燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 篠田真由美
  • 講談社 (2016年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (768ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062934237

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 作者後書きにもあるが、蒼が高校へ行く、という作者にとっても意外な登場人物達が勝手をしだす、
    このあたりからミステリーものではなく物語になったのかなぁ。。
    トリックよりも、事件や罪を犯す人の心情や動機が中心になったというか。

    今作を読むと京介氏が何故探偵をする時、そういう行動をしたのかといった根底にあるものが掴みとれる。

    京介氏といえども、近すぎる偽りを見抜くことは難しかった、という事だろうか??
    前作で散々意思が、とか血が、とか後継者、とか言われていたが。。。
    だからこそ、逆にグレゴリ氏は執念に取りつかれていたのか。。。??

    京介氏が割とアッサリと事件後切り替えることが出来たのはその為なのか。。。

    結末を早く知りたくて急いで読んでしまったので、見落とした事実があるかもしれない。



    割と予測できるエンディングだったけれど、神代氏との日々があってこその、彼女の選択、結果だったと思いたい。

    とりあえず一番の感想は深春大勝利!!だけれど。


    ラストのどうしていつも他に誰もいないときにそういう事をする、自分に面倒をおしつけていく、というやり取りを読んで、変わらない日常が戻ってくるのだろうな、と予感出来て、続編や外伝を読もう、と思える。

    蒼の友人が全く登場しなくて心配したが、その後の進路も判明。
    京介氏が事件に巻き込まれるパターンも多いけれど
    彼等が社会人になって。。。という続編も読んでみたい。

    教授の外伝もあるようだし、とりあえずシリーズとしての完読を目指す。

  • シリーズ最終章。大団円、といかないところが「桜井京介」らしい。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    『僕は―ヒトゴロシ』。謎の詩を残して姿を消した桜井京介は、久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。神代宗の話を聞いた蒼は、京介を捜し歩き、20年前の忌まわしき事件を知る。久遠家のルーツが明らかになった時、父グレゴリの狂気が京介を襲う!「建築ミステリ」の金字塔、ついに完結!

    平成28年9月6日

  • ついに完結! 「建築探偵桜井京介」シリーズ第15弾 

    桜井京介は「久遠アレクセイ」の名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。京介を捜し歩いた蒼は、かつて久遠家で起きた忌まわしき事件を知る。久遠家のルーツが明らかになった時、父・グレゴリの狂気が京介を襲う!

全5件中 1 - 5件を表示

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)の作品紹介

『僕は――ヒトゴロシ』。謎の詩を残して姿を消した桜井京介は、久遠アレクセイの名に戻り、14歳まで育った屋敷にいた。神代宗の話を聞いた蒼は、京介を捜し歩き、20年前の忌まわしき事件を知る。久遠家のルーツが明らかになった時、父グレゴリの狂気が京介を襲った! 「建築ミステリ」の金字塔、ついに完結!

燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする