図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)

  • 410人登録
  • 4.49評価
    • (83)
    • (42)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 63レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2016年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (656ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933889

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第45回メフィスト賞受賞作。

    すんごく面白かった。これは…数年に一度出るか出ないかの凄まじいファンタジーだと思う。世界設定もさることながら、細かな部分も確かな知識もしくは調査に裏付けされて緻密に描写されている。ここまで微に入り細を穿ちといった感じで書かれているリアリティ溢れるファンタジーは、おそらくファンタジー作家なら皆目指すところなのだろうが、それを実現できているファンタジー小説は数えるほどしかない。
    いやほんとにすごい。

    とはいえ小説としてのアラは見えなくもない。特に1巻目、2巻目は視点移動がぽんぽん起こるせいでちょっと読みにくかった。
    それから、描写が細かすぎてちょっと辟易する場面も。カットしていいところも結構あったんじゃないかなあと思う。
    というか序盤がきつかった。まだ世界観にもキャラクターにも入り込んでいないのに、延々と情景描写が70ページ以上続くのは、ちょっと。

    歴史、地理、政治、あらゆる側面からの世界の詳細な説明、まるで階段を一段一段上っていくかのような隙のない理屈で組み合わされた登場人物たちの会話、そしてあらゆる分野の知識の開陳にかなりのページを割かれていること…この小説を読んでいると、大学の教授の話を聞いている気分になる。学生時代師事した話好きの教授を思い出す。それとも作者が言語学者だという前情報による偏見だろうか。
    この言葉、知識の奔流は読む人を選ぶだろう。人によっては「講釈はいいから早くストーリー進めてよ!」という気分になるかもしれない。ただこの小説、その講義の中にこそストーリーの鍵が含まれていたりするものだから、読みとばすのはおすすめしない。
    ついでにいうと難しい言葉もたくさん出てくる。結構小説を読んでる方だと自負していたが、読めない、意味のわからない言葉がわんさかあって自尊心をへし折られた(笑)

    ペンは剣より強し。それを体現している物語だと思う。
    ただし、剣の方もなおざりにされずやっぱり細かな描写でしっかり描かれていて、剣の方にクローズアップされたシーンもすごく面白い。
    剣が活躍するシーンでは一見ファンタジー的な生物や能力が出てくるのだが、いちいち民族学etcの説明がされてて、おそらく空想生物ではなく実際にこの世界にいる存在を想定しているんだろうなということを窺わせる。勿論多少過剰な味付けはしているだろうけれども。
    おかしな話だが、このファンタジーは徹底してファンタジー色を追い出すことによって素晴らしいファンタジーになっている、と思う。
    まるで高い塔の魔女が魔術を嫌っているかの如く。

  • やっと読めたー満足感がある。
    すごく壮大で、今まであまり読んだことのない感じの話だった。
    時が経つにつれてどんどん仲良くなるマツリカとキリヒトが微笑ましくて可愛いなーと思っていたけど、登場人物たちはみんな個性豊かでいいな。
    衛兵たちもそれぞれ愛すべきキャラクターだった。
    作者が言語学者ということもあって、言葉とか文字とかの話が多いし、とても大切なものとして書かれている。
    それがとても心に残った。
    私自身も学生時代に言語学を学んでいて、こういう話が大好きなのです。
    言葉はただの道具じゃなくて、言葉こそ意思そのもの。マツリカを見ていて強く感じた。

  • 今年一の当たり本でした。読書に集中して、読み終わった後に現実に戻りきれない感覚は久し振りです。
    怒涛の最終巻。マツリカの語る、言葉の話に胸を打たれました。別れの手紙にも。
    一つの世界を作り上げてしまうなんて、本当にあった話みたいで、読み終わった後も、話がまだ続いているような気がしてます。

  • また、ひとつの創世を見た。すっかり浴していたこの物語の世界から、この歴史から離れるのは望外の哀しさだ。

    なるほど本作はファンタジーだ。だが作中、何ひとつ超常的な力は出ない。全ては我々の現実に起こり得る事象のみで綴られ、因果は理詰めだ。それが、もしかしたらあったかもしれない我々の歴史を夢想させる。そして古来図書館とは、知の集積地であり象徴なんだな、というのも感じる。

    珍しく辞書首っぴきとなった言葉の嵐も、権謀術数の中の甘酸っぱいボーイミーツガールも含め、とにかく楽しい読書だった。

    余談だけど。ワシはひとつの世界を生み出した作品が大好きだ。それは、ひとつの歴史を生み出していると言ってもいい。

    個人的にその初体験と言えば「銀河英雄伝説」だし、古典なら「指輪物語」や「クトゥルフ神話」、最近なら「新世界より」であり「ハリーポッター」も入るかもしれない(あれは「歴史」ではないか)。

    本作、「図書館の魔女」は、そこに列せられて遜色ないものになっているのではないかと、割と本気で思う。

  • 読み終わりたくない、と思いながら、泣きながらページを捲った。

    ファンタジーは埋没感の大きいジャンルだけど、この物語はそれが加速度的に引き込まれてく。

    マツリカやキリヒトたちと共に過ごして、言葉のもつ力というものを思い知った。運命なんてくそくらえだなあ。

    何を選択していくか。自分の意志で選んでいくか。

    世界は、変わるのだと。

  • 解説が読みたいためだけで、購入。
    だって、第1巻・第2巻を読んで待ちきれずにハードカバー買っちゃったのだもの(笑)
    ファンタジー好きの私が巡ってきた世界の中でも、引き込まれる度は本当に★5つです。

    東えりか氏の解説も、ハマってしまわれたのだな、とニヤリとする絶賛。
    けれど、その東氏に薦めた編集者もまた、ハマってしまわれている。

    これが初めて?とついAmazon検索してしまうくらい、緻密な世界観。(ONE PIECEが世に出たときの衝撃、というと誇張?)
    けれど、本好き達がこれは!と思って人から人へ繋いできた作品なのだろうと思う。

    『図書館の魔女』の良さは、決して魔法に頼らない所にあるように感じる。
    キリヒトの存在は、ややチートなのだけど、ミツクビ側の打つ手がかなりえげつないので、これくらいの手札は許しても良いと思う(笑)
    マツリカや、キリン、ハルカゼの知恵が随所に張り巡らされ、まんまとそこに嵌っている構図。
    でも、そんなマツリカ達をも凌駕するのは世界であり、歴史であり、言葉なのだ。

    そして、何か大きな欠損を持つ者たちが、自分の力で拓いてゆこうとする意志。
    世界と意志に彩られた物語に、うっとりしないわけがない。

    ちなみに。続編も面白い!
    ハードカバーでも買いたくなります。オススメ。

  • 夢中になって、何度か途中でやめることができずに朝まで読んで、やっと読み終わった!
    とても長かったけれど、だからこそどっぷりとこの世界に浸れたと思う。

    人と人、言葉と声、そして図書館。
    たくさんのものがぎゅーっと詰まってて、なおかつどのキャラもとても魅力的で、この世界、そしてその中で生きる彼らをもっと見たくなった。
    終わりが気になってやめられないのに、終わってしまうのがとても悲しい。

    すごかったなぁ…何度も読みたいなぁ。次はじっくりゆっくり、味わうように読めそうで、それも楽しみ。
    続編も読みたい!

  • 『私の自信は、私の言葉が人に届くということ、これ一つで私は、私たちは戦っていける。そして私の失望は、私の言葉の届かなかった者達がいたということだ。

    だがそれを運命だと断じてしまうのは、私の信条にしたがって退けておこう。私はまだ考えている。何か手がなかったのかと、何か出来ることがなかったのかと、何か彼らに届く言葉が他になかったのかと。あったはず、あったはずだ。』

    素晴らしい!なんて素晴らしいファンタジーなんだ。
    魔女と呼ばれているが、用いるのは「言葉」の力のみ。
    ファンタジーと呼ぶのはミスリーディングかもしれない。どちらかというと権謀算術の犇めくサスペンス政治小説と呼んだ方がよい。

    最高の一冊。個人的には『カラマーゾフの兄弟』並みに面白い!

  • これだけ長かったのにまだ続くの⁈
    早く続編を読みたい!

  • キャラクターたちの魅力に引きずられるようになんとか読了。描写が細かすぎるのがちょっと辛かった。もう一度最初からじっくり読み直したいけどなあ・・・。

  • トールキンの定義では、ファンタジーとは「往きて還りし物語」とのこと。確かにマツリカ一行は、他国に行って、帰って来た。古典的なハイファンタジーの形式を踏襲しているが、最後に、またも「往く」者たちがいて、これこそこの本の本論だと思う。彼らが「還る」場所は図書館しかないのだから、次の物語が紡がれるはず、と期待。

    この巻にきて、いきなりホラーアクション映画のような怒濤の展開。
    刺客「双子座」を確保しに行く一行に襲いかかる刺客また刺客、罠の山!これまでのじっくり読書ペースはどこにいったやら、ページをめくるのももどかしいほど没頭した。
    アクションシーンのキリヒトの活躍は圧巻。
    たが、この巻の真骨頂は、最終章が終わったあとの「つけたし」の部分。
    裏切り者へのマツリカの言葉。
    キリヒトが「キリヒト」でなく個人として生きるための別離。言葉の永遠性と名前の重要性。
    切なく余韻を残す、すばらしい読書体験だった。

  • 久しぶりの本格ファンタジー。
    幸せな時間が終わった。

    知識は、それを知っているだけでは意味をなさない。知識を縒り合わせ、もしくはパズルのように組み合わせて、ストーリーを紡ぎ出すことができて初めて有用となる。
    そしてそれは情報も同じ。
    少しでも、ほんの少しでもいいから知識や情報から新しい真相を紡いでみたい。

    以下、最も印象に残った場面。
    三国会談にて、キリンの説得を始める場面より

    「マツリカ様の知略が鬼神のそれならばまさに鬼神に横道無し-直ぐなるか、邪なるかがマツリカ様の関心の外なら、それは私が幾重にも補おう。…マツリカ様が知略に懸けてこの会談を準備したのなら、私は良心に懸けてこの和議を成立へ導いて見せよう。」

    ここから先、マツリカに良心が芽生えていく。その過程、そしてラスト。
    面白い。

  • 物語の精妙さと重厚さに呆然となる。硬骨な、言葉を巡る政治劇でありながら、次々に展開される理路整然とした謎解き、手に汗握る戦い、さらにはもどかしいほど無垢な少年と少女の触れ合いに引き込まれ、夢中になって読み進めてしまう。物語の幕引きの美しさ、潔さ、また最後まで投げかけられる言葉の仕掛けも見事。

  • 最終巻になって物語が大きく動いたので、面白かった。マツリカとキリヒトの再会、ミツクビとの対決も読みたいなぁ。続編あるのかな?あるといいな〜

  • これほど素晴らしい小説は久々でした。
    題名は魔女だしファンタジー枠だけど、魔法が出てくることはなくファンタジーでもない。
    言葉とは何か、考えさせられる作品です。
    続編も続けて読みます!

  • 言葉も、ストーリーもとても緻密な話だ。
    2017/8/11

  • 確かにすごい小説だった。世界観が緻密で、ファンタジー好きだけではなく、歴史モノが好きな人にも響くかもしれない。
    テーマもはっきりしていて、最後まで問い続ける「言葉」とは? マツリカの考えを読みながら、キリヒトの疑問に同調しながら、考える。自分なりの「言葉」とは?
    マツリカとキリヒトの「手のひらのなかの会話」。ところどころで、キュンとさせるこの設定!解説中にもあった「ボーイ ミーツ ガール」には必須の要素。
    語彙が難しめで、ボリュームもあるため一気読みとはいかず、特に前半はなかなか事態が動かず、ページをめくるスピードはゆっくりだったけど、その時間経過の感覚もまた、主人公たちとリンクしていたのかもしれない。平和なときはゆったりと。そして、事態が動き出すと時間の経過もあっという間に。
    大作を読んだという読後感。大満足の作品。

  • ヴァーシャ!涙
    小説なのに結構な飛ばし読み。言語学者の著者がこの作品に込めた想いを半分も理解できていないかもしれないけれど、それでもこの世界に、物語にはまることはできた。
    続編も読む。

  • 言葉の持つ力を信じたい、そう思えた本でした。
    名前やふと口にした言葉に込められた意味の重さをもっと感じたり考えたりしてもいいなと思う。

    マツリカとキリヒトが、再び手をつなぐ日を楽しみに待ちたい。

  • まずい、久々に心を持っていかれた。
    しばらく一ノ谷から現世に帰れそうにない・・・

    これは、ひとを生かす話。
    戦役は止める、モブは助ける、刺客も助ける。
    もーぐっと来たわ。

    決め台詞、決めシーンがいろいろカッコイイ。シビレル。
    浮いた話が少ないのが逆に良い。青臭いの好き。

    しかし、双子座の屋敷を脱出するところ、何がどうなって、誰がどうなっているのかわかりにくい。てか全然わからん!
    でも、わかりづらい情景描写はどうでもいい(言い切った!)。

    ・・・双子座ぁああ・゚・(ノД`;)・゚・

    伏線は丁寧に回収されているのだが、いくつか引っかかるところがある。
    「あれ?」と思ったのはわたしだけじゃないはず。
    続編に期待が膨らむ!

  • すごいお話だったとしか言いようがない…。「言葉」が凄まじいものだと知る物語だった。作者さんが言語学者と知って、納得!

  • ところどころ難しい日本語に翻弄されながらも、時間を忘れて読み進め、最後は活字から目が離せなくなってしまった。大人になってから壮大な物語は久しぶりだったが、この作品は大人になった今だからこそ読破できた作品だと思う。
    周到に構成された物語の奥行きに圧倒されるが、一方でマツリカとキリヒトの心の触れ合いが緊張感ある場面を和ませてもくれる。
    作者は言語学者とのことで、言葉に圧倒されるという感覚を読者に体感させる実力には感服です!

  • 第四部 ニザマ、アルデシュ
    円卓会議と双子座の館の対決

    マツリカとキリヒトそして衛兵たちの闘いに息が詰まる。会議の場での成り行きに息を呑む。彼らが並び立つ平和な未来を目にしたい。

    次の本は短篇集、読んでる合間の目に浮かぶのは図書館の魔女たち‥‥

  • 図書館でふと手に取っただけなのに
    ハマった
    ドハマりした
    買う、単行本買う

  • いろいろなところで、「すごい」と評価を受けているこの物語。
    たしかに、最後のページをめくった時にわたしも「すごい」と呟いてしまいました。

    筆者の博識、創造力、文章力、どれを取っても圧巻の一言。
    ただ、誰もが楽しめる物語とは、わたしは言えないと思いました。
    重厚さを求める方にはオススメですが、文章の厚みがあるので読みにくいと感じる方も確実にいると思います。
    わたしはどちらかといえば後者寄りだったのが、自分でも残念です…

全63件中 1 - 25件を表示

図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)に関連するまとめ

図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)の作品紹介

手を汚さずして海峡に覇権を及ぼす、ニザマの宦官宰相ミツクビの策謀に対し、マツリカは三国和睦会議の実現に動く。列座したのは、宦官宰相の専横に甘んじてきたニザマ帝、アルデシュ、一ノ谷の代表団。和議は成るのか。そして、マツリカの左手を縛めた傀儡師の行方は?超大作完結編。第45回メフィスト賞受賞作。

図書館の魔女 第四巻 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする