殺人出産 (講談社文庫)

  • 733人登録
  • 3.43評価
    • (17)
    • (80)
    • (66)
    • (24)
    • (4)
  • 97レビュー
著者 : 村田沙耶香
  • 講談社 (2016年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062934770

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
恩田 陸
三浦 しをん
又吉 直樹
村田 沙耶香
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

殺人出産 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 生や死って何だろうかと考えさせられる。価値観が変わってしまった世界を作り、性の在り方、産むこと、死ぬこと、殺すことをこれまでの常識から切り離して考えさせてくれる、良い本でした。

  • 全く予想しなかった話の構成。近未来なのか、仮想なのか。
    でも、もし私が実行するならば誰にするだろうか、とちょっと考えてしまった。

  • いまの現実の世界ではなくて、近未来なのか架空の世界を描いている、そういう所は星新一臭がした。星新一は好きだけど、この本はそれよりちょっと人間味があって怖い。
    そして設定などかなり細部まで掘り込んでいるので読んでいると物語の世界にスッと入って行ける。

  • あぁ、私はここまでは想像できなかった。と思うことで、自分は普通じゃないんじゃないか、という不安を払拭できる本。
    でも普通に、完成された世界観に感動する。
    常識ってなんだ。

  • 一瞬で読み終わりました。村田沙耶香さん、「コンビニ人間」いつか読まなくてはと思ってはいたのですが、今回の「殺人出産」の方が先になってしまいました。
    表題の作品を含む短編集。全部で4作あるのですが、どれも村田さんの特徴を掴みやすい、とてもすらすら読めてしまう作品でした。

    日常の”あたりまえ”を”常識”であるととらえてはいけない…そんなメッセージを受け取ったように思います。それをとても顕著に感じたのが「トリプル」でした。

    では短編の記載順にレビュー。

    表題作品「殺人出産」。子供を10人も産むだなんて、しかも男性も子供を産むことが可能になっているだなんて…確かに女性だけに妊娠機能が備わっているからこそ男女の違いが明らかになるわけなのだけれど…なんとも不思議な世界観にすぐに引き込まれました。10人産むことで殺人が正当化されるだなんて、その一人の命は10人の子供が正当な価値なのでしょうか?今の世界では全く予想できない内容で、得体の知れない世界って感じでした。私たちの世界での常識を知っている主人公に対して、作品内の常識しか体験したことのない従姉妹の存在がすごく大きく感じました。そしてもし私が産み人になり10人産み終わったら誰を殺すのでしょうか?今の世界や生活を見直すきっかけになったなと思いました。

    私的に一番びっくりした「トリプル」。確かになぜ恋人は2人でなくてはならないのだろうか。と言われると性別の問題以外に返答が思いつかないのも現実だなと思ってしまいました。この作品こそがこの世界での常識を本当に正しいのか疑うきっかけをくれたなと感じました。

    「清潔な結婚」これはこれでユーモラスな感じで面白いなと。夫婦の関係を知っている上で夫の愛人を見るとすごく滑稽で、でもその愛人の考えこそが今の私たちの世界での常識であると思うと、不思議で面白いような気持ちがしてなりませんでした。

    「余命」人間はいつ死ぬかわからないからこそ人生を楽しめるのだなと気づくことができました。そして私がこの世界に住んでいたのなら、どのようにして死ぬのかなと考えてしまいましまた。

  • 表題作他三編。
    世にも奇妙な物語に出てきそうな世界観だなと思った。個人的には好きなジャンル。
    100年後の世界なんてどうなっているかわからない。
    時代によって価値観やニーズは変化する。
    だからこそこのとんでも設定に妙な説得力があるというか、そう遠くない未来には本当にこうなっているのかもしれないと思ってしまった。

  • 確かに、今私が正しいと思っていることなんて
    10年後どうなっているかわからないし
    そもそも、あらゆるものにとって正しいことなんて
    存在しないから、自分自身の正しさだけを根拠にして
    生きていくのは大変だろうなと思う。

    殺人出産
    もっとホラー的な怖さがある話なのかなと思っていたけど
    淡々と進んでいくお話だった。
    殺すために生み続けるのも、理不尽に殺されることを
    社会がバックアップする上に、受け入れるしかないなんて
    怖すぎるし、嫌だなーと思う。私は誰かに恨まれるかもしれないし、今だって誰かに呪われているのかもしれないから
    私は殺さないし、殺されないとは思えないから。

  • 10人産んだら1人殺せるという設定が気になって読みました。怖さが残った。

  • いのちをこの世に送り出す行為である「出産」と
    いのちをこの世から消し去る行為である「殺人」
    相反する言葉がくっついたタイトルに惹かれて購入。
    先が気になりすぎて、ページをめくる手が早まったのはこの作品が初めてではないけれど、
    何とも言えぬハラハラ感、不安と後味の悪さはこれまで読んで来た作品の中でダントツのトップ。

  • 純文学と呼ばれるものを読むときは、「常識を疑う」「新しい価値観の提示」ということを漠然と念頭に置いて読んでいる。
    その点で、村田さんの作品はいつも、予想の上を行ってくれる。
    10人生んだら一人殺せるシステムによって人口を保つ世界。異常、と言ってしまいそうになるが、この世界の人々は昔の状態を「異常」という。この世界ではこの世界なりの倫理や生命に対する畏敬があり、秩序を持って成り立っている。それに比べたら、綻びを隠しきれなくなった今の世界の方が、異常なのかもしれない。
    正常とは、常識とは、生命とは。読後も考えさせられた。

  • バイト仲間の子に勧められて読みました。タイトルからしてどうなんだろうと嫌煙していたのですが、読んでみたら現代のタブーとされる生死、倫理観について面白い切り口で書いてあって興味深かったです。
    とてもわかりやすく倫理的なことが書いてあるので、表面上は毒が強く感じられますが、すぐに作者が伝えたい本質が読み取れるのが素晴らしいです。表題作の殺人出産や次に収録されているトリプルなんかは道徳の教材として若い人達と討論してみたいなと思いました。

  • 『コンビニ人間』に出てくる「ズレた人」がおかしくてこちらも読んでみた。

    四編とも「ズレ」を通り越して「異常」が「正常」になった世界がテーマのようです。

    時折可笑しみも感じるのだけど、優しさが無くて不快感とグロテスクさの後味が嫌だ。

    『清潔な結婚』はユーモアを感じたのでこれだけ好きです。

  • 覆られた生、 数の穴、潔癖すぎた愛、手間のかかる死

  • 10人産んだら1人殺せる世界を描く『殺人出産』。
    常識にとらわれない世界の設定だからこそ、今の常識とされる世界で感じる価値観や感情を客観視できるなあと思う。
    ほかに、カップルじゃなくて3人で付き合うのがマジョリティとされる世界を描く『トリプル』、性を切り離した結婚生活が描かれる『清潔な結婚』、人間が不死を手に入れた結果自ら死を選択する『余命』が収録されている。

  • 斬新な視点で正しいは間違いかもしれないんじゃないかと考えさせられた。理屈が通っていて読みつつ確かにこれでもいいかもしれないと作者の考えに引っ張られそうになった。生きていて、私にはとても思いつかない考えだった。ミステリーでもなく何ていう本と呼べばいいのだろう。2017.2.19

  • すごい世界観。
    狂った世界だとは思いつつ、もしかしたら時代が違えば今の方が狂っていいるのかも…なんて思いつつ読んだ。
    日本もそう遠くない昔、国のために死ぬ事が名誉だった訳だし。怖いなぁ

  • 奇抜なお話。
    いやいや、違うだろということが
    当たり前と化した社会のお話。

    多数派と少数派。
    多数派の意見で成り立つ社会。
    多数派の意見で価値観が決まる。

    ん?もしかして。

    いま「いいこと」「当たり前」とされている事柄はもしかしたら間違ってるのかもしれない。



    生と死という極端なテーマで書かれているけれど。
    恋愛とか生き方とか、いま「いいこと」「当たり前」とされてること、本当にそうなのか?って考えさせられるお話だった。

  • いろいろな家族のあり方を、恋人のあり方を、グロテスクに思考実験した書。面白かった!

  • コンビニ人間に、入る前に薄かったこちらを入門書にしてみた。同世代の作家には思えない、若い感覚な気がした。

  • あたらしい常識を見た。この世は既成観念が何なのか次第なのか。

  • 『コンビニ人間』がめっぽう面白かったのでこちらも読んだ。極端な設定で世界を相対化する作品は苦手なのだが、村田作品は登場人物の感情が切実なのと、自身の作品内の価値観からも距離を取っているので気にならず読めた。『トリプル」の母親が「3P」を連呼する謎のユーモア感覚も良い。

  • 読んでる途中で世界がひっくり返ってしまって、いざそのシーンになって違う、こっちじゃないって思った。常識って一種の宗教っていうか、そもそも信じるとか信じないとかじゃなく身体の一部になってるものっていうか。だからこそ他の身体を持った人では、どうしても受け入れられない箇所も存在するだろうし。100%の常識ってありえないんだよなーと。でも一瞬そっちの常識の側に踏み入れてしまう場面があった。恐るべし村田沙耶香。

  •  表題作『殺人出産』の他3篇の短編を収録する。
    ⑴「殺人出産」
     10人産んだら1人殺せる「殺人出産システム」により人口を安定させる日本。人々はセックスと妊娠を切り離し、人を殺すために人工授精を繰り返し出産に専念する者を「産み人」として崇める。「産み人」制度に疑問を持つ会社員の育子のもとに、姉の10人目の出産が迫っているという連絡が入る。姉が殺人の権利を得たとき、育子の中で何かが変わる……。
    ⑵「トリプル」
     若者の間で流行する新しい男女交際の形「トリプル」。3人1組の恋愛は、その性行為も新しい。拒絶する母親に隠れて誠・圭太とトリプルを楽しむ真弓にとって、それ以外の恋愛の形は在り得なかった……。
    ⑶「清潔な結婚」
     ミズキと信宏が求めるもの、それは「性別のない清潔な結婚」だった。夫婦間での性を排除した生活を楽しむ二人は、やがて子どもを作るために「クリーン・ブリード」と呼ばれる「清潔な繁殖」に取り組む……。
    ⑷「余命」(超短編)
     医療の発達により「死」がなくなった世界。人々は「理想の死に方」を求めるようになる……。


     まず「殺人出産システム」という設定がすごい。よくこんな究極合理的グロテスクが思いつくものだ…。恐ろしいのはこの世界の住人達にとって、「殺人」が生きる光になっているという点。誰かに腹が立った時、万人に「合理的殺人」の権利が与えられている世界では報復はただの夢想ではない。現実的な手段として「殺す」ことが可能なのだ。実際にそれを実行するためには大変な労力と時間を要するためやらないが、「現実的な報復手段を持っているんだ」という意識はストレスを軽減させるのだろう。
     また、ラストは衝撃。『消滅世界』でもそうだったが、主人公が異常な世界で「正しい狂い方」をしてしまう。正しいってなんだ。結局人間が人間にとって都合の良い価値基準を「正しい」と規定しているだけなのではないか。狂った世界での正しさは狂っているのだ。

     本書は『消滅世界』とほぼ同じような世界観を持つのだが、2作品を通して私には、村田沙耶香は人体実験ならぬ「世界実験」をしているように感じた。人体実験とは、完成された人体の秩序に手を加え、それが及ぼす影響を観察していくものだ。著者はそれを世界で試している。現実世界の「秩序」「常識」の一部を欠落させたり過剰にしたりした「実験世界」を作り出す。そしてその手を加えた事物がどのような波紋を描き世界や人間を歪めていくのかの経過を描いている。村田沙耶香が残酷なのは、その異常な世界に「正常な人間」を落とし込むこと。『消滅世界』では主人公の母が、そして本書では「ルドベキア会」の佐藤早紀子がその役を担う。そして彼女たちは皆悲惨な末路をたどってしまう…なんて悪趣味な作家……。しかしこれらがコントラストとなり、私たちは現実世界の常識を再確認させられる。そして、常識とは何か、正しさとは何かという深淵へと続く問いに読者を誘うのだ。
     悪趣味なんだけど、やめられないんだよなぁ……

  • 清潔、性的行為、命、死

  • 新しい視点で描かれた話ばかりでとにかく斬新だった。

全97件中 1 - 25件を表示

殺人出産 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

殺人出産 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

殺人出産 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

殺人出産 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺人出産 (講談社文庫)の作品紹介

祝!芥川賞受賞
村田沙耶香 最大の衝撃作はコレだ!
10人産んだら、1人殺せる。「殺意」が命を産み出す衝動となる。

今から100年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」によって人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日突然変化する。表題作、他三篇。

殺人出産 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする