新装版 寂庵説法 (講談社文庫)

  • 7人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 瀬戸内寂聴
  • 講談社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935494

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【最終レビュー】

    17年・上半期。節目の著書として…

    昨年末・紀伊國屋書店にて購入(ポイントカードのポイント割引利用で)

    〈約・一年前。美輪明宏さんとの対談著書〉

    が『スタートライン』

    ※既読著書・これからを生きるあなたに伝えたいこと(昨年・7月既読)―既読レビュー―

    http://booklog.jp/users/sapphire913/archives/1/483872828X

    同性の大先輩として、今後の心構えをどう持てばいいのか、そのキッカケとして、影響力が大きかった著書でした。

    ここから、間もなく一年。

    いい節目に既読でき、自分の中で、改めて、再認識を十二分にさせられた

    ―寂聴さんの『読む法話集』―

    心の洗浄を、隅から隅まで『きめ細やかに、清々しく、爽快感も覚えるかのように』

    既読直後、生々しくこのことを体感していったといってもいい。

    涙を浮かべながら、頷ける所もあちこちに点在し、自分に不足してるところには

    〈シンプルながらも深く懐に刺さるぐらいの『謙虚な心構え』〉

    +今の時代だからこそ、大事にしたい、さり気ない優しさが込められたメッセージの数々…

    寂聴さんにしか持ち合わせていない

    〈振り幅の見識の広さを踏まえた〉

    『真の入魂の数々』が『存分に冴え渡っている』

    簡潔にまとめるなら、こういった雰囲気をヒシヒシ感じ取っていました。

    池上彰さんとの対談を通して存じ済だった、出家時に髪を下ろした寺院での

    〈恩師:故・今東光さん。見知っていなかった『本来の彼の姿を通して伝わってくること』〉

    その他、特に印象に残ったのは

    〈『巧みでかつ品の高さを感じる「日本語&四字熟語」』での『究極の描写力』〉

    〈出家時、奥底に秘めていた、本来の寂聴さんご自身の『入り乱れるなかでの「率直な心境のせめぎ合い」』〉

    〈寂聴さん:幸福とは・6ヶ条=今の時代だからこそ、心得ていたい『項目』がズラリ並んでいます〉

    〈万物流転ー本来の意味合いを通して…ー〉

    〈四苦とは…〉

    〈寂聴さんファンの方々に年代は全く無縁=老若男女〉

    〈人間の煩悩とは〉

    〈心身での体験の大切さ〉

    ー至って、気難しくなく、日常茶飯事の隅々まで通用することばかりー

    そう、改めて噛み締めながら実感していました。

    今の自分自身への

    〈実りの熟した栄養素が込められた、究極のビタミン剤〉

    を与えられた著書。手にして正解でした。

    ◇追記―仮レビュー記載内容。そのまま残します―

    幾分、自身の中で思っている『本音』が含まれる箇所=代弁して頂いてる部分もあります。

    この紹介著書も、後日、チェックを入れます。

    PCモードにすると、チェックが入れやすいと思います。

    1.6/27:ヤフーニュース内・配信内容より。これまた、とっても有り難いメッセージ。全容は以下のURLより。

    《同じ状態は、長くは続かない!必ず、変化がある》

    ○「鬱になりかけていた」 95歳の瀬戸内寂聴さんからのメッセージ

    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06270546/?all=1

    2.6/28:ヤフーニュース内・配信内容より。これにも、大いに共感できたメッセージが。全容は以下のURLより。

    ○打ちひしがれた人にどういう言葉をかけるべきか 被災者と向き合って、まず呼びかけたこと

    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06280545/?all=1

  • 人はなぜ生き、愛し、死ぬのか、に答える〝読む法話集〟
    愛する人に愛されない、大切な人との別れがつらい、孤独や老いとどう付き合う? ―人生の悩みや苦しみに答えてくれる寂聴の〝読む法話集〟。仏教の教えを説き、読むだけで心が軽くなる大ロングセラーの新装版。

全2件中 1 - 2件を表示

瀬戸内寂聴の作品

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)の作品紹介

愛する人に愛されない、大切な人との別れがつらい、孤独や老いとどうつき合っていけばいい?―ー人生のさまざまな悩みや苦しみに寂聴さんがやさしく寄り添って答えてくれる“読む法話集”。愛、幸福、怒り、無常、命、死などについて、自身の人生を振り返りながら、仏教の教えとともにわかりやすく説く。読むだけで心がスッと軽くなり明日への元気が湧いてくる大ロングセラー。文字が大きく読みやすくなった新装版。

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)はこんな本です

新装版 寂庵説法 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする