シモネッタのどこまでいっても男と女 (講談社文庫)

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田丸公美子
  • 講談社 (2017年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936477

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シモネッタのどこまでいっても男と女 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

シモネッタのどこまでいっても男と女 (講談社文庫)の作品紹介

「暑かったから、博徒の妻に」なって以来、“罵倒観音”と言われつつも、年齢を重ねた後の拠り所は、結局互いに耐え抜いた夫婦だけ。「どこまでいっても、あ~夫婦」。ついに、極秘にしていた夫のことをつまびらかに。加えて、子、嫁、父母、姑といった個性溢れる家族のこと、人生を悲喜こもごもに彩った忘れえぬイタリア男たちを語ったお蔵出しエッセイ。イタリア語会議通訳にして名エッセイストの著者による抱腹絶倒の人生劇場。

シモネッタのどこまでいっても男と女 (講談社文庫)はこんな本です

シモネッタのどこまでいっても男と女 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする