スペードの3 (講談社文庫)

  • 291人登録
  • 3.38評価
    • (6)
    • (18)
    • (30)
    • (7)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 朝井リョウ
  • 講談社 (2017年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936132

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
柚木 麻子
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

スペードの3 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • トランプの大富豪がタイトルになっている作品。

    3部の構成から成っており、それぞれが微妙に関わっている。

    相変わらず人間のエゴというか見栄というか弱いところを描かせたら上手いって感じ。
    逆に読んでいてその部分が痛かった。

  • 世界は広くないし、自分はそんなに弱くない。
    満たされない、泣いてしまえないくらいの絶望がある。
    性格悪いけど、執着心が強くて、なんだか、力強い。

  • 期待しすぎたかも、、、という感じです。
    ある歌劇団のファンクラブの代表の女、その女と小学校時代一緒だった女、そのファンクラブの元劇団スター3人の物語がそれぞれ展開されています。
    前向きになれるものでもなく、かといってイヤミスのようなものでもなく、余韻にも余り浸れず。。。という感じ。

    女のドロドロした感情や考えは、もはやその通りでそれを現しているこの作家は凄いなと思う。大富豪で表すタイトルやこの並びにきっと私にはまだ読み込めていない意味があるのかも、、、とも思います。

    劇団のことに関しては割とその通りだなぁと感じてしまい、なんともいえない気持ちになりました笑

  • トランプゲーム“大富豪”になぞらえたタイトル『スペードの3』『ハートの2』『ダイヤのエース』。読んでいるうちにそれらのカードが各章の主人公を表していることがわかります。

    宝塚歌劇を思わせる劇団。あるスターのファンクラブを仕切る女性が第1章の主人公。すべて思い通りに運んでいたはずなのに、ファンクラブの新会員として小学校時代の同級生が現れたことから、彼女の心にさざ波が生じ、何もかもが崩れてゆく。この第1章が強烈で実に鮮やかなラスト。一種のどんでん返しです。これがあまりに強烈だったから、第2章と第3章は若干尻すぼみに感じますが、こんな女性のどす黒い感情を描ける平成生まれの男性作家、凄いです。

    妬み羨む気持ちをなんとか隠しながら生きていても、自分の心は騙せない。「ずるい」と思っていた相手から、ずるいことを詫びられて何も言い返せないシーンが印象に残ります。

  • 登場人物の女性たちの鬱々とした感情を丁寧に描いた作品。
    ドロドロしすぎず、むしろどこか爽やかさまである不思議な一冊だった。
    女優本人とそのファン、そしてファン同士の繊細な人間関係というのは、設定としても珍しく、おもしろかった。
    それにしても、これを男性が書いているなんて信じられない。

  • 朝井リョウはなぜ私が心の奥底に隠して忘れたふりをしている仄かなコンプレックスのようなものを勝手に見抜いているのか??受け入れて生きていくしかないよねってこと??

  • アキとアッキー、漫画の中の剛大くんそうくるのかぁという感じでした。友達が朝井さんは何故か女の子の気持ちがよくわかる書き方するんだよ。と言っていましたがなんとなく納得。

  • 人にはそれぞれ悩みがあるということ。考えれば、小説の80%は悩みがテーマなんでしょうね。恋の悩み、人生の悩み、生きる悩み、etc.

  • 有名劇団のかつてのスター“つかさ様”のファンクラブ「ファミリア」を束ねる美知代。ところがある時、ファミリアの均衡を乱す者が現れる。つかさ様似の華やかな彼女は昔の同級生。なぜ。過去が呼び出され、思いがけない現実が押し寄せる。息詰まる今を乗り越える切り札はどこに。屈折と希望を描いた連作集。

  • 朝井リョウらしさがふんだんには現れていない印象だった。強いて言うなら、第2章、第3章にもトランプをモチーフにしたタイトルをつけているので、何か意味づけを期待していたけれど顕著なものはなかったのが残念。ただ、誰かにとっての憧れの対象が、誰かに憧れていたり嫉妬していたり、相変わらず人物の醜い部分の描写が上手。

  • 分かってるのに断ち切れなくて、できれば目を背けていたいと思ってたことを、あれもこれも提示されてしまった。
    人の人生を都合よく解釈して気持ちよくなること、
    自分が優位に立てる場所を必死に探してしがみつくこと、
    そんな醜さが、周りにはばれてないと信じてること。
    ぜーーーーんぶ自分のことだ。

  • 人間のどろどろした方のお話。

    この人はとても、人の心というかなんというのかを表現するのが上手だから、何者の時と同様、どろどろした方を書かれると、上手だからこそ、なんとも言えない気持ちになります。

    この3人、私はどれも共鳴できてしまって、読んでいてなんともいえない気持ちになったけど、みんなどうなのかしら。
    人間誰にでもあるどろどろしたものなのか、それともこれを読んでも全く共感しない人もいるのかな…。

    どろどろの部分はすごいのだけど、最後救いの部分はあまり深みがないなあと感じました。

    どろどろ部分にずっと共鳴してなんともいえない気持ちになる…そうさせるのがすごいのだけど、そういう本は、読んでどうしたらよいのかな…と思ったり。

    どちらにしろ、朝井リョウはやっぱりすごいなあとまた認識する本でした。

  • 物語でよく登場する主人公的存在。すこしお茶目で、抜けていて、でもかっこよく、かわいく、皆に愛されて、しっかりするところはちゃんとできる。そんな人たちの周りにいる人たちの努力と悔しさと嫉妬と、、、人間らしさが滲み出ている人をフィーチャーした本

  • 朝井リョウさんの作品は全て読んでます。

    第1章 スペードの3
    ファンクラブのまとめ役をこなす学級委員タイプの女性とそれを乱す存在との関わりを小学校時代と重ねながら物語が進んでいく。
    相変わらず、ドキッとさせられる。それも、何気ない日常をホラーに変えてくる。特に、美知代が小さな優越感を大切にする描写。これって、やっぱダメなんですか?汗 僕はそこだけではないにしてもそこにはこだわりがあって、常に自分が”上”の存在でありたいと思って努力する節があるんです…。周りからしたら、やっぱ痛いんかなぁ。
    アッキーのミスリードは騙されたけど、そこまで驚きはなかったです。

    第2章 ハートの2
    スクールカーストの中でも特に下の人を主人公にした話。
    朝井さんってこの辺の人の気持ちまで掬えるのかと驚き。休憩時間に友達がいないときの時間経過の長さとかリアル。なんか、村田沙耶香さんに近いものを感じなくもない。

    第3章 ダイヤのエース
    たまにある優しいメッセージ回。
    どんな物語があろうとなかろうと表現活動をやってはいけないなんてことはない。ましてそれを辞めたところで得られる反響なんて知れている。
    木皿泉の脚本に通ずる優しさを感じることが最近増えてきたと感じます。

    総じて、今作も変わらず朝井リョウ成分を補給できて充実感です。
    一つ思うのは、もしかしたらパターン化しつつあるかもしれない。物語の構成が論理に塗り固められているというか。またこの構造かとは思ってしまう。
    朝井リョウさんのことだから、その辺は色々考えているんでしょうけど。

  • 隣の芝生は、青いです。
    3人の女性の気持ちの揺れが面白かったです。誰もがどこかに共感して、反発するお話なんだろうなと。
    なれなかった自分も、なりたい自分も、人の所為ではなく、自分の中に全てあるってことですね。気持ちも、行動も、自分次第だ。

  • 毎日の中で起こるさして口にするほどでもないけれどいつまでもじくじくと残っているようないじやける気持ちをどうにか昇華させたいけれど、その方法をとる自分を自分が一番好きではない、みたいな女性像。こういうの誰でもきっと持ってるよなぁ…わかってんだよわかってんだけどそうなっちゃうんだよ… 朝井さんさすが上手いわー。

  • このところ続けて読んでいる朝井作品。
    うーん、帯にやられたかなぁと言った感じ。

    演劇を軸に描かれている三編の連作。
    朝井作品の持つ独特な刺さるようなダークさを期待していたのだけれど、私には余り刺さらず。
    しかしこの人は女性を描くのが上手だなぁ。

  • 相変わらず面白くないなぁ。
    ミステリでもないのに、良くある手を使ってるのも気に入らない。
    桐島、よりは少しマシな気もするけど。

  • 有名劇団のかつてのスターのファンクラブをとりまく3人の女性のお話。連作短編集ですが、それぞれに昔と今、人間関係をうまく織り込んでいて、途中で「おおっ!」ってなりました。

    心理描写も巧みで、ちょっとこわくなります(笑)。さすが朝井リョウ、って感じですね。

  • 文章は読みやすく、ボリュームは少なめ。
    一気に読める。

    舞台女優のファンの世界。
    メインの登場人物はすべて女性。
    自分にとってまったくの未知の世界ということもあり、次の展開が気になり、どんどん読む。

    そして、9割ほど進んだところで、気づく。
    あ、もう終わりだ。

    各章の主体になっている3人以外の人物のことも、もっと知りたかった。
    特に、2章に出てくる志津香とか。あ、飯島ちゃんとかも。
    もっと言えば、美知代とつかさは人物像が見えたけど、アキ(メインキャラの方の)に関しては、もう少し続きも読んでみたかった。
    まぁ、でも、はじめの一歩を踏み出すまでを描くという意味では、三者とも共通だからいいのか。

  • 宝塚をイメージさせる女優を中心に、周りの女性たちを描いた連作短編集。
    ミスリードのうまさは感じたし、それぞれ最後には一応の救いがあったので嫌な気分にはならなかった。そこらへんの作り方は確かにうまい。
    でも、女優に関係する女性(ファン)を描いてきて、女優本人を主人公にした物語を描くのは違和感がある。違う人を主人公にした物語にしてもよかったのにとは思うり

  • 有名男役スターつかさ様と、結束力固きファンクラブファミリアの牽引役美知代。
    そこに新たな会員が入って来るのだけれど、彼女は美知代と因縁浅からぬ仲があった。

    自分よりも、魅力的なあの子。
    特に、意中の男性にどう見られるか。
    女性がそこに価値を置き、時には集団の序列さえそのことで決められてしまうのは、バカバカしいと思うけれど、とっても痛い。
    美知代が切れるカードは最弱ではないと思う。
    なのに、美知代自身が自分をそう仮定してしまっていることが、なんだか辛かった。

    対男性ウケの社会。
    『逃げ恥』の百合ちゃん曰く、呪いそのものだなぁと思いながら読んでいた。
    これを、湊かなえや柚木麻子ならどう料理するだろうか。気になる。

    朝井リョウの力はすごく、一気に読ませてくれる。
    でも、ほんの少し、こんな呪いなんかものともしねーよ、という反抗心?も芽生えた(笑)

  • 心がとても痛かった。

    誰でも自分を認めてほしくて、自分の居場所を見つけたくて、あがいている。

    いちばんわかりやすいのが、誰かと比べること。その誰かより「秀でている」ことを見つけようと躍起になったり、嫉妬したり…。誰もが女なら大なり小なり経験してきたこと。

    痛いなぁと思いながらもページをすすめる手をとめられなかった。

    痛々しかった過去の自分ときっと今もそこから完全には自由になれていない今の自分を抱きしめてあげたくなった。

    どうして男性の朝井さんがこれを書けるんだろう。

  • 謙虚さを大切にしようと
    思った時点で、もう後戻りできない。
    意識して大切にしている謙虚さなど
    本当の謙虚さではない。

全31件中 1 - 25件を表示

スペードの3 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

スペードの3 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スペードの3 (講談社文庫)の作品紹介

ミュージカル女優、つかさのファンクラブを束ねる美知代。小学校の同級生の出現によって美知代の立場は危うくなっていく。美知代を脅かす彼女には、ある目的があった。つかさにあこがれを抱く、地味で冴えないむつ美。かつて人気を誇っていたが、最近ではオファーが減る一方のつかさ。それぞれに不満を抱えた三人の人生が交差し、動き出す。私の人生は私だけのもの。直木賞作家朝井リョウが、初めて社会人を主人公に描く野心作!

スペードの3 (講談社文庫)はこんな本です

スペードの3 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする