あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

  • 404人登録
  • 3.54評価
    • (5)
    • (26)
    • (21)
    • (2)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936606

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
原田 マハ
宮下 奈都
朝井 リョウ
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 長期病院通いのため、待っている時間に軽く読めるのがないかな、と短編集だったのと薄さで手に取りました。
    原田マハさん、よくテレビでお見かけするけど本を読んだのは初めて。
    短いお話の中に人の優しさ暖かさが凝縮されていました。
    舞台となる場所や季節どれも違って、空気感や色が感じられて良かったと思います。
    好きだな、もっと読んでみよう。

  • 初めての作家さん。バスの車中用に購入して、2往復目で一気に読了。
    6つの短編集。
    女性の作家が書く女性の話。
    これまで出会った女性作家のどなたとも少し違う小説で、おもしろかった。

    今日とある講習会に参加。
    年齢が私の半分以下の女性に若干不愉快な思いをした。
    別に長く生きてるからとえらそぶったつもりはないし、若さをうらやましがったりもしていない。若いけれど私が経験したことがない職業についていると知って、職場の様子を尋ねたら「私ら下っ端にはわかりません。」と返答。
    それならばと、グループワークで与えられた課題に私の意見を出しても無反応。そればかりか私の意見は無視した挙句、自分の意見で場をまとめてしまったので、「まっいいか。」と大人の対応をしたところ、結局私の意見が正解。ほら見たことか…など大人げないことは言わず黙っていると、彼女も無反応のまま終了。
    無駄に年齢を重ねているわけじゃない!と、言うつもりはないけれど、自分の親より年上の人の言うことってちょっと聞いてみてもいいんじゃない?だって、自分の知らないこと知ってるんじゃないかしら?と思いませんか?普通。
    私ら未だに知らないことばっかり。知らないことに出会うことを楽しみにすら感じてる。だから自分より若い人からも、聞きたいこといっぱいあるし、本を読むのもそう。突発的に講演会や講習会に参加するのもそう。人の話って聞かなきゃ知るチャンスを自分で捨ててることになるのにな。

    「あなたは、誰かの大切な人」の感想からかけ離れてしまいましたが、6人のそれぞれの主人公の生きざまがはっきり見えて、頑張ったから「今」があることに爽快感を覚えました。
    人は決して無駄に年齢を重ねてはいないと、今日の体験で自分が感じたことを証明してくれた気がします。

  • 帯文:”疲れた心に必ず効く、読む特効薬” ”まだまだ人生捨てたもんじゃない。六つの小さな幸福の物語。”

    目次:最後の伝言、月夜のアボカド、無用の人、緑陰のマナ、波打ち際のふたり、皿の上の孤独

  • 独身女性がそれぞれ主人公の6編。
    特に、女性読者には「読む特効薬」。
    世界を飛び回る著者らしく、舞台は日本ばかりでなく、トルコ、ロスそしてメキシコと多岐にわたっている。

  • 短編集だが、どれも少しずつジンと来るものがあるストーリーばかり。
    一人でいること、年取っていく親のこと、色々考えさせられた。そしてなにより、誰かの大切な人でいたい、としみじみ思った。

  • それぞれの女性の転機における場面を描いた短編集。
    幸せの形や何を大切にするかはそれぞれに違うってしみじみ思いました。
    そして女友達を大切にしたいなとも思いました。

  • 20170624 短編のよさがわかる。タイトルのつけ方からよくできでいると思う。素直に読み進められて自分を見直す機会が持てそうな気分にさせてくれる。

  • 短編集で、一つ一つの話が女性としてホッとする話でした。ひたひたと幸せと言うか満足感が満ちてくる印象。でも読む人にとっては孤独を感じると思います。

  • 最後の伝言
    Save the Last Dance for Me

    月夜のアボカド
    A Gift from Ester's Kitchen

    無用の人
    Birthday Surprise

    緑陰のマナ
    Manna in the Green Shadow

    波打ち際のふたり
    A Day on the Spring Beach

    皿の上の孤独
    Barragan's Solitud 

    誰かがあなたのことを大切に思っているよ
    どこかで きっと

  • どこか物悲しい短編集

  • タイトル通りの内容。
    中身を再確認せず図書館に返してしまった。
    ので細かい内容は書けないけど、
    1番最初のお話、破天荒放浪癖のあるお父さんと奥さんの話が1番良かった。
    原田マハさんの本、初めて読んだけどいきなり気に入れたのでこれから読んでみようと思った。
    こちらは短編集でした。

  • 3.5
    短編集
    他界した母。
    年齢も国籍も違うが魂が温かくなるような料理を食べさせてくれる友。
    身も心も疲れ果てた時力をくれる友。
    同志であり、友であり、心の恋人である異性。

    女性の視点で描く、大切な人

  • それぞれの「誰かの大切な人」を描いた短編集。
    一遍一遍が極上な内容な上に、また描かれる背景が目に浮かぶようで、まるで短編映画を観ているような感覚。
    個人的には、最後の「皿の上の孤独」がとても好き。「私」と青柳君の関係やお互いを大事に思う気持ちがとても切ない。世界遺産になっているバラガン邸にも、思わず行ってみたくなった。

  • 「最後の伝言」「無用の人」「波打ち際のふたり」など共感出来るが、全体的に設定や表現、文章が気取っていて苦手。

  • 原田マハさん、(引き続き)ハマリ中・・
    40代女性、独身。私もこんな風に思える人生になるのかな。
    『最後の伝言』『月夜のアボカド』『無用の人』『緑陰のマナ』『波打ち際のふたり』『皿の上の孤独』

  • 部下がこの人の小説を読んでいたことを聞いていたので、鴨川散策へ行く前に丸善で平積みになっていたので買った。優しい物語を書く人だなというのが感想です。

  • 中年女性が主人公の絆をテーマにした短編集。どの話も甲乙つけがたい傑作ぞろいだが、個人的には第一話「最後の伝言」が女性の男にはない強い魅力を感じた。おススメ。
    あらすじ(背表紙より)
    勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独の内に他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは…(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人の存在に気が付いた時の温かい気持ちを描く珠玉の六編。

  • 恋や仕事や家庭に向かってがむしゃらに突っ走って、どこかで自分を騙しているのに気づきながらも突っ走って、ふと立ち止まった時に襲ってくる孤独感。でもそれを受け入れちゃうと今までの自分を裏切ることになるからできなくて。そんなやり切れない気持ちを抱えている女性が主人公の物語もあった。世界中が舞台、でも人間は同じ。同じようなことで笑ったり泣いたり。私は孤独だ、戦わないとと暗示かけている時に自然に現れる自分の本当の心を気づかせてくれる人。その人があなたの、そして私の大切な人なのかもしれない。泣いた泣いた。泣かされた。

  • 6編から成る短編集。総じて原田マハらしい、“救い”の物語だなーと思った。
    私は「最後の伝言」が一番好き。顔だけが取り柄というダメ父が、母が亡くなる時も病院に来ず、「母が大事じゃないのか」と怒る娘たち。それでも父は、本当に母を必要としていた。そして母も父が好きだった。そういう物語。
    病院に会いに来ない父に怒る娘たちだけど、実は母に「来ないで」と言われていた父。「化粧をしていない姿を見せたくないから」という理由で。最後まで父親に恋してたんだね。なんかステキ。
    まあ自分がこの父親の娘になりたいかっていうと、それは別の話だけど(笑)

  • 2017.6.2
    最近大好きな原田マハさんの短編集。読み終わった後ほっこり、でもただただほっこり感があるだけじゃない。しっかり自分の人生を歩んでいく女性たちが描かれていて、でもその中には迷いや悩みもあって。人は、人から見ただけじゃ分からない色んなものを抱えながら生きている。良いことも悪いことも、全部ひっくるめて、自分の人生を愛してあげたいと思った。瀧井さんの解説もまたステキ。

  • 短編なのに、すごく泣ける。

    自分の中の大切な人に重ねてしまう。

  • こつこつと仕事をする。
    地道に取り組む。
    自分らしく生きる。
    ひたすら繰り返す。

  • たとえ今孤独であっても、まだ記憶のない頃に誰かの大切な人であったり、未来で誰かの大切な人になるかもしれない。少し照れくさいけれど、そんなタイトルからして秀逸。一話一話、大事に丁寧に読みたくなる短編ばかり。
    思いがけない再会もあった。他作品の登場人物にまた別の作品で再び遭遇するのは嬉しく、旧知の人の息災を知るような不思議な気持ち。ナガラの「人生を、もっと足掻こう」の一文がとても懐かしく、『緑陰のマナ』の「あなたを今日まで、ずっと守ってくれた食べ物だったのですね」の一言に泣けた。

  • 無用の人の話が好きだった。
    主人公の父親の朴訥な人柄がたまらなかった。

  • 作者の話は大好きだ。絵に興味があるから尚更親近感があるのかも。
    このお話は強い女子の話。ものすごく前向きで、頑張ってる、すごくきちんとした妙齢の女子。いろいろあるよね、これだけ生きてくれば、恋も仕事も家族も・・・。前に向かって進んでいく彼女達は手の届きそうな憧れで、元気や勇気をくれる・・・本当にそんな話なんだけど。
    こんなにみんな強く生きれるのかな?ずるずるずるずる思っていたのと違う方向へ流されてしまったから、こんな卑屈な思いを抱いてしまうのかな?
    強く進んで行けないからか・・・岡倉天心の本を残して逝ったお父さんにものすごく共感できた。娘(こども)に伝えたいことはたくさんあるけど、「あなた(娘)のことを信じて、理解していたよ。」と、最期に素敵な方法で伝えてくれる。信じられてることって幸せなことだよなぁと思った。
    ちょっと私には主人公の彼女達は眩しすぎる存在だったかな。

全31件中 1 - 25件を表示

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の作品紹介

勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独のうちに他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは……(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人に気が付いたときの温かい気持ちを描く珠玉の六編。

文庫版刊行に寄せて 原田マハ
「見知らぬ町を歩くとき、心地よい風が吹き、なんともいえない幸福感に包まれることがある。それはきっと、おだやかな日常がそこにあるからだ。その日常は、誰かが誰かを大切に思っているからこそ、そこにあるのだ。
 あなたがもしも、いま、なんということのない日々を生きているとしたら、それはきっと、あなたが誰かの大切な人であることの証しだ。それが言いたくて、私は、この物語たちを書いた。あなたは、きっと、誰かの大切な人。どうか、それを忘れないで。」

最後の伝言 Save the Last Dance for Me―母が亡くなった。だが、告別式に父の姿はない。父は色男な以外はまったくの能無し。典型的な「髪結いの亭主」だった……。

月夜のアボカド A Gift from Ester´s Kitchen―メキシコ系アメリカ人の友人エスター。彼女は60歳で結婚をして、5年後に夫と死別したのだという。その愛の物語とは……!?

無用の人 Birthday Surprise―勤務先の美術館に宅配便が届いた。差出人はひと月前に他界した父。母には疎まれながらも、現代アートを理解してくれて……。

緑陰のマナ Manna in the Green Shadow―イスタンブールを訪れた。トルコを紹介する小説を書くために。そこで聞いたトルコの春巻と、母親の味の話は……。

波打ち際のふたり A Day on the Spring Beach―学時代の同級生ナガラとは年に4回くらい旅をしている。今回、近場の赤穂温泉を選んだのには訳があって……。

皿の上の孤独 Barragan´s Solitude―メキシコを代表する建築家、ルイス・バラガンの邸までやってきた。かつてのビジネスパートナーの「目」になるために……。

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)はこんな本です

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする