図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)

  • 230人登録
  • 4.38評価
    • (32)
    • (27)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936545

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!
    上巻読み終えた時はそこまでじゃなかったけど、全部読んだらやはり期待を裏切らない面白さ!

    前作の話や登場人物が少し絡んでるので、前作をもう一度読み直したくなった。
    中世架空の世界のファンタジーミステリー。
    ああ、やはりなとわかる部分もあるのだけど、陰謀の全貌はラストまで読まないとわからなかった。
    謎解きのやりとりが面白かった。

  • 他所読みにくいけど古語を程々に使って、ファンタジーだけど歴史物の様な雰囲気があって、それでいて推理もあって飽きずに一気に読める

    個人的にはゴイが後半殆ど活躍しないのがちょっと残念

  • とても面白かった。偶然に集まった剛力と近衛と鼠がしだいに絆を深めていく様子が楽しい。前作と違う舞台で違う登場人物たちで始まった物語が、きちんと前作をひき継ぐ内容に着地し、発声が上手くできないエゴンを軸に言葉についての考察も深められる。まだまだ続きを読みたいシリーズ。

  • 第一作よりも、個人的には今回の二冊の方がおもしろかった。
    というより、読みやすかった!

    世界観が身に馴染んできたのか、はたまた「やまがつ」達のおかげで難しい文章に行き当たらずに済んだからなのか…(笑)
    兎角、次巻が楽しみです!

  • まさかのエゴンが一番把握していたという。字も書けるしまたでてきてほしいなぁ。剛力のみんなキャラが好き。ミツクビの部下は将来キリヒトとぶつかるのは必至でしょうね。
    また続きが気になるところで終わってしまったので今から楽しみです。

  • やっぱり出てくれなきゃという期待が。
    まだ続くのね。
    早く読みたい。

  • 請求記号:913.6||Ta 28||2
    資料ID:C0038290

  • 第2弾も読み終わってしまった。
    早く第3弾も読みたい!
    どう考えてもこの第2弾は、第3弾のプロローグ的な位置付けなので、本当の物語はこの先にあるはず。待ち遠しいなぁ〜(@ ̄ρ ̄@)

  • 面白い。
    前作に劣らない。むしろ本作のほうが面白い。
    ただ鼠たちが、山賊ばかりが、信を貫いている。

    ただ、キリヒトが出ないことだけが残念。
    更なる続編に期待。

    ちなみに今回はファンタジーというよりミステリーか。最後のマツリカと、ワカンによる謎解きがそう思わせる。

    以下、特に胸が熱くなった箇所。
    「救護院で文字を、教えていたのが何のためだったのか、何のためになるのか、それを初めて知ったのだった。それは仲間をまもるためだったのだ。」

  • 面白かった……。   
    あぁ……面白かった……。   
    満を持しての一ノ谷さんサイドの登場は心が躍りましたね。   
    そしてマツリカ様のご説法ご高説を賜っていると、あぁ、この世界に帰ってきたんだなぁと懐かしさが込み上げてきた。   
    面白かった。また読める日が来ることを願って。

全28件中 1 - 10件を表示

高田大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)に関連するまとめ

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)の作品紹介

姫を救出せんとする近衛兵と剛力たち。地下に張り巡らされた暗渠に棲む孤児集団の力を借り、廓筋との全面抗争に突入する。一方、剛力衆の中に、まともに喋れない鳥飼の男がいた。男は一行から離れ、カラスを供に単独行動を始めが……。果たして姫君の奪還はなるか? 裏切りの売国奴は誰なのか? 傑作再臨!

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする