図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)

  • 231人登録
  • 4.19評価
    • (18)
    • (26)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936538

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前作、図書館の魔女の続編にあたるシリーズ。
    主人公は高い塔の魔女・マツリカではないが、前作のその後の混乱期のニザマ西大陸を舞台に、ニザマからの逃避行をする姫君と山の剛力たちの話。
    港町に着き、頼った先は人身売買を行う裏切り者の街となっていて、姫君は囚われ、兵士たちの多くは命を落とすところから話は始まる。
    山の剛力、近衛兵、鼠、鳥使い、そして謎の男。
    誰が裏切り者なのかわからぬまま、疑心暗鬼でストーリーは進んで行く。

    図書館の魔女は出て来ないので、個人的にはちょっと物足りないのだけど、もしかしてこの人がここと繋がっているのでは?と色々考えながら読めるので面白い。
    前作がとにかく面白かったので、楽しみにしてた一冊。

  • 図書館の魔女ワールド、再び。  
    読み始めてから、ゆっくり時間をかけて、この世界に入り込んでいく。   
    前作におけるあれやこれやがあって、ニザマ内は大混乱。殺伐として荒れている。  
    そんなニザマの高級官僚の姫君の逃避行。  
    近衛兵を従えて剛力を頼りに南を目指す。   
    無事に山を越えられたが、そうは問屋が卸さないのが港町。  
    陰謀渦巻く花街で、果たして姫君一行は無事に逃げおおせるのか。  

    ちなみに一ノ谷さんサイドの出番はありません。

  • 山賤たちの視点で描かれており、思考が一般人レベル?であるためか、前作よりもすいすい読めました。
    (いかんせん、高い塔の人たちの会話は高度すぎてたまに付いていけない…)

  • 1年前に読んだ「図書館の魔女(全4巻)」の続きのお話。続編が出るとは思ってなかったので、嬉しい驚きをもって購入。
    読み始め、確かにあの後の話とは分かるのだが、マツリカもキリヒトも登場せず、物語の筋も見え難く、登場人物の名前にも慣れずで、少し手こずる。また、なかなか事態が動かず、些か焦れる。
    読み進め、薄皮を剥がすように少しずつ見えて来る、姫君をいただくニザマの残党と、それに雇われた剛力たちの、何者からかの逃避行。
    漸く辿り着いた港町は、陰謀渦巻く中、姫は囚われ、殺し屋が跋扈する。
    まだまだ誰が敵か味方かも分からないまま進む物語だが、エゴンなる言葉が不自由な鳥飼は、このシリーズが一貫して語ってきた『声はなくとも言葉はある』という“言葉”への拘りを思い起こさせ、これから彼がどんな役割を果たすのか興味を繋ぐ。
    また、カロイなる隻腕の兵士は多分前作の彼だと思われ、さすれば前巻で幾分冗長と感じた帰りの海路での件りも意味をなしてくるのか、これもまた一筋縄では済みそうもない。
    沸々と湧き上がる期待とともに、下巻へ。

図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする