図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)

  • 117人登録
  • 4.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936545

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりに一晩読みしてしまった。勿体ない!でも気になりすぎて読まずにいられない!
    端正な文章には磨きがかかり、それでも熱いところは熱い!
    隻腕の彼とか鳥飼いの彼とかにぞっこんです。
    こげな面白いものを…作者様に感謝。崇め奉りたいくらい。

  • 『図書館の魔女』の、シリーズ二作目。
    前作の後の話になるので、キリヒトが登場しなくて少し残念。マツリカも、終盤まで登場しません。
    が、続きが気になって一気に読んでしまう、物語の魅力は前作と変わりません。

    カロイに関する伏線は、わかりやす過ぎるな…と思っていたら、こちらにばかり目が行ってしまって、本当に大切な伏線は他のあちこちに。

    そして、縺れに縺れた事象を鮮やかに解きほぐして行くマツリカ。
    些細に思えた事も、実は国を動かすような出来事に繋がっていたとは。

  • 喝采を浴びた前作に比肩する、稀なる続篇! 道案内の剛力たちに導かれ、山中を行く逃避行の果てに、目指す港町に辿り着いたニザマ高級官僚の姫君と近衛兵の一行。しかし、休息の地と頼ったそこは、売国奴の跋扈する裏切り者の街と化していた。傑作再臨!

全3件中 1 - 3件を表示

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)はこんな本です

図書館の魔女 烏の伝言 (下) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする