図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)

  • 350人登録
  • 4.11評価
    • (37)
    • (51)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2016年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933872

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前2巻まで、さんざん読みにくいだのルビが変だの言ってきたが、…面白かった。悔しいけど。
    2巻からお抱えになった衛兵たちが良い味を出していて物語に活気が与えられている。キリヒトも相変わらずかっこかわいい。
    キャラ読みにも耐えうる人物配置になり、内容も軽くない。
    いいんじゃないか。

  • いろんな事がわかってきて、繋がってきて、おもしろい。
    二ザマ帝とのやり取りが読んでいて楽しい。
    次で最後かー。楽しみー。

  • 終始、言葉で戦っている。それがすごい。マツリカにピンチが訪れるけど、いやそんな手口思いつかないよ…!ニザマでのやり取りもハラハラした。どう転がるのか、次の巻が楽しみ。

  • 第三部 一ノ谷、ニザマ
    文献学講義と糸繰る者達
    新しい護衛たちと少しずつ慣れていく。マツリカを襲う凶事と国を襲うかもしれない凶事。ほぐす事が出来るのか。

    時々読めない漢字があって、もどかしくなる。さっき読んだページにルビが符ってあったと思って探すけど見当たらない。辞書を引く。ふ~っ

  • アルデシュは耕作地の塩害で深刻な麦の不作に苦しみ、背後に接する大国ニザマにけしかけられ、今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。
    高い塔のマツリカは、アルデシュの穀倉を回復する奇策を地下水路探検時に見つけた装置から見出し、戦争を回避しようとする。
    しかし敵は彼女の“言葉”を封じるため、利き腕の左手を狙う―
    キリヒトはマツリカの“言葉”を守れるのか?
    緊迫の第三巻。

    ニザマの国内情勢―帝と宦官の勢力争いも絡んで、近々戦いが始まりそうなギリギリでの攻防にハラハラしました-
    そして、まさかの場面でのまさかの攻撃。

    左手を呪で縛られたマツリカが、手話だけでなく、書き文字までたどたどしくなって、もどかしくてイライラしてるのはキリヒトたちだけでなく読んでいるこちらも苦しかった…

    ニザマへの旅立ち、船上、寄港、館へ入ったシーンは印象的で圧倒的な迫力を感じました-

    帝と魔女の祖父と孫娘ぽいところが微笑ましい-

    p.122の“すでに歴史は互いの領土を奪い合う国盗りの時代を過ぎた。”って一文は現代、リアル世界の戦争も同じだよな-と思いました。

    いよいよ次は、先代の思惑や、魔術師との対決、国の行く末、全てが解かれるクライマックスの最終巻!楽しみ-

  • シリーズ3巻。
    アルデシュは二ザマにけしかけられて、一ノ谷へ攻め込もうとしていた。
    それを回避すべく、図書館が暗躍するが、マツリカは自身に迫る危険に気づかなかった。

    戦争を回避するための交渉術、策略が展開され、こうやってお互いに情報を取り合い、それを使って考えていくという戦術を知ることになる。
    それに加え、言葉や図書館、とりわけ検閲や禁書について面白い論争も書かれていて、面白い。

    しかし、言葉が難しいし、何度も読み返してしまい、時間はかかる。
    知らない言葉もたくさん出てくるので、辞書を引きながら読みたいくらい。

  • 二巻で惰性に成り掛けていたけど、この巻で作者の主張したいことが見えてきてちょっと興奮した。禁書のくだりでは現代の文学界(書店経済、読者の質)について言及しててほんとそれと思うと同時に手のひら返しで書評が高まる高まる。
    今の所のマツリカ様ベストオブ辛口は「惰弱な精神と検閲は仲がいい」です。最高。

  • 感想は最終巻にて。

  • 禁書のくだりが長すぎ。

  • 第3巻は、元々の下巻の前半部分。
    第2巻までに明らかになったことが深められていくが、これまで以上に無駄に文章が難解になり、解説がリピートされるため読みづらくてかなわない。
    日常的に使わない漢字の読み仮名は、初出を読み飛ばしてしまうと読み方もわからなくなり、古文を読まされている感覚は、物語の楽しさを半減させる。

    世界観を描くよりも、読者が飽きない程度に物語をテンポよく展開させてほしかった。

    今後の展開に期待しつつ、読むことを強いられる印象を与える第3巻。
    独特の世界観を味わえた割には心が離れてもいき、読後の印象は薄い。

  • この物語は一の谷の頭脳〝図書館の魔女マツリカ“の知略戦で、断じて恋愛ものでははいはず(と思う)なのに、女王マツリカと騎士キリヒトの主従恋愛ものに思えてならないトキメキポイントが所々挿入されていて萌えます。意思を伝える災難に直面しパニックに陥るマツリカが気弱になりながらも必死に策を進める姿が力強くて凛々しくて憧れます。図書館付になった近衛兵のみなさん、何気に各自いい味出していて好きです。

  • 2を読んで盛り上がったまま、読めばよかった。
    帯にやられています。
    このまま4まで…。

  • だんだん、このお話との距離感が掴めてきた。わかんない種明かしを、焦らずに待てばいいんだ。なんと焦らしてくるのか。
    4巻へ!

  • キャラクターの個性がどんどん出てきたのと、物語が大きく動く。
    マツリカに起こる事件、みんなで物事の解決に向かおうとする学者達、近衛兵たちのそれぞれ、そしてニザマ帝の登上。
    盛り上がったところで4巻へ。

    2016.11.1

  • 前の部分読んだ後少しあいちゃうと内容がすぐわからなくなるし、理解するのも結構大変だけど、討論の内容が面白いし、話がやっと展開してきて面白い!!
    次の巻が楽しみ(^^)v

  • ハルカゼ姉さんっ(° ꈊ °)✧˖°
    と呼ばせていただくことを決定させてもらうことになった3巻になりました。

    図書館のまぁまぁ面倒臭い方々ばかりの中でのハルカゼ姉さんです。

    ようやく難しい内容よりも、それぞれのキャラクターにうんと興味が湧いてきました。

    二ザマでの活動中も面白い人出てきますかね。

  • 2016/10/9 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2017/3/23〜3/26

    出張先の東京のホテルで読了。第3巻は起承転結のまさに転。最後のマツリカとニザマ帝の会話が良い。さて、この長い物語、どんな結を迎えるのか。

  • ワシは結構「交渉」が好きで、骨のおれることだけど、互いの言を重ね理解を深め、互いの得を生み出せる交渉が出来るとものすごい達成感がある。片やだけが得する交渉は交渉ではなく、形を変えた恫喝だ。本巻後半の交渉は大変美しく、読み惚れてしまった。

    相変わらず、良くも悪くも読みごたえがあり、理解に相当なアタマを使うが、困難を目の当たりにしながら知恵知略知計を用いて解決に心を注ぐ政治的側面と、ボーイミーツガールな側面とが絡み合い、ここまで長くとも読み飽きない面白さ。最終巻が楽しみ。

  • 最初は、nicoみたいな感じかと思ったけど(nicoダメだったんです)、凄く考えられた世界で、その中でも、掛け合いもあるから、すんなりと読める。
    だんだん楽しくなっていく。

  • 間近に迫る戦争の危機。それを回避すべく奮闘する高い塔の面々。しかし、侵略の動機を突き止め更には打開策を練り技術開発までしてしまうとは…。間接的に我が身にかかることとは言え、直接的には他国の問題。それを学者連や技術者達とあーでもないこーでもないと議論する。謎解きが好きな子供みたい。微笑ましい。
    さて、次で最終巻。ミツクビとの直接対決アリか?

  • これを読み終えて,残り一冊だぁ~巨人を撃退したキリヒトの扱いについてマツリカは,今まで通りと宣言する。ニザマに食い込む手掛かりは,一ノ谷王室からニザマ帝室へ書簡から,帝が深刻な心臓病に悩まされ,典医が強心剤がなかなか手に入らないのを危惧していることが知れてきた。皮革の鞣渋古房で見つかった遺構をアルデシュの不作を救う決め手とすべく,職人を総動員させ,農学者や地質学者と協議して,アルデシュの西部辺境への侵攻を思い留まらせ,軍縮に持って行こうとするマツリカは,河岸で行っていた実験・実証の帰り,祭りに登場した傀儡師の技に魅了され,女の短剣を握る左腕を斬り落とされるシーンに魅入られ,自分の左腕が動かなくなる刺客の存在が,後に控えていた楽士であることが解った。キリンが西部から帰って来るタイミングで,呪術師や祖父の行方探索をハルカゼに命じ,乗り込んだニザマの石窟宮殿では,帝が理解を示して一ノ谷とアルデシュの和解の仲介を執り,ニザマにおける宦官宰相との対立を選択したことを知る~入院中に読んだら良かった。今日この頃はオリンピックを見なければならないので,集中して読むことが出来ない

  • 面白かったです。
    何時もながらストーリーに引き込まれました。これから物語がどうなっていくのかが楽しみです。

  • <第3巻あらすじ>

    深刻な麦の不作に苦しむ第三国がマツリカたちの敵国にそそのかされて戦端を開こうとしていた。

    方々を廻り、いかに戦争を回避するか悩むマツリカ。
    そんな折、マツリカとキリヒト含む護衛一行が城に戻る最中、ちょうど祭りが開催されていた。

    そこで人気だったのが傀儡師による人形劇で、マツリカもそれを楽しく観覧した。
    そして劇が終了したその時、突如マツリカの利き腕である左手が一切動かなくなった。
    指話が出来ずパニックになるマツリカ。それに気づいたキリヒトはマツリカの右手を握りマツリカを見つめる。
    マツリカはキリヒトの行為で冷静になり、右手のつたない指話でキリヒトに
    「傀儡師による催眠術による強い暗示で左手が一切動かない」と伝えた。
    傀儡師は敵国の刺客だったのだ。
    キリヒトはその傀儡師を捕らえようとするが、劇を見てた人々や祭りの群衆に阻まれ、逃してしまう。

    左手が一切動かないことで手話が出来ないマツリカは、右手による指話でキリヒトを通じて話すことに。

    敵国の策略により窮地に追い込まれたが、ついにマツリカは戦争回避策を思いつく。
    第三国が麦の不作で苦しくなり戦端を開こうとしているのであれば、新たな耕地と穀倉を作り出す技術をすべて第三国に提供する。
    その技術とは地下水道で見つけた水をくみ上げる機械を現代技術で発展させたものだった。
    なおかつその技術をこちらが第三国に教えようとしても拒否られたら困るので、敵国が第三国に教えるようにする。
    そうすれば共にWINWIN。という策だった。

    <第4巻へつづく・・・>

  • 言葉で世界と対峙する。
    3巻になっても時々ファンタジーな事を忘れるくらい血が流れない。

    でも、文献学講義にちょっと飽きて飛ばそうと思ったら50頁くらい飛んでびっくりした。

  • ストーリーが走り出した。

全39件中 1 - 25件を表示

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)に関連するまとめ

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)の作品紹介

深刻な麦の不作に苦しむアルデシュは、背後に接するニザマに嗾けられ、今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。高い塔のマツリカは、アルデシュの穀倉を回復する奇策を見出し、戦争を回避せんとする。しかし、彼女の誤算は、雄弁に言葉を紡ぐ自身の利き腕、左手を狙った敵の罠を見過ごしていたことにあった。

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする