家電の神様 (講談社文庫)

  • 80人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (14)
    • (21)
    • (5)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 江上剛
  • 講談社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935630

家電の神様 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  面白いんだが、終わった感がない。続編が出るのかな?

  • 20170523読

  • 郷土作家の江上さんを応援する意味で読みました。

    若干盛り上がりに欠ける気がしましたが、とりあえず読破。

  • 軽く読める読み物です
    一面だけから物事をとらえないことが大切です
    ほとんど実話に寄り掛かった作品です

  • 平易な言葉で書かれていて読みやすい一冊
    ただ専門的な知識があまり無いのが寂しいかな
    低価格競争ではなく適正価格とは何かと問いかけて来るのが今時のテーマかな
    とても読みやすい作品です

  • 家電量販店に出入りする大手電機メーカーに新卒で入社した主人公は、3年後、リストラの対象になり、リストラ部屋で多少はあがいたものの実家の母親が経営する個人家電屋に再就職する。

  • 街の電器屋さんvs.大型家電量販店!
    大手家電メーカーで働く轟雷太は入社三年目にしてリストラされてしまう。転職活動を諦めた彼は母が経営する地域密着「街の電器屋さん」を継ぐ決意をする。だがそこも経営は風前の灯火だった。文庫書下ろし。

全14件中 1 - 10件を表示

江上剛の作品

家電の神様 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

家電の神様 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家電の神様 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家電の神様 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

家電の神様 (講談社文庫)の作品紹介

街の電器屋さんvs.大型家電量販店!
デフレの時代にまさかの「高売り」戦略?!リストラされた「ゆとり世代」の俺に、勝機はあるのか。

大手家電メーカーで働く轟雷太は長引くデフレの影響で入社三年目にして突如リストラされてしまう。転職活動を諦めた彼は実家の母が経営する店を継ぐ決意をする。そこは昔ながらの地域密着型の「街の電器屋さん」。だがそこも近所の大手家電量販店に客を奪われ、経営は風前の灯火だった!<文庫書き下ろし>

「安けりゃいいってもんじゃない!」

家電の神様 (講談社文庫)はこんな本です

家電の神様 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする