22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)

  • 558人登録
  • 3.67評価
    • (31)
    • (64)
    • (55)
    • (12)
    • (2)
  • 69レビュー
著者 : 浜口倫太郎
  • 講談社 (2017年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936484

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「私が殺人犯です」時効となった連続殺人事件の犯行を告白したのは、住民票、戸籍がなく、学歴、職歴、何もかもがわからない謎の人物曾根崎雅人。
    彼の告白本を担当編集する事になった川北未南子は、彼の美しさ、優しさ、優雅さ、そして何より読者を魅了してやまない文章に惹かれていく…。彼の中には天使と悪魔が同居しているのか。曾根崎雅人は本当に5人を殺した犯人なのか⁉︎

    映画の為の小説という事で淡々としているかな。深みはあまりない気がした。だけど曾根崎が色々とやらかしてくれるのでドキドキハラハラ飽きる事なく読み進めることができた。ラストも、おぉ!と思う事もあったし、やっぱりと思う事もあったし楽しめた。面白かったです。

    22年という月日を皆がどのような思いで過ごしたのか。そこがポイントだ。被害者家族、刑事、そして犯人。それぞれ、何年経っても忘れられないものなんだと強く思う。

    映画化にあたりひとつ気になることが。主人公に1番近い川北未南子が映画の相関図に入っていないということ。彼女の存在は無くなってしまうのかな?
    「ソネ様」「子宮ボイス」そして「ソネ立ち」(笑)藤原竜也は曾根崎を上手く演じられるだろうなぁ。映画楽しみだ。

  • 面白くて 一気に読んだ。
    あとで 脚本から起こした本だって知って ちょっと複雑。確かにそう言われたら 映像的だもんなぁ。
    それにしても二転三転した結末は全く想定外。
    こういうストーリーは思いつかなかったけど いい展開だったなぁ。じゃないと まるでひどい話のままになっちゃうし こういう展開になったことで 少し明るい気持ちで終われたし。

  • よくある最後のどんでん返し系。
    面白かったは面白かったけど、この作品でしかない驚きとかは特になかったなー。

    でもクライマックスの「兄さん」と弟へ、は普通に涙しました。笑

  • 編集者・川北未南子の前に突如現れた美青年・曽根崎雅人。彼から預かった原稿は、時効となった連続殺人事件の犯行を告白したものだった。その残忍な犯行記録『私が殺人犯です』はたちまちベストセラーとなり、曽根崎は熱狂を煽るかのように世間を挑発し続ける。社会の禁忌に挑む小説版『22年目の告白』。

  • 会社の方から薦められ、先に映画を見ていた。

    ミステリー好きの私には映画がどうもイマイチ。
    犯人が出てきた瞬間に犯人がわかってしまう。なんだこりゃ?という印象。

    しかし原作は作り方が違う。

    やっぱり私は文章で追う方が好きだ。
    圧倒的に面白い。

    編集者目線もとてもいい。

    曽根崎、牧村の魅力も本の方が100倍魅力的に描かれている。

    そして本好きにはたまらない構成。

    映画を見た以上の感動!
    満足!!

  • 仙堂の動機と自己顕示欲がいまいちしっくりこなかった。6人も殺して時効を迎えたにも関わらず、自ら尻尾を出してしまう自己顕示欲が理解できない。火曜サスペンス観ているような感じになってしまったのが残念。

  • 途中でそういうことか!と先が読めるけど、読む前に想像してたのとは全く違った。映画も見たくなった。

  • 映画化されコマーシャルに乗って読んでしまった。映画化されてなかったら読まなかったと思う。展開が早く引き込まれる。良くも悪くも映画的。小説を読んだと余韻に浸る事はなかった。

  • 久しぶりに一気に読んだ。
    大切な人を奪われた怒りや悲しみで内臓が焦げるような匂いがする。そんな、ときにこちらが苦しくなるほどの描写もあったけど、離れることができなかった。
    はじめは映像化の俳優のイメージがつきまとったけど、それをいい意味で消してくれるような魅力ある主人公たちだった。読了感ヨシ。

  • 藤原竜也さんのビジュアルが大変好みで、本屋さんで目があってしまったが最後お買上げです。
    映画の原作かと思っていたら「映画の脚本を元にした小説」とのことでした。作中に出てくる手記でもありません。
    主人公に魅力を見いだせず出版社の同僚の反応も深みがなくてよくわからない。犯罪者の手記に嫌悪を覚える性格なので、作中の曾根崎の本を出版するに当たっての心理に胸が悪くなり何度か読むのをやめようかと思いましたが、曽根崎がどんな運命を辿るのか見てやろうの思いも強く湧いてページをめくりました。物語は二転三転と思わぬ方向に転がっていきながら、真実を明らかにしていく痛快小説に近いものがありました。
    作中に私が抱いた曽根崎への感情は完全に作者の術中にハマった形となりまんまと「やられた……」と言いたい気分になりました。
    エピローグもいい話だよ……ソネさま~~~

全69件中 1 - 10件を表示

浜口倫太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
湊 かなえ
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)の作品紹介

驚愕の先の涙、涙! 小説というもう一つの衝撃。
書籍編集者・川北未南子は苦悩していた。突如現れた美しい青年・曾根崎雅人から預かった原稿は、巧みな文章で綴られ、彼女を魅了した。しかし、そこに書かれていたのは、22年前の、すでに時効が成立した連続絞殺事件、その犯人による告白だったのだ。はたして、この本は出版されるべきなのか。だが――わたしはもう悪魔の虜になっていた……。
出版された『私が殺人犯です』は、たちまちベストセラーとなり、曾根崎は熱狂を煽るかのように挑発行為を続ける。犯人逮捕を果たせなかった刑事の無念。そして、被害者遺族たちのやるせない思い――。社会の禁忌に挑む小説版『22年目の告白』が登場。

ツイートする