リバース (講談社文庫)

  • 880人登録
  • 3.88評価
    • (55)
    • (92)
    • (67)
    • (4)
    • (2)
  • 92レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 講談社 (2017年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935869

リバース (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • イヤミスの女王として遺憾なく発揮されたであろう今作。謎もさることながらラストの2行で今後の深瀬の人生が如何に更に生きづらくなるであろうことが決定的となる。それを美穂子に言うのか、それとも言わずに隠して生きていくのか。
    ただ、知らなかっただけで――だがそれで自分が広沢を殺したなんて。蕎麦アレルギーだと知っていたら、あの蜂蜜を入れなかったのに。何も知らない、何も知らなかったことから訪れる悲劇。そしてこれからも背負うであろう、十字架。彼は気付いてしまった事実、どう贖いをしていくのか。何も知らなかった頃に戻れない、そんなところで終わるのがまさに読後感が最悪でした。流石、イヤミスの女王。

  • 「深瀬和久は人殺しだ」 -- 。主人公・深瀬和久の恋人の元に、告発文が届いた。恋人に問い詰められた深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか、と…。

  • すんなりしたお話だったと思ったのに、最後の2行でやられた。

    個人的に、終わり方はすごい好き。それでも、救われない気持ちになった。これが湊かなえか……

  • ドラマが始まる前に読もうと思っていたのにすっかり忘れてて焦って読みました。
    最後の一行に衝撃。
    そういうことだったのかと唖然。
    小説とドラマだと内容が結構違うので、ドラマがどうなるのかそれはそれで楽しみ。

    #珈琲 #蕎麦 #アレルギー #はちみつ

  • やはりありましたか、最後のどんでんがえし

  • 特に男性に読んでいただきたい。友情という正義において、最後に迫られる選択と決意に過去の自分を重ねてしまうような錯覚を覚える魔法の書。その後、自分だったらどうする?興味と恐怖が混じる読後感。

  • 一気に読んでしまった。結末は、、、
    そうだったのか。。
    読んでみる価値あり。
    ドラマ化したテレビも観よう。

  • 編集部からのある『お題』に応え、読者の想像を越える衝撃のラストに震える。ミステリー史に残る最後の一行が絶品の、湊かなえさんの最高傑作。
    今春の連続ドラマの出来が素晴らしく、早速原作を読破。最後まで事件の真相が分からないなか、絶妙に張られた伏線と最後の一行が強烈なインパクトを残す。ドラマは原作と違うラストになるらしいが、果たしてどんな衝撃を与えてくれるのだろう。

  • やめてーーーーって感じの
    衝撃の一文。。

  • 落とし方がちょっと雑であって、えぐい。
    主人公のよりどころであった「コーヒー」までも奪っていくとは、救いようがない。湊さんらしいですね。

  • 帯文:”ついに“あのこと”を話す時がきてしまったのか――。” ”彼の死は、だれのせい?”

    目次:第一章、第二章、第三章、第四章、第五章、終章

  • 衝撃的!
    まさにラスト1行が…!

    まさにラスト1行の衝撃。これに尽きる!

  • 『どんなときでも、行動と思いが伴っているわけじゃない。自分の行動がベストじゃないなんてことは、ほとんどの人が自覚してる。

    だけど、そうすることによって成り立つ世界もある。気付いていないことは指摘すれば改善されることもある。

    だけど、自覚していることを指摘されても、何も変わらない。むしろ、恥をかかされたって、相手を意固地にさせてしまうだけ。』

    気付けなかった悔しさが残る作品。
    五章の最後に読者への挑戦状があってもいいくらい、良く出来ている。良く出来ているというか、こんなシンプルな伏線はないな。

    それにしても、軽くイヤミスだなぁ〜。

  • 最後にきちんと驚かせてくれるミステリ。伏線はきちんとそこかしこに散りばめられている。自己肯定感の低い人間は思った以上に自分の考えを「〜なはずだ」と考えてしまいがち。自分がそうであったことを久しぶりに思い出させる作品だった。

  • いつもの湊かなえさんの作品では、『私は…』『わたしは…』から始まるのに、『深瀬は…』と、第三者からの目線で始まることが新鮮だった。
    最後の最後で、そうだったのか、と驚いた。
    そんなつもりではなかったはずなのに。

  • あー、そうきたか!の結末。
    事柄は、外的なことがきっかけになり、要因だったりするのだが、話の流れは、心のなかの迷い、哀しみ、苦しみの暗闇を歩いているようだ。人の抱えるものというのは、そんなにシンプルに善悪、白黒、好き嫌いでスッキリするものではない。それをあらためて痛感させられる物語である。
    そして、どこかスッキリと完結したい、安心したいと望む心を読むかのような結末を見せつけられる。人生はそう簡単にはいかないと。

  • 実写ドラマ化で話題の湊かなえ史上初の男性が主人公の話。

    実写ドラマを見ていたら妹に「どんな話?」と聞かれたので、「意図せずに人を殺してしまう話」と答えた。間違っているだろうか…笑

    これを読んで湊かなえは真の天才であると改めて思いました。版元である講談社編集部よりお題が出され、そのお題に応える形で生み出された作品。キーとなる最後の一行に向け、ストーリーにエンジンがかけられる。最後の一行どんでん返しものではある意味異色で、悲しくなる。一つの事件を後ろめたく感じ、追い詰められていく男たちの心情変化や後悔をうまく描いていく。さあ、実写を見よう!と思える珍しい作品。

  • 2017/4/21読了。
    このオチでこのまま話終わっちゃうんだ、という感じ。

  • 衝撃のラストだった!この後,主人公たちがどうなっていくのか。

  • ドラマが始まったところだけど、どうにも藤原くんの辛そうな演技を見続けるのはしんどそうだと思い手に取りました。
    出た、圧巻。なるほどなあと感心。
    読み終わってからのモヤモヤ感が半端ない。
    このあと彼はどうするのだろう?と考えずにはいられない。
    結構一気に読めました。
    もちろんドラマも見ます。

  • 2017.4.16読了。コーヒー飲みたい。

  • ドラマを見て先が気になったので、買って読んでしまいました。
    いつもの湊さんの作品のように、さくさく読める。最後の一行はそういうことか!とも感じるけど、その前までの大きな流れと比べると小ぶりと言うか、呆気ない感もややありました。どんな風に映像化されていくのか楽しみです!

  • ドラマの初回放送を見て、最終回まで待てなくなり、結局文庫本を購入して、こんな時間まで一気読み。さすが、湊かなえ作品。これで終わりかなぁーと思っていたら、最後の最後まで楽しませてくれる。綺麗なだけでは終わらせない、いやらしさ。

  • 珍しく割りと早い段階で分かっちゃった、と思いながら読み進めたんだけど、やられました。
    読めばわかる。

全92件中 1 - 25件を表示

リバース (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

リバース (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバース (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする