青い鳥 (講談社文庫)

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 江國 香織 
  • 講談社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935401

青い鳥 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文通友だちさんから頂いた、江國香織さんの訳と、宇野亜喜良さんの絵が贅沢だなと思っていた一冊です。藤田和日郎さんの「月光条例」も読み終わった事で、遅くなりましたがようやく読みました。子供向けのお話ではありませんでしたが、とても良いお話でした。結構長いお話なのですね。幸せはすぐ側にあるかもしれないけど、見つける目を持っていないと気付けない。あと、やっぱり猫より犬派なことに気付きました。文章にも絵にもうっとりして、良いひとときでした。贈ってくださってありがとうございました。

  •  古典というものがいかに人の琴線に触れるのか。

     一つの作品がいろいろな人の手により翻訳され挿絵をつけられるその数が多ければ多いほど人の心をつかむチャンスがあるという事だろう。

     子供が読む本として生まれ、その子が成長しまた手に取れるそんな本が日本にももっともっと生まれてほしい。

  • 2017年1月13日購入。

  • なんとなく知る青い鳥、江國香織さんの訳と宇野亜喜良さんの装画ということで、改めて読みました。今更ながら、童話ではなく戯曲、大人向けの話しだったのか。どこにもない、どこにでもある、幸せの青い鳥。

  • 【愛蔵版】豪華イラストと新訳で贈る極上の大人の寓話
    〝ひたすら幸せになりたがる病気〟にかかった醜い妖精の娘を救うため、クリスマスイブに「青い鳥」探しの旅に出たティルティルとミティル兄妹。数々の不思議な出会いを経て二人が見つけた世界の本当の姿とは?

全5件中 1 - 5件を表示

モーリス・メーテルリンクの作品

青い鳥 (講談社文庫)の作品紹介

“ひたすら幸せになりたがる病気”にかかった醜い妖精の娘を救うため、「青い鳥」探しの旅に出たティルティルとミティル兄妹。夜の城で、幸福の館で、未来の王国で、いくつもの不思議な出会いを経て、二人が見つけ出した世界の本当の姿とは。クリスマス・イヴの夜の奇蹟を、美しい新訳と絵で蘇らせた愛蔵版。

ツイートする