スペードの3 (講談社文庫)

  • 115人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 朝井リョウ
  • 講談社 (2017年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936132

スペードの3 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 謙虚さを大切にしようと
    思った時点で、もう後戻りできない。
    意識して大切にしている謙虚さなど
    本当の謙虚さではない。

  • 「桐島、部活やめるってよ」「何者」の朝井リョウの中編集。
    同じ状況を3人の視点から見た3編を収録。


    第1章「スペードの3」

    美千代は舞台俳優「司さま」のファンクラブ「ファミリア」を束ねる「家」のリーダー格。
    学生時代から学級委員など集団を束ねる立場を続けていた美千代は今も「ファミリア」の規律と結束を守るため、日々奮闘していた。劇場の出待ちを同じ衣装「家服」で迎え、列もファミリアへの貢献度により厳密に決められている。
    そんな結束を破る「モンスター」が現れた。

    第2章「ハートの2」

    「モンスター」はアキ。中学時代、ブスでいじめられた「むつ美」は高校進学を機に人気者「愛季(あき)」のようになりたいと「変身」を始める。美しくなり、変身をとげた「アキ」はある日自分にそっくりの舞台俳優「司」を発見する。

    第3章「ダイヤのエース」

    司は宝塚を思わせる歌劇団出身の舞台俳優。歌劇学校でのルームメート円(まどか)の自然とかもしだすドラマ性、因縁、かがやきにうらやましさと自分にはないものを感じていた。
    人気にかげりも見え、「ファミリア」という一部のファンの応援にも一抹の不安を隠せない司。円の病気による電撃引退の報を受け、司もまた公式ブログ向けに「引退」の記事の下書きを始める。

    やっぱり第3章があるのがポイントでそれまで遠い存在だった「スター」の決してかっこよくない内面、素顔が現れることでそれまでの構図が合わせ鏡のように対比されてくる。

  • 私、好きでした、これ。

    タイトルは大富豪にちなんでいて、
    「ファミリア」というファンクラブのリーダーで統率を取ることで自分の居場所を作る女(スペードの3)、
    容姿にコンプレックスがあって変わるチャンスを探す女(ハートの2)、
    「普通に幸せ」な人生を送りドラマティックなバックグラウンドがないことを嘆く女(ダイヤのエース)、
    の三篇です。

    どれも描かれている悩みの本質は、
    よくそこに焦点を当てたな!よくわかりましたね!という、女性的なものなんですが、
    筋運びは(いい意味で)男性的です。
    物語の起承転結がはっきりしている、というか。
    現実では、「誰もそんな決定的なこと、言ってくれないよ!」というような類の発言が出るわ出るわ。

    しかしいいのです。
    だって物語だもん。
    そうやってカタルシスを得たいじゃないですか。

    みんな、誰かを羨望して、救われたいと願っているのに、
    最後は「自分で頑張るしかない!」という結論に至るという。

    この三名はみんなすごく孤独で、
    周囲に自分を偽っていて、
    その本性が知れているのがその、うらやましくて仕方のない相手である、というのが、想像するだにカッとなるような状態ですよね。

    でもここから開き直ってほしい、というエールをこめて。

  • 女の子は明日も、を読んだ時もそうだったけど、
    女子は周りと比較する。
    周りとの関係性の中で自分のポジションを図る。
    そのめんどくささを上手に描いてくれている。
    あさいさん男子なのに!
    普段はあんなふざけてるのに!笑
    ぐさっ、とくるけど、女子として生まれた楽しさを感じる本でした
    この本も、擬音を効果的に使っていました

  • 完全なる朝井リョウコンプレックスに陥った……

  • 変われるか、自分。

    有名劇団のかつてのスター〝つかさ様〟のファンクラブ「ファミリア」を束ねる美知代。ある時ファミリアの均衡を乱す者が現れ、思いがけない現実を連れてくる。切り札はどこに。屈折と希望を描いた、連作集。

全7件中 1 - 7件を表示

スペードの3 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スペードの3 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スペードの3 (講談社文庫)はこんな本です

スペードの3 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする