図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)

  • 242人登録
  • 4.23評価
    • (22)
    • (30)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936538

図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 続編も面白い!早く続きが読みたい。
    この物語はどこに終着するのか、まだ想像もつかない。
    ヴァーシャらしい人物は出てくるけど、図書館の魔女とどう繋がるのだろう?
    早く下巻を読もう!

  • もはや唸るしかない。
    まだ上巻を読み終えたばかりなのに
    語りたいことが溢れてくるようだ。

    前作 図書館の魔女に心酔した私の目に
    飛び込んできた光景や登場人物は
    いずれも見知らぬものばかり。

    高田さんの、これ以上ないくらいの
    緻密な筆運びで精密に描写される世界観は
    前作と地続きで時間も共有されていることは
    折節に語られているのに、まだ馴染みの人々は
    一人も出て来ない。

    そう、まだ出て来てもいないのに
    そのゆるゆるとして焦りひとつなく進めてゆく
    物語の其処此処に、魔女の記憶の刻印が
    灯火のごとくぽつりぽつりと点りつつある。

    目が離せない。抜け出せない。

    あの静かな興奮が再び蘇ろうとしている。
    でもまだ、なにも起こりはしていない。
    おそろしく冷静に、すべてが計算し尽くされ
    私たち読者を下巻へと誘っている。

    恐るべし高田大介。心から敬服。


  • 下巻の感想も含みます。シリーズ第1作の続編だけど、上巻の時点では舞台・登場人物は全く別もの。それでももしやこの人前作の…?という人物が出てきたり、新たな登場人物たちが魅力的でぐいぐい読み進めていけました。裏切り者は誰か?姫の奪還は成功するのか?気になっていたことがどんどん解明する快感に加え、ええ、そうなの!?という事実も出てきてすごくおもしろかった!次シリーズが出るのも楽しみに待ちたいと思います。

  • 姫と近衛たちと剛力たち。政変のため幾多の山を越え港町を目指す逃避行。山を知りぬく剛力たちの見たものは‥‥

    ドキドキの不安感、この先どうなるの??
    一般の人達は脇に置いてあるんだろうけれど、騒ぎが聞こえる人達はこわいだろうなぁ寝てられないんじゃない?と思ったりした。

    画数の多い漢字が辛い、ずーっとルビが欲しい。辞書を引けばいいのに、読み仮名を探してページを戻ること多数‥‥やれやれ

  • 図書館の魔女、と銘打たれていてもこの上巻にマツリカやキリヒトは登場しない。
    代わりに物語のメインにになるのは政変に巻き込まれ逃亡中のニザマの姫とそれを守る近衛兵、そして彼らに雇われた山の剛力達。
    「言葉」のやりとりと知略を巡らしての政治的駆け引きが前半のメインだった前作と違い、今回は山中の逃避行から始まりどんどん話が展開していくので導入部としては取っ付き易い。
    読み始めはいきなり新しい登場人物ばかりで戸惑っていたはずが、次第に剛力達や近衛、さらにはその中心である姫君の個性が見え始め一気に世界が色を帯びる。
    気づけば見えない敵に緊張しながら彼らと同じ様に山を駆け、地下に潜っている気分になる。

  • 何を言ってもネタばれになりそうな…
    兎に角面白い。緻密なストーリー展開に魅力的な登場人物。月並みなことしか書けない…悔しい。
    あ、あと前作より読みやすくなっている。文章が伝わりやすいというか。
    前作を読んでいたら、半分くらいでにやついてしまうだろう。まさか、こんなに早くあの人に逢えるとは!
    登場人物紹介をよく見ていなくてよかった。喜びもヒトシオ。

高田大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
恩田 陸
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 烏の伝言 (上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする