冗長な部分もあったが豊富な知識の吐露と理解して読み進めた。
    マツリカとキリヒトのふたりの秘め事的なからみはかわいかった。まるでちいさな恋のメロディみたいに。根気が必要だが読んで損のない傑作。

  • とりあえず、1巻を購入。読み始めた時は、あまりの説明の多さに挫折しかけ、もう続きは読んであげない、と思った。しかし、読み終わる頃にはすっかり魅了されていた。続巻を一息に買い込んだのは言うまでもない。
    朝まで夢中になったのは久しぶり。
    1巻でうんざりした説明は、物語の単なる背景ではなく、後々の話にちゃんと繋がっている。
    文学の議論より話を進めて!と思うところはあったけど、異世界でなく言葉によって創り上げられたファンタジー、素晴らしかった。

  • 地下水路の記載は面白けど、地図がないと位置関係がわかりにくい。もう少し古文書の読み解きがあると良かった。

  • キリヒトとマツリカのブラタモリ

  • 難解で哲学的な言い回しに手間取り、本作の魅力に気付くまで半分ほど読み進めねばならなかった。だがそれを乗り越えれば最高のエンタメが目の前に。希少な外交戦略ファンタジなのも嬉しい。さっそく続編を取り寄せねば。
    あらすじ(裏表紙より)
    鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!第45回メフィスト賞受賞作。

  • 1巻まるまるで導入部といった趣。
    冗長な部分も多くて、前半は皆さんの「おもしろかった」という感想を支えに辛抱強く読んだ。
    後半、キリヒトが図書館で暮らし始めたあたりからスピードが上がってきた。マツリカが、『GOSICK』のヴィクトリアのような印象。がんばれ、キリヒト。
    次巻以降に期待。

  • 感想は4巻に。

  • 気が付くと、想像した世界に引き込まれながら読んでいる自分がいた。図書館と聞いて、図書館の中の話なのかなと思っていたが世界は広いのだと思った。最後の方の…は、ちょっと早く終わんないかなと集中力が切れかかっていたけど、次の巻を買うのが楽しみ。

  • 秀でた才能たちの今後の展開に期待が膨らむ一巻。

    マツリカとキリヒトが出会う場面では、ふと「GOSICK -ゴシック-」を思い出された。

  • 言葉と、本にまつわる硬派なファンタジー。
    序盤なので、第一巻ではまだ評価は固められないものの、文字や発話だけでなく手話を含む言語への造詣の深さ、それぞれの関係性の中に息づく登場人物たちの魅力、国内外の政争を描写する語り口の精緻さなど、読み手を引き込む要素に溢れた小説。
    主人公の役どころが、これからどう変化していくのか、楽しみに読みすすめたい。

  • 本読みに評判が良いらしいとのことで軽い気持ちで手に取ったが、面白さにシリーズ既刊全巻一気読みしてしまった。
    話としては冗長な部分もあり難解な熟語や言い回しも多々あるが、それでいて不思議とすっきりとしている。端的な描写やあまり文学的でない表現がそうさせているのかもしれない。とても好みの読み味。
    地の文で日本語をしっかり味わえるのに加え、言語学者である著者の“言葉”に関する知識や、本というモノに対する思いが核となるストーリーは、本好き日本語好きにはたまらない。
    和と洋、世界各国の文化を織り交ぜたような独特の世界観やリアリティのある国家国交情勢に、だんだんと引き込まれるような魅力を持つ登場人物たちもよく練り上げられている。硬め重めの作品がお好きな方にはぜひ一読してもらいたい。

  • 鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!第45回メフィスト賞受賞作。

  • 「高い塔の魔女」と、彼女に仕えることになった少年をめぐるファンタジー。前半は描写が緻密すぎて読むのが大変だったけれど、後半はぐいぐい読んだ。本や図書館というものよりも、それを構成する言葉や文字についての考え方がが興味深い。ストーリーも、ここからどう進んでいくのか楽しみだ。
    2017/7/13

  • 井戸の話のあたりからワクワクしはじめた。

  • 言葉の渦に飲み込まれそうになった。

    続きが楽しみ。

  • ずっと読みたかったファンタジーの文庫が手に入ったので。ハイファンタジーを読むたび、自分のイメージ喚起能力の低下にげんなりする。小さなころの方が素直に世界観にひたって楽しめたのにな、と思うのだ。異世界の国のあり方から風俗、言語、歴史、地理を一から構築するエネルギーには尊敬を覚える。言葉の持つ力、その表現について。遺跡が好きなので、失われた水道を追うのは楽しそう。これからキリヒトとマツリカの絆が深まっていくのが楽しみ。

  • 壮大な物語か始まる予感にワクワクしたが
    忖度のような聞き慣れない単語が多く
    文章も難しいので、集中して読まないと
    何が描いてあるのか理解できない(笑)

    和風の文化を想像しながら読んでいると
    途中からそうでもないと思われ
    独特の文化と、言葉を持たない図書館の魔女の頭脳が織りなす物語なのかなと思う。

    いずれにしろまだ始まったばかりで
    こんなに疲れるようでは全巻読む自信がない(笑)

  • 全4巻の内の1巻。山里で暮らす少年キリヒトが王宮の図書館の魔女マツリカの元で働くことになる。文字の読み書きが出来ない一方、優れた聴覚を持っていることを買われた。
    言葉の厚み、豊富な表現が特徴的。古代の水路を探し当てたりしているがなかなか話は動かない。

  • 読みやすい本を立て続けに読んでたせいか、集中力が持たなかった…挫折。

    マツリカとキリヒトの関係性は面白かったけどなあ。

    一気読みできる環境を整えて再度チャレンジしたい。

  • この世界の人々は日本語を使っているという設定でもないのに、わざわざ他の言語のルビがふってある意味がわからない・・・
    例えば、お嬢様と書いてミレディと書いてある等々。なぜお嬢様じゃダメなのか。意味不明。
    冗長なのも良くないと思う。指輪物語なんかも描写がくどいけれど、これは現代の小説だし・・・。
    描写がくどいわりに、人々のいでたちや情景がイマイチ伝わらない。
    短く簡潔にするのも才能。
    いくら難しい漢字使っても、特殊なルビふっても、ねえ・・・

  • タイトルから想像していたよりも話がどんどん大きくなっていって、どこへ向かってるの?という感じ。先が楽しみではある。
    説明の描写が少し回りくどくて長い。その辺は読むのがしんどい。
    言葉と手話についての話がとても興味深かった。

  • マツリカが「言葉」を語る場面が良い。自分の声を持たないからこそ、言葉の本質が見えていたりするのかな、と。
    タイトルに惹かれて思わず購入した一冊。普段あまりファンタジー慣れしていない自分だが、これは読めた。『図書館の魔女』であるマツリカの、意外と普通の女の子っぽい仕草が見え隠れするのも魅力かと。

  • 第一部 山賤ノ里、一ノ谷
    図書館の魔女と手の中の言葉

    1~17 の題は、語り始めの一文をかなで !!

    言葉と手話についての考察が一度読んで?? 二度読んで?
    三度読んで何となく感じた気分。
    キリヒトとマツリカの、たんけん?が何に繋がるのか楽しみです。

  • 1巻はほぼ導入部で先が読めず世界観の把握に苦労したけれど、2巻の後半からぐいぐい惹き込まれて読むスピードも上がって止まらなくなる。
    伏線の貼り方も見事で重厚な読み応えのあるファンタジー。
    言葉が、活字が押し寄せて来る…!!

全75件中 1 - 25件を表示

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)の作品紹介

鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする