図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)

  • 501人登録
  • 4.18評価
    • (61)
    • (62)
    • (25)
    • (4)
    • (0)
  • 62レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2016年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933667

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キリヒトの秘密が暴かれる。
    なんかみんな人間臭くなっていく様がとてもいい。

  • 一ノ谷を含む世界が動き始めてきた。その動きを安楽椅子探偵さながらに見極める図書館の魔女たち。さらには身内に潜む謎も明らかに。騙されてた!って苛むばかりだけど、助けてくれてありがとう、は無いのかな…。
    しかし、書き方が非常に論理的で、指話構築や方言の体系などに関する記述がやたらと深いなあと思っていたら、著者は言語学者なのね。どうりで。一言一句、言葉を大切にする気持ちは伝わってくるけれども、しかしちょいちょい挟まれると物語を読むスピードも落ちかねない。いや、おそらく読む方のこちらも真摯に向き合わなくてはいけなくて、TV観ながらとかそんな状況で読んでるから進まないんだろうなー、と少し反省する次第。

    …次巻はもうちょっとスピードアップできるかな?

  • 相変わらずものすごい文字圧。
    地の文を読むだけで疲れてくる。
    これは一字一句読んでいては一生読み終わらない。
    というか、疲労感がすごいから一巻でもういいか、と思って数か月が過ぎていた。

    そんな今朝、ブクログのほかの方のレビュー欄にキリヒトの正体が、との文字。
    たった一行だけだったが、今日は久しぶりにこれに手を出すことに決めた。

    読み方は、主要人物は何となく覚えていたので、一ページ二見くらいでキリヒトの正体が出てくるところを探そうという目論見。
    とはいえ、慣れてくるとだんだんリズムが整ってきて、会話文を中心に読まさってくる。
    ついでにちょいちょいキリヒトがただの勘のいい少年ではないような出来事も織り交ぜられ始めていく。
    鉄格子を3本蹴り折るとか、普通無理だって。

    というわけで、1巻の時に「なんだよー、図書館の魔女姫様と護衛の恋物語じゃないのかよー」と思った期待が、再び再燃し始めた。

    なお、言語学的な部分は頭がフリーズしたので一目で読み飛ばした。

    後半はキリヒト無双。
    そして、キリヒトがなぜそれを隠していたのかを慮るマツリカがまたいい。
    なにより、キリヒトの手から水を飲むマツリカって、想像しただけでも美しすぎる。(想像を掻き立てる描写がまたたまらない)

    これは、疲労が癒えたらまた3巻に手を出してみようと思う。

    この文庫版、巻末のあたりになると面白さを感じる。
    もったいないような、うまいような。

    とりあえず、今日は水を飲むシーンだけで胸いっぱいです。

  • 請求記号:913.6||Ta 28||2
    資料ID:C0038291

  • 「承」の部分にあたるパートでしょうか。
    前半は、キリヒトとマツリカが地下水道を冒険したりお忍びで街をウロついて買い食いをしたりしています。
    後半は前半の微笑ましいやり取りが嘘のようなシビアな展開になります。

    当作で、キリヒトが図書館に来た理由が明らかになります。
    手話通訳をする為というのもありますが、マツリカを守る為でした。
    幼い頃から暗殺者としての訓練を受けていたので、一人で大きな魔物を楽々と倒すことが出来ます。

    魔物に襲われる前にも、マツリカは暗殺されそうになっていました。
    一巻でミツクビ達に会っていた時、キリヒトのお陰で回避されたそうです。

    キリヒトの正体を知って、マツリカ、ハルカゼ、キリンは様々な感情を抱きます。
    魔物に襲われたことを機に、マツリカはハルカゼやキリンは図書館で守ると宣言します。
    ハルカゼは議会側、キリンは王室側から派遣されていて、図書館の情報を流す役目をしていましたが、二人は図書館側につくことを決意します。

    マツリカが「キリヒトは本当は暗殺者なんてやりたくないのではないか」と考えて、「帯剣しなくていい」と告げるところが良かったです。
    前作よりもマツリカの少女らしい思考が見られた気がします。

    それにしても、イラム最強だなあ(笑)

  • 流れで読んでいる。
    買ったし、評判いいし。どれどれ、って感じ。

  • 『しかし、そこにこそ真の選択の自由が潜んでいるのである。それぞれに固有で私的な判断が、決断が、場合によっては見落としが、ようするに選択者の人格の似姿が、あに図らんや選択しなかったことから露わになる。

    選んだことは状況や論理の然らしむる必然に過ぎない。その人固有の自由の発露は選ばなかったことにある。人は、何を選ばなかったか、それによってのみ他ならぬ自分を顕している。』

    第2巻も素晴らしい!
    いよいよキリヒトの真の姿が明らかになった。
    やっと物語りが本当の始まりを迎えた感じだな。なんとも良くできた状況説明。かなり長いけど。

    ビルドゥングスロマンかと思いきや…いや、ビルドゥングスロマンなのかな。続きが気になる!

  • 皆さんのコメントを支えに読み切れました。
    文法とか古典の講釈は頭痛くなりそうでしたが、
    全部読み終えた時には爽快なのだろうか。
    3巻で息切れ中。でも一番最終巻が分厚すぎて…。
    学生の時に読んだらすっと入っていけたのかなと考えたり…小野不由美先生の屍鬼とか、浅田次郎先生の蒼穹の昴にどハマりしてて…ページが厚ければ厚いほど読書欲掻き立てられてた時に。
    ともかく全部読んでないから最終的な評価はまだできないか。
    やっぱファンタジー苦手なのかなぁ。
    でも、荻原規子さんの勾玉シリーズとかは大好きなんだけど…。
    星はちゃんと最終巻読みきってからかな。

  • いよいよ物語が動いてきた。
    キリヒトの正体?については、1巻からのこれでもかという描写に、むしろ、え?マツリカたちは気づいてなかったの?と思ったが、明かされる舞台設定とタイミングが絶妙。対比してカシムやイラムの反応がほのぼのして、おもしろかった。
    2巻最後の、マツリカとキリヒトの夜中の道行き?が最高。理路整然とした文章なのに、ロマンチック。二人の次の川遊びが平和で楽しいものになるように願わずにいられない。

  • 珍しくゆっくりゆっくり読んでいる。
    言語の体系についてやたら丁寧だと思ったら作者さん言語学者さんなのか…。

全62件中 1 - 10件を表示

高田大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)に関連するまとめ

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)の作品紹介

図書館のある一ノ谷は、海を挟んで接する大国ニザマの剥き出しの覇権意識により、重大な危機に晒されていた。マツリカ率いる図書館は、軍縮を提案するも、ニザマ側は一ノ谷政界を混乱させるべく、重鎮政治家に刺客を放つ。マツリカはその智慧と機転で暗殺計画を蹉跌に追い込むが、次の凶刃は自身に及ぶ!

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする