ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)

  • 146人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (18)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2017年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936040

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • Xシリーズの中でも特に好きなお話になった、読み終わった後のなんともいえないこの感じ、たまらん

  • 今回は真鍋くん、あんまり活躍しなかったなぁ。
    椙田があっていた女は誰なんだろう。

  • 秘密めいた家族、広くてなにがあるのかわからないお屋敷。大好きなミステリーの舞台だったが今回だけは人物に引き寄せられました。一葉が一番惹き付けられたかな。それにしてもレギュラー陣に謎が多すぎる。

  • 『常軌を逸した短絡的な判断だが、自分の命よりも大切なものを守ろうとした。』

    Xシリーズ第4弾。タイトルからエピローグまで、首尾一貫してリーズニングの連鎖で描写されている。森作品の大部分は、ファクトベースで話を展開してこの辺りの解釈をオープンにする傾向が強いため中々新鮮。

    「血」というコンディションは、「性」というそれと、非常に類似した性質を有する。いずれも「命」とともに授かるものであり、「生」に多大なる影響を与えうる。これらが「命」よりも大事なものになってしまったとき、できることは「生命」を断ち切ることだけ。なんとも皮肉な話である。

  • どうしても変えられないものがあって
    それは自分を保つためのカケラで
    そのカケラすら掴めなくなったとき。

    たぶんすべてをぶち壊して、粉々にして、
    無に戻そうとするんだと思う。

    血。

  • その井戸には河童が出るらしい。待望のXシリーズ第四弾!

    百目鬼家は、大正期の女流作家、百目一葉を世に出した旧家。その息子夫妻が屋敷内で刺殺され、遺品の整理と鑑定を請け負ったSYアート&リサーチの小川と真鍋、アルバイトの永田は、新たな殺人に遭遇する。

  • 多大な財を成す名家・百目鬼家の当主が殺害される。百目鬼家の財産の一部である骨董や絵画の鑑定を請け負った小川らだったが、敷地内の古井戸で再び遺体が発見される。
    各務登場。

全7件中 1 - 7件を表示

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)の作品紹介

東京近郊に広大な敷地を持つ百目鬼家は、大正期の女流作家、百目一葉を世に出した旧家。その息子夫妻が屋敷内で刺殺され、遺産の整理と鑑定を請け負ったSYアート&リサーチの小川と真鍋、アルバイトの永田は新たな殺人に遭遇する。古い河童の絵と謎めいた文の意味するものは。Xシリーズ、待望の第4作!

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)はこんな本です

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)のKindle版

ツイートする