清らかな煉獄 霊媒探偵アーネスト (講談社文庫)

  • 24人登録
  • 3.83評価
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 風森章羽
  • 講談社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935524

清らかな煉獄 霊媒探偵アーネスト (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近ハマり出した霊媒探偵シリーズ。
    前回の『ザミステリー』的な舞台とはまた変わり、現実味を帯びた事件と舞台。
    前作と共通するのはミスリードのような引っ掛けがあちこちに散らばっていることと、霊媒探偵だけあってファンタジー色が時々見られること。あまり『霊媒』要素はなかったですが(笑)

    前作の方が好みでしたが、今作も面白かった。
    一気に読みたいのになぜか読んでいると眠くなり、少しずつ読みました。

    キャラクター的には秋重くんが気になってきました……彼はあのままか、それともまさかの悪役になるのか!?(それはないか(笑))秋重くんの「マスター」呼びにちょっとにやけちゃいます。

    次巻すぐ買いたいけど、文庫版は出ないのかな??雪のやつ。できれば文庫版で揃えたい……というか文庫版の絵が好みなので。
    文庫版になるのを待つか……買ってしまうか悩むところ。
    タイガの方は既に文庫だからあのままなのかな??
    なんでタイガに移ったんだろうか……
    そのへんの事情詳しい方教えて下さると助かりますヽ(*´∀`)ノ

  • 死者の祈りが〝真実〟と〝幸福〟を導き出す―
    霊感ゼロの喫茶店店主・佐貴に、霊媒師の助けが必要なの、と電話番号を手渡した浜本理佳と名乗る女。由緒正しき霊媒師・アーネストへの依頼である。電話をしてみると、なんと理佳は一年も前に自殺していた!

全2件中 1 - 2件を表示

風森章羽の作品

清らかな煉獄 霊媒探偵アーネスト (講談社文庫)の作品紹介

「この電話番号の相手が、霊媒師の助けを必要としているのよ」 そう言って、霊感ゼロの喫茶店店主・佐貴に電話番号を手渡した黒髪の美女。この浜本理佳と名乗る女性は、佐貴の友人であり由緒正しき霊媒師・アーネストの助けが必要なのだという。電話をかけてみると、なんと理佳は1年前に自殺していた……。理佳の恋人も変死しており、アーネストと佐貴がその謎を解き明かすべく、動き出す!

清らかな煉獄 霊媒探偵アーネスト (講談社文庫)はこんな本です

清らかな煉獄 霊媒探偵アーネスト (講談社文庫)のKindle版

ツイートする