スペードの3 (講談社文庫)

  • 433人登録
  • 3.35評価
    • (9)
    • (34)
    • (52)
    • (14)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 朝井リョウ
  • 講談社 (2017年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936132

スペードの3 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 選んでも選んでもずっと続く岐路。
    想像によって人は理想的に広げられる。
    だけど本当は広がってなくて、一瞬一瞬の積み重ね。

  • 個人的に好きな朝井リョウさんの本。
    ずっと気になっていたため、文庫になっているのを見つけて即買いした。

    元スター女優、そのファンクラブのまとめ役、ファンクラブの新メンバー、3人それぞれから成り立つストーリー。
    距離が近い3人の視点から構成されている物語ではあるのだが、それぞれの主観から見ることで世界の見え方、感じ方がまったく異なるところがとても面白い。

    朝井リョウさんは、こういう小さなコミュニティーの中の対人関係に生じる感情(特に嫉妬、妬み、蔑み等の負の感情)を描くのが本当に上手い作家だと思う。
    「何者」では就活生というコミュニティー、「桐島、部活辞めるってよ」では学校というコミュニティー、また今回はファンクラブというコミュニティー、実に多彩なジャンルで描かれている。
    作品を読みながら「意地悪だなぁ…」、「えぐいなぁ…」と感じる一方で、それを理解できる、つまり同じような感情を持っている自分に毎回気付かされてしまう。
    何となく他人に朝井リョウ作品を勧められないのは、自分の黒い感情がバレて、人間性を疑われるのが怖いのかもしれない…(笑)

    個人的に一番印象に残ったのは、「スペードの3」。

    自分も「失敗を犯さないように確実に待ちながら進める」タイプであり、何となく美知代と近いものがあるなぁと感じながら読み進めた。
    もちろん、ここまで意地が悪くはないけれど…(笑)

    自分が気持ちの良く過ごせるフィールドで生きることの心地良さは理解できる部分もあった。
    この本では、それがとても悪いコトのように書かれていたが、一方でそのフィールドを守ろうとすることは誰しもがあるのではないだろうか。
    もちろん、その意思をドコまで他人に迷惑をかけながら押し通すかというサジ加減は必要だと思うけれど…

    最後のシーン、待っているだけでは何も起きないことに気付く美知代。
    「在庫数、また、直接聞きに来ます」、とても爽やかで素敵なセリフだった。
    唐木田さんと、上手く行けばいいなあ…

    <印象に残った言葉>
    ・家に帰るためではなく、どこかへ向かうために乗る終電だなんて、一体、いつが最後だったのだろう。大学を卒業して、もう七年が経つ 。(P28、美知代)

    ・美知代ちゃんは、この世界で、また学級委員になったつもりでいるの? (P103、むつ美)

    ・ どれだけ待ってても、革命なんて起きない。(P150、むつ美)

    ・ 在庫数、また、直接聞きに来ます(P158・美知代)

    ・ 自分のためでいいのだと、むつ美は思った。こんな自分をごまかすことができるだけの理由や言い訳を探すことに時間がかかってしまったけれど、そうでなくていいのだと思った。私は、私のために、よりよくなりたい。そう思うことでこんなにも呼吸がしやすくなるのならば、きっとそれは醜い欲望ではないのだ。(P244)

    ・ 謙虚さを大切にしよう、と思ってしまった時点で、もう後戻りはできない。意識して大切にしている謙虚さなど、本当の謙虚さではない。(P261・つかさ)

    ・ ごめんね。ずっと、私のほうがずるくて。(P323・円)

    ・ その人の背景や、余白や、物語は、それ以上のものにはなり得ない。それ以上のものになり得るように見えるときもあるけれど、決して、なり得てはいない。そのときそのときに出会ったものを積み重ね、吐き出して生きている私たちにとって、そのときそのときに想像されたかもしれない物語なんてどうでもいいのだ。そこにあるのは、そのときのその人自身、それだけだ。(P343・つかさ)

  • 分かる!
    分かる分かる!

    小学校時代の学級委員気質から抜けきれずに、妙齢になってもなお自分を取り巻いてくれる人がいる環境に身を置きたがる美知代の気持ち。

    みんなが憧れていたり畏れていたりする存在に一歩でも近づいて、それを何とも思ってないように絶妙にひけらかしながら自分の特別感を強調しようとするんだよね!

    それから、自分の背景に、特別な理由や物語が何もないことにコンプレックスを持って、後付けを創ってしまおうとするつかさの気持ち。

    死ぬほどじゃないけど憐れんでもらえる持病だったり、二度と会えない訳じゃないけど身内との別れだったり、絶望的に呆れられるほどじゃない問題行動だったり、そういうものを持っていて注目される人を「ズルい」って思っちゃったりね!


    だけど、本当は分かっていたりして。
    どんなに特別感を示そうとしても、
    どんなに背景にドラマを演出しようと、
    勝負できるのはここにいる私という人間ひとり。
    この人間ひとりで向かっていくしかないんだって。

  • 朝井リョウさんの作品は全て読んでます。

    第1章 スペードの3
    ファンクラブのまとめ役をこなす学級委員タイプの女性とそれを乱す存在との関わりを小学校時代と重ねながら物語が進んでいく。
    相変わらず、ドキッとさせられる。それも、何気ない日常をホラーに変えてくる。特に、美知代が小さな優越感を大切にする描写。これって、やっぱダメなんですか?汗 僕はそこだけではないにしてもそこにはこだわりがあって、常に自分が”上”の存在でありたいと思って努力する節があるんです…。周りからしたら、やっぱ痛いんかなぁ。
    アッキーのミスリードは騙されたけど、そこまで驚きはなかったです。

    第2章 ハートの2
    スクールカーストの中でも特に下の人を主人公にした話。
    朝井さんってこの辺の人の気持ちまで掬えるのかと驚き。休憩時間に友達がいないときの時間経過の長さとかリアル。なんか、村田沙耶香さんに近いものを感じなくもない。

    第3章 ダイヤのエース
    たまにある優しいメッセージ回。
    どんな物語があろうとなかろうと表現活動をやってはいけないなんてことはない。ましてそれを辞めたところで得られる反響なんて知れている。
    木皿泉の脚本に通ずる優しさを感じることが最近増えてきたと感じます。

    総じて、今作も変わらず朝井リョウ成分を補給できて充実感です。
    一つ思うのは、もしかしたらパターン化しつつあるかもしれない。物語の構成が論理に塗り固められているというか。またこの構造かとは思ってしまう。
    朝井リョウさんのことだから、その辺は色々考えているんでしょうけど。

  • 隣の芝生は、青いです。
    3人の女性の気持ちの揺れが面白かったです。誰もがどこかに共感して、反発するお話なんだろうなと。
    なれなかった自分も、なりたい自分も、人の所為ではなく、自分の中に全てあるってことですね。気持ちも、行動も、自分次第だ。

  • 文章は読みやすく、ボリュームは少なめ。
    一気に読める。

    舞台女優のファンの世界。
    メインの登場人物はすべて女性。
    自分にとってまったくの未知の世界ということもあり、次の展開が気になり、どんどん読む。

    そして、9割ほど進んだところで、気づく。
    あ、もう終わりだ。

    各章の主体になっている3人以外の人物のことも、もっと知りたかった。
    特に、2章に出てくる志津香とか。あ、飯島ちゃんとかも。
    もっと言えば、美知代とつかさは人物像が見えたけど、アキ(メインキャラの方の)に関しては、もう少し続きも読んでみたかった。
    まぁ、でも、はじめの一歩を踏み出すまでを描くという意味では、三者とも共通だからいいのか。

  • 安定の人の内側の醜さを書かせたら間違いのない朝井さん。みんな最後には希望の光が見える。そのためには一度最低の所に落ちなければいけない。ハートの2の彼女はそこからよじ登ってきたけど、その動機から彼女が幸せになれるのかはわからない。結局の所人の悩みや幸せなんて、偶然やとるに足らないことの積み重ねなのかもしれない。それが黄色いストールの象徴することなのかもしれない。

  • 朝井リョウさすがです!
    何者を見たときこの人は年齢も近いし、若者の繊細な気持ちを表現するのが上手い程度だと勝手に思っていました。
    ですがこのスペードの3で覆りました。同じ物語ですが、3人の全く違うようで根底が同じストーリー。
    本当はどうしたいんだ!何がしたいのか!何が出来ないのか!人間の奥底にある感情、欲望。意地?プライド?嫉妬、妬み、ごくごく細かい描写が描かれていてあっという間に読み終わってしまいました。そしてそれぞれの主人公のラストシーン、そしてどんでん返しの展開、すごく引き込まれました。面白かった!!!
    他の作品も読んでみたい!!!

  • わかるんだけどわかりたくない、女のわたしとしてはそんな気持ちだった。
    ファンクラブとかそういうのは入ったことないし少し非日常だったんだけど、日常も透けて見えるようだった。

    わたしは自分がそんなにしっかりした人間じゃないし、ドロドロした醜い部分もあると思うから読後感はため息1つ。という感じだった。

    朝井リョウさんのお話は見たくない現実を突きつけられるような感じがする。すごい。

  • 待ってたって、革命なんて起きないから

    朝井リョウ、なぜこんなにも女の人のドロドロ感をうまく描けるんだろう

    嫉妬とか、コンプレックスとか、そういう「嫌な感情」は実は誰でも持ってるんだよなって思わされる。

全55件中 1 - 10件を表示

朝井リョウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
朝井 リョウ
宮下 奈都
西 加奈子
平野 啓一郎
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

スペードの3 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スペードの3 (講談社文庫)の作品紹介

ミュージカル女優、つかさのファンクラブを束ねる美知代。小学校の同級生の出現によって美知代の立場は危うくなっていく。美知代を脅かす彼女には、ある目的があった。つかさにあこがれを抱く、地味で冴えないむつ美。かつて人気を誇っていたが、最近ではオファーが減る一方のつかさ。それぞれに不満を抱えた三人の人生が交差し、動き出す。私の人生は私だけのもの。直木賞作家朝井リョウが、初めて社会人を主人公に描く野心作!

スペードの3 (講談社文庫)はこんな本です

スペードの3 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする