島はぼくらと (講談社文庫)

  • 1015人登録
  • 4.16評価
    • (119)
    • (117)
    • (54)
    • (9)
    • (0)
  • 100レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2016年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062934510

島はぼくらと (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 瀬戸内海に浮かぶ離島で、つかず離れず育ってきた4人の高校生たちと、彼らを取り巻く人々の話。
    島にいられるのは高校までで、大学に行くんだったら外へ行かなければならない。
    しかし事情で島から出ていけない人もいる。
    出ていく人とは逆に、島はいろいろな事情のある人も受け入れる。挫折や軋轢に悩み、逃げるようにして島に落ち着いた人。島を発展させようと前向きな人……。
    島の中に住む人たちも、島をどうしたいのかそれぞれ思惑が異なる。

    フェリーを使って本土の高校に通えるものの、最終フェリーが午後4時だから部活さえできいな島の子たち。
    赤の他人と『兄弟』の契りを交わすことで、親戚同様の付き合いをするけども、いい面もあれば悪い面もある。
    Iターンで島にやってきた人と、もともとの島の住民たちとの思い。

    いろいろな人たちの思いをそれぞれの立場から描いていて、離島を巡る事情を考えさせられました。
    最後は爽やかに終わって、本当に清々しい気持ちになった。

  • 瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。

  • 17歳。卒業までは一緒にいよう。
    瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。ある日、冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。

  • 本屋大賞2014年3位。学園青春小説。自分の最も好きなジャンルのひとつだけどなんか乗らない。だらだらと日常が進む中で小さなドラマが起るけどちょっと退屈。なぜだか、大人が想像した学園生活といった作り物めいた違和感があってどうも感情移入できない。それもあって、人間関係もいまいちわかりにくくて物語に入っていけず悪循環。紙一重なんですけどね。最後の章は少し面白かった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷を巣立つ前に知った大切なこと―すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。直木賞受賞、第一作。

    ミステリー色の無い青春人間離島ドラマです。誰も死なず悲惨な事も無いので安心して読めます。表紙の爽やかな雰囲気をそのまま感じられます。青春小説嫌いには厳しいのでしょうが、僕のような青春小説好きにはとても楽しめるものでした。
    過疎地域の活性化を実際に手がけている人にはどう読まれるか興味ありますが、こんな島有ったら移住したいなと思う位いい島です。ちょっと現実と遊離していて匂いが感じられないきらいはありますが、まあ小説で希望にあふれる物なのでこれでいいいのだ、と言う感じでしょうか。
    登場人物にもう一癖持たせたらシチュエーションがもっと生きたような気がした次第です。
    全体としては楽しんで読めました。

  • 良い意味で思ってたのと違った。幻の台本や医者やテレビや居なくなった人…いつかそれらの点がつながるのかと思っていた。でもそうではなく、バラバラのままで緩やかに萎んでいった。
    大きな伏線なく盛り上がりも弱かったけど、最後の衣花ターンはずっと涙腺緩みっぱなしだった。それまでの絆の深さを感じてたぶんかなー。それぞれの決意が心優しくて嬉しくなる。
    あとせっかく環を出すならもうちょっと効果的だとよかった。救世主になってたから都合良いかも。

  • 文庫本でこれまた積み読み。
    海の匂いがすぐ側でするような、なんて瑞々しい青春小説なんだろう…やっぱり辻村さんの書く学生話は本当にいい…
    島という狭い田舎で生きていく人の姿が凄く濃く強く書かれている。
    女友達でも兄弟になりたいと心から望む友達が、家の垣根を超えるほど近い存在でいて、それくらい仲のいい男友達もまた側にいて。
    田舎だからこその強い縁の強さに疎ましいと思うこともあるだろうけど少し憧れる。

  • こどもは必ず戻ってくる、の言葉になんだかジーンときた。

  • やっぱりいいな。辻村深月氏の言葉の温度はすごくいい。
    おかえりって言葉の大事さをなんだか改めて実感した。

    環が相変わらずでほっとした!

  • 島、良いなぁ。。
    著者の本を読むのは「ハケンアニメ!」に続き2冊目で、メフィスト賞作家という肩書きから想起するミステリー色もSF色も、どちらも全く感じない爽やかさたっぷりな素敵な読後感の(誉めてます)作品で、これはこれで非常に良かったです。

    素晴らしいのはそのディテールで、架空の島の設定を作り込み、島の暮らしぶりも、コミュニティデザイナーという仕事についても相当取材されたんだろうなぁと思う描き込みぶりにはもはや頭が下がるレベルです。
    その中で暮らす高校生4人。それぞれキャラが違って、島暮らしという1点で繋がっていながら、様々な出来事を通じて心を通わせていく。ただ、高校を出たら島を出る者、残る者に分かれてしまうという予感を感じながら過ごす日々にはどこか緊張感があります。
    伏線を用意して、綺麗にそれを回収していくのも非常に安心感があります。驚くような展開はなかったけど、面白かった。

    昔ながらの島暮らしではなく、Iターンの人もいて、コミュニティが交わりつつあってという今の島の姿を描いた本著。劇中劇のリライトと一緒で、これからの時代に合った島の姿は、きっとこういうものなのでしょう。

全100件中 1 - 10件を表示

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

島はぼくらと (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

島はぼくらと (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

島はぼくらと (講談社文庫)の作品紹介

17歳。卒業までは一緒にいよう。
この島の別れの言葉は「行ってきます」。
きっと「おかえり」が待っているから。

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。

大人も子供も一生青春宣言!辻村深月の新たな代表作。

島はぼくらと (講談社文庫)の単行本

島はぼくらと (講談社文庫)のKindle版

ツイートする